一人ならカット野菜が便利!でも栄養が減ってるのに、気にせず食べる意味ってある?

カット野菜は便利

カット野菜は食中毒を防止するために、これでもか!というくらい殺菌と洗浄をされています。

そのため安全性には問題がないと言われています。しかしカットした野菜を水で洗うと、栄養素がカットした切り口から流出します。

キャベツも千切りにして水にさらすと、栄養が逃げてしまうので調理法を考えますよね。

だけど1人分を調理するだけで、キャベツをカットしたりって面倒ですよね。だからカット野菜が売れているんですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

カット野菜の栄養が減っても食べる意味はある

まず洗ったからといって、栄養が全部なくなるわけでないので、食べる意味は十分にあります。

これで決まり!

ビタミンが減ったとしても、減った分はサプリで補えます。

それよりも食物繊維を摂取できるのが大きい。

便秘の人はカット野菜を食べて欲しい

『調理が面倒だから野菜を食べない』よりも、多少は栄養が減っても食べる方が、はるかに良いです。

女性は便秘になりやすいので、できるだけ野菜は食べたいですからね。寒天も良いのですが、便秘や便のまとまりという点でいえば、やはり野菜の方が私はいい感じです。

それと1つ、カット野菜と組みあわせて欲しい食材があります。

それがさつまいも。

さつまいもを食べたら便秘が解消されました

これは私の場合ですが、さつまいも食べると便のまとまりが良くなって、便秘が解消されました。

とくに野菜とさつまいもの組み合わせは、便秘に効果があると実感しています。

妊婦の便秘

もし悩んでいる方は、一度、この組み合わせを試してみてください。ヨーグルトよりも、私はこちらの方が良い感じです。

さつまいもは、熱に強いビタミンCが含まれているので、カット野菜で減った栄養素も補えます。

あと、朝にバナナを1本食べると、さらに栄養素がアップ。

ちょっとした工夫ですが、これは良いですよ。

焼き芋

ちなみに私はさつまいもを、石焼き芋にして食べています。これが一番好きです。皮も食物繊維を摂取するために食べるようにしています。

焼く前には、きれいに洗うようにしてます。

参考 これは美味い!焼き芋をレンジで時短調理する方法

まとめ

カット野菜がなかった頃は、野菜を食べない日もあったという方も。

「でもいまは、手軽に毎日食べるようになった」というのであれば、栄養が減るとか気にする問題ではなく、食べる意味は十分にありますね!

袋を開封したら、早めに食べきってくださいね。

消費期限はパッケージに記載されているので、チェックして保存期間を確かめましょう。

参考カット野菜は危険だから、やめた方がいい!」だったら食べるものないよ!


【健康関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする