蚊取り線香は赤ちゃんに心配!天然・除虫菊の蚊取り線香まだ使ってないの?

蚊取り線香
「まだ普通の蚊取り線香を使われているのですか?」

赤ちゃんが生まれてから、健康に注意するようになりました。蚊にも刺されないように注意していました。

蚊取り線香は体に影響がないとされている、安全性の高い殺虫成分を使われているのですが、抵抗力や免疫力が弱い赤ちゃんには心配でした。

そこで、さらに安全性の高いものに変えることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

天然の除虫菊の蚊取り線香

色が違う!除虫菊 蚊取り線香

現在作られている蚊取り線香の主流は、化学合成された殺虫成分で製造されています。

でも昔は化学的に合成できないので、除虫菊という花に含まれている天然の成分を加工して、蚊取り線香を作られていました。

たしかに工場で、大量生産をするには向いているので経済的だとは思いますが、健康を考えるとそこはコストをかけても良いという考えです。

色は緑ではなく、ちょっと茶色っぽい蚊取り線香があります。これが天然の除虫菊を使った、合成の殺虫成分や着色料を使っていない蚊取り線香です。

詳細 天然除虫菊 蚊取り線香を楽天市場で詳細を見る。

ペットに安心

犬・猫などのペットにも良い。

ペット

以前の蚊取り線香は、使っていると喉が痛くなっていましたが、天然のものはその点が優れていると思います。

またペットにも安心なので、周りでも使っている人が増えています。ただし煙は出るので、それ自体が苦手は方には向いていないと思います。

妊婦や高齢者にも人気

妊婦と赤ちゃん

赤ちゃんだけではなく、妊婦さんや高齢者の方も安全性が高いものが良いですよね。

体への負担はない方が良いですから。最近は食品の添加物も敬遠されるようになってきたので、このような体にやさしいものがもっとたくさんでてくると良いのですが・・・

今年はこれを親にもプレゼントしようと思っています。

それにしても自然の花も凄いですね。考えてみればハーブなども元は雑草なので、そういう意味ではもっと天然のものを使った虫よけなどもでてくれるとありがたいですね。

参考 蚊に刺されやすい人は血液型で?人体実験で分かった意外な理由!

刺激が少ないのが特徴

刺激

安全性も大事ですが、天然の原材料を使っている蚊取り線香は、刺激が少なく、目やのどにもやさしいので、多くのリピーターがいます。

もちろん煙りがでるので、適度に換気をしてくださいね。私の家では玄関や外との出入り口付近に置いています。

主に夕方につけるのが日課になりそうです。

あ、そうそう。必ず風上に置いてくださいね。風下だと効果がないですから。比較的、風がない場所だったら、どこに設置しても大丈夫ですが・・・

蚊取り線香の保管は湿気に注意

ビニールのパッケージから取り出したものは、湿気で火が付きにくくなります。

そんなときは、天気の良い日に干すと乾燥してまた尽きやすくなります。急ぐ場合はドライヤーを少し離して乾燥させます。

たくさん袋から取り出した蚊取り線香があるときは、乾燥剤を入れて保管しましょう。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする