風で飛ばない帽子がUVカット99%で発売に!

風で飛ばない帽子と女性

風で飛ばない帽子でUVカット99%を見つけました。

家族で魚釣りに出かけるのですが、一番困るのが太陽の日差し。

ジリジリ照りつける太陽光を避けるには、帽子は必須のアイテムです。ところが9時過ぎると、風がでてきて帽子が飛ばされます。

油断していると、遠くまで飛んでしまい最悪、海や川に落ちてしまいます。そこで風で飛ばないおしゃれな帽子を探しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

風が吹くほど飛ばない帽子

友達が教えてくれたのですが、風が前から強く吹くほど飛ばない帽子があるという。

「え?そんなに都合の良い帽子なんてある?」と半信半疑。

ところが風速7mでも飛ばない帽子の話しを聞いたら興味がでてきました。
それがこれ。

通販 風に飛ばされにくい小顔UV帽子 (帽子 風で飛ばない ベルヌーイ レディース ハット UV対策) 風で飛ばされにくい帽子 【アルファックス】 【10P18Jun16】

飛ばない特徴的な形状

ごく普通の帽子は、風が吹くと浮き上がり飛びやすい形状をしています。

正面から帽子に風が当たると跳ね返ります。このときに反作用の働きで帽子が上向きに脱げます。これでは風が強くなるほど、脱げやすくなるのは辺り前ですね。

帽子が脱げる原理

風で飛ばない帽子は、ある特徴的な形状をしています。帽子の正面部分に目立たないですが、風が当たると上に抜ける穴が開いています。

風が強くなるほど、その穴から風が通り抜けます。このとき風が帽子を下向きに押さえつける力が働き、飛びにくい帽子になります。

飛ばない帽子の原理

参考 風でばない帽子(上の画像に戻ります)

色はブラックとベージュがあります。商品詳細ページで、風が抜ける隙間が画像で確認できます。

この帽子が気に入ったのは、次のような利点があるからです。

3つのポイント

  • 風対策
  • 紫外線対策 UV約99.9%カット
  • 小顔URLあり帽子

気圧の低い下側にひっぱられる帽子という発想が凄い。飛行機の羽根の応用かもしれませんね。

紫外線と言えば日焼け止めが一般的ですが、最近のトレンドは、飲む日焼け止めらしいです。

参考飲む日焼け止め

紫外線カットのアイテムを組みあわせると、シミの原因となる紫外線を減らせるので、春・夏・秋ころは、常に意識して対策したいですね。

いまある帽子を風で飛ばない帽子にする工夫

いまあるお気に入りの帽子を、風で飛ばない帽子にするには、いくつかのアイデアがあります。

  • ゴム紐をつける。
  • ゴムで押さえる。
  • 小型のクリップとゴムを使う。

紐やゴムを、いまある帽子を改造して取り付ける方法があります。このやり方は加工を失敗すると元には戻せません。

紐付き帽子

ゴムで押さえる方法は、失敗はありませんが強い風には弱く、強く押さえると頭が痛くなります。

ゴムで縛る

透明の小さなクリップに紐やゴムをつけて、アゴ紐のようにする。これなら縫い付けないので、元に戻せます。百均で探せば小さいクリップが見つかります。

帽子とクリップ

ただしクリップの強さより、風の方が強いと飛んでしまう可能性があります。また長時間、クリップしていると、その場所にクリップ跡が残るかも。

あとデザイン性はないので、工夫してみてくださいね。

下記の記事も読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする