初めてのキス釣り!針の大きさ(サイズ・号数)はこれ!

釣ったキス

「キス、ぜんぜん釣れない」。

もしかして、針の大きさ(サイズ・号数)を間違えていませんか?

キスはハゼなどより、口が小さく大きいサイズの針を使うと、うまく針がかりせずにエサだけ取られてしまいます。

そこで私の経験から、初めてキスを釣る方に最適な針を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

針サイズはこれ!

キスはおちょぼ口で小さい。だから・・・

針のサイズは6~7号で決まり!

子供でも、キスをバンバン釣った針のサイズは6~7号。

キス釣りの釣果

もしこの大きさを超えると、エサだけ取られてしまい釣果が伸びません。

大きい針は、針がかりが悪くて釣れにくい。口の大きさに対して、針が大きすぎるんです!

ただし小さい魚は可哀想。大きいのが釣りたいというのであれば、わざと8号の針を使うという方法もあります。

詳細 キス釣り おすすめ仕掛け

メーカーによって針の大きさが違う!?

針の大きさは、どうみても同じなのに号数が違うケースもあります。

こちらは7号と8号。見た目にはほぼ同じ。これなら、どちらもサイズ的には問題ありません。

キスの投げ釣り仕掛けの比較

拡大して良く見ると、少し長さが違う程度。これくらいなら誤差の範囲。8号でも使えそう。

号数の違う針の大きさ

こちらも、ほぼ同じ針のサイズ。

手持ちのカレイの投げ釣り用の仕掛けとも、見比べてみました。

下記の赤い針はマルチ投げ釣りの針で7号。銀色の針は11号。

針のサイズの違いを比較

さすがに長さも幅も大きさが二回りくらい違いますね。11号の針は、かなり大きなキスでないと針を飲み込めないでしょう。

大きな針で釣るコツ

すでに大きな針がある場合は、キス釣りなら9~10月、キスが大きくなった時に釣るようにするか、カレイ釣りに流用します。

これで決まり!

11号の針でも、キスがエサを加えて針が口にあれば、アタリがあったとき上手く合わせれば、アゴにかかります。

この場合、小さなキスは釣るのが難しい。

一方、口の大きなハゼや小型のセイゴクラスなら、全く問題なくエサも針も丸呑みできる。

アタリがあるのに針掛かりしない

針掛かりしないとき。大抵、口の小さなゼンメか、フグ、あるいはベラなどのエサ取りの可能性大。

こんなときは、釣り場所を移動するか、あきらめて投げ続けるしかありません。小さな針を付ければ釣れますが・・・

これは百円ショップのダイソーで売っている、袖針3号。これを投げ釣りの針と取り替えると、小さな口の魚でも釣れやすくなります。

ダイソーの袖針3号

取りあえず、何の魚か確かめるなら、ジェット天秤に、この袖針を直接、結んで釣ってみると分かるかも。

ハリスが45cmあるので、そのままでも良いですし、半分くらいカットして20~25cmにしても問題ありません。

関連記事 ダイソーのサビキ・袖針で釣れる!ひと工夫で釣果倍増?

針の数を増やしたらキスはたくさん釣れるのか?

子供の頃、ハゼ釣りで針を十数本つけた、自作の仕掛けを作りました。

結果は、数匹釣れましたが、セイゴがその中に1匹かかり、仕掛けがグチャグチャになりました。

気を取り直して、また釣りましたが、やはり数匹。

やってみて分かったのは、

  • エサを付ける時間がもったいない。
  • 針を飲み込まれるので、針外しに時間がかかる。
  • 全部の針は釣れない。

キス釣りでは、どうなるのか?

私と同じような発想で実際にチャレンジした人がいます。

実験!魚が湧く海で一度に30本針を落とすと・・・?

動画みた私の感想は・・・

  • かなり苦労されるな~。
  • よく、あれだけ釣れたものだ。
  • もう少し針の数を減らした方が効率が良いかも。

あなたは、どんな感想ですか?

やっぱり、やってみないと分からないですね!

まとめ

とにかく、アタリがあって魚がいるのが分かっているときは、それでも釣れないなら、針を小さくすると、釣れるようになります。

キスは6~7号。メーカーによっては8号までOK。

私が基準にしているのは、良く釣れる『マルシン漁具 マルチ投釣り仕掛 3枚セット・2本針 (キス釣り キス仕掛け)』の仕掛け。

これは例えばサビキでも同じ。狙う魚の口の大きさを考えて、針を選ぶようにしましょう。

ということで、針のサイズは小さめの針と、少し大きめの二種類くらい持っていると、釣果ゼロを避けることができます。ぜひ、試してください。

※爆釣動画あり。>>波打ち際で爆釣するキス

【関連記事】

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする