彼女とデートで釣りに行くために大切なポイント・注意点まとめ

カップルで釣り釣りガールというカテゴリもあるくらい、女性も釣りをする人がいますが、まだまだ少ないのが現状です。

でも家族で楽しそうに釣りをしている姿を目にすると、女性の方も釣りが好きだと思います。

ただ、他の物と比べて優先順位が低いというのもありますが、きっかけがないから。それがデートであれば楽しい。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

デートで釣りをするときのポイント

もしあなたが釣り好きでデートに彼女を誘う場合、これだけは注意してください。

手をつないだカップル

彼女をもてなす。

釣り好きのあなたは、つい彼女を忘れて釣りに没頭してしまうと、せっかくのデータが台無し。

もし仮に釣れすぎる条件が揃っていたとしても、釣りすぎの予感がしても彼女第一に考えてください。← 彼が釣りに集中して、彼女が存在を忘れられてしまう(涙)

初めての釣りは楽しくない

釣りは慣れない間は、楽しくないという方もいます。

困った女性

あの釣れたときの感覚を味わうまでは、楽しくない人もいるので、それまでは会話で楽しませてあげてください。

デートの場合、初心者が難しい釣りは避け方が無難。

これで決まり!

  • 投げ釣り。
  • ルアー。
  • 船釣り。(酔うとデートどころじゃなくなります)。

難易度の高いものは、楽しくないでしょう。

オススメは、堤防からのサビキ釣り

手軽に釣れるので、釣果ゼロということは、まずないでしょう?

釣れると会話に困らないですからね~。

参考 お手軽な仕掛け

一番楽しんでもらえる釣り

自分がいつも釣果を出しているポイントで、必ず彼女に釣らせてあげられる自信があれば、サビキ釣りでなくてもOK。

笑顔

初めての方でも、いきなり器用に投げ釣りできる人や、ルアーを一投目で釣れてしまうなんてこともありますから。

その辺りは釣りの経験値がものをいうので、ご自身のレベルを考えてデートプランを立てましょう。

イソメ、ゴカイ類は避ける

気持ち悪い。

気が動転している母親

女性が苦手な虫類、イソメ、ゴカイをいきなり見せられたら、気を失うかもしれません(汗)

笑いごとではなく、本当に気分が悪くなって帰りたくなるかもしれません。いくら釣りガールは平気だとしても、人それぞれ。

男性の中でも虫嫌いな人がいるのと同じ。最初はエビから始めるのが安全。しかも釣れやすいですからね。

手洗い・トイレは必須

釣りで困るのは手洗い、トイレ。

トイレ

女性はトイレと言いづらいので、釣り場の近くにトイレがある場所をデートに選ぶべき。

間違っても何キロも歩かないと、トイレがないような場所はダメ。あなたへの信頼も失う恐れがあります。

手が汚れるので、すぐに水道で洗える場所もポイント。デートでお化粧の乱れも気になるので、必ず化粧ができる場所が必要です。

最低限、トイレは必要です。

ペットボトルに水を入れて持っていくと、ちょっとした汚れは洗い落とせます。このような気配りも、彼女はチェックしています。

持っていきたい物

自分は虫に刺されなくとも、彼女が刺されやすい可能性があるので、準備は怠らないように。

まとめ

彼女とのデートで釣りに行く目的は、彼女に楽しんでもらうのが前提ですが、それ以外にもいくつかの目的があります。

  • 自分の趣味と合うのか?
  • こちらの対応に対して、どんな対応をするのか?
  • アウトドアは好き?
  • 魚が釣れると会話に困らない。← 話しが弾む。

他にも思惑はあると思いますが、まずは釣りを楽しみましょう♪

一緒に楽しんでくれると良いですね!

もしもの場合を想定しておく

もし彼女があまり楽しくなさそうなら、早めに釣りをやめてどこか、彼女が好きそうなカフェを見つけておくと、ポイントを取り戻せますよ。

そこがテレビや雑誌で紹介されているようなお店だったら、喜んでくれる確率もアップします。複数、行けるお店を下調べしておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする