子供の肥満の改善|ダイエットや運動より効率が良い方法!

お腹がでた

子供の肥満は、大人になってからの生活習慣病などの健康被害だけではなく、脳の発達にも影響する可能性があります。

そこで早めに対処してあげるのが大切になります。そこでまず、平均的な身長と体重の関係から、お子さんがどの辺りにいるのか把握することが大切です。詳しくみていくことにしましょう。

子供の平均的な身長と体重の関係

下記は身長と体重の関係をグラフ化したものですが、誤差もありますのであくまでも平均的なデータの目安としてください。

これから少し外れたくらいでは、メタボや肥満とはいえません。あくまで個人差もありますから。

子供の平均体重出典:「統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103」(文部科学省)
「学校基本調査-年齢別 身長・体重・座高の平均値及び標準偏差」(文部科学省)
(http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001066878&cycode=0)を加工して作成 (出典記載やデータは、リンク先の指示の元に記載しています。)

4月生まれと3月生まれでは、学年でいうと1学年も違うとかなり差があるので、年齢よりも、その子の身長と体重でチェックする必要があります。おおよその目安としてください。

肥満に悩んでいる子供のデータ事例

お子さんがメタボじゃないかと、悩まれている場合の主なデータを参考に記載しました。

子供の平均体重と肥満

平均体重を男女別では分けていませんが、おおよその平均体重が分かると思います。そのグラフのラインよりも上にいくほど、肥満のリスクが高くなります。

ただしこのグラフは、あくまでも体重と身長の度合いを示すだけで、肥満かどうかはお子さんを把握して判断する必要があります。

例えば運動部で筋肉の量が多くあれば、体重はありますが肥満とは言えません。反対に痩せているように見えても、内臓脂肪がついて隠れ肥満の可能性もありからです。

とくにお子さんの場合は、内臓脂肪が問題になります。腹回りやお尻のお肉がたくさんつていると、いろいろと問題が大きくなる恐れがあります。将来は中年体型が早く訪れるかもしれません。

肥満の症状

こどものメタボは避けたいですね。症状は大人とあまり大差ありません。太って見える以外には、例えば喉が脂肪で狭くなり寝ているときに『いびき』になる場合があります。疲れやすい場合もあります。

症状が進行すると、子供の糖尿病や高血圧、睡眠時無呼吸症候群で命の危険も増加するようになり、大変怖い状況にもなります。その他血糖値が上昇して血中脂質異常も異常になります。

まずは、お子さんの様子を詳しくチェックしてあげてください。もし心配な場合は、子供の肥満外来もあるので、お近くで調べてみてください。

食事制限はしてはいけない

ここまで読まれて、「食事制限をしなくちゃ!」と思ったお母さんは危険。

たしかに子供のうちから、三段腹で休みの日はゴロゴロしていれば心配になりますね。また朝食や家に帰ってからお菓子や菓子パンが好きで、夕食前に食べてしまうこともあると、かなり心配になるのはわかります。

しかし、いきなり食事制限をしてしまうとストレスが増し、より食欲に走る可能性もあります。また反対に、今度は拒食症になって別の病になることもあるので、ここは慎重に考える必要があります。

さらに子供のときに食事制限をすると、女の子の場合は生理がこなくなったりして成長を阻害してしまい、将来に不妊症になるリスクも考えられます。

成長期に食事制限をすると、骨が脆くなり骨折しやすくなったり、背が伸びないで低身長になることも推測できます。

まずは少しずつ生活習慣を見直すことから初めてはいかがですか?

食事でカロリーを調整

食事制限のダイエットは失敗します。発育期・成長期の肥満はカロリーだけを少しずつ減らすのがポイント。

子供に「食べるな!」というとストレスで逆に隠れて食べてリバウンドします。いきなり食事の習慣を変えると、子供の不満やストレスが増すのでそれは避けてください。

そこでオススメなのが、例えばマヨネーズが好きな場合は、マヨネーズのカロリーを半分くらい減らしたハーフのタイプでカロリーカット。

砂糖を使うお料理は、シュガーカットなどカロリーを押さえた甘味料を組み合わせます。お砂糖を完全に無くすのではなく、割合を減らす工夫をすればOK。

栄養素の摂取は減らさない

これは大人にも言えることですが、カロリーは減らしても食事で摂取する栄養素(カルシウム、ビタミン、たんぱく質、ミネラルなど)は減らしては、発育を阻害してしまいます。

  • 乳製品、ヨーグルトは食べるようにしましょう。
  • 果物で酵素を摂取させる。
  • ビタミンで脂肪を燃焼しやすくしてあげます。
  • 納豆、豆腐 たんぱく質

くれぐれも単純な炭水化物ダイエットなども、子供さんの負担になるので避けてください。減らすのは、お砂糖たっぷりな甘いお菓子やスイーツ。

これに関しては極力減らしましょう。その代わり低カロリーの寒天などのものに置き換えると、お子さんの負担やストレスを減らせます。

無理な運動は続かない

意識強い大人でも、運動でダイエットするのは至難の業。大抵が三日坊主で終わります。親ができないことは、子供もやりません。

それにメタボ体型になっていると、急に運動をさせると腰痛や膝を痛めてしまい逆効果。最悪、入院なんてことにも。子供にとって、意味がない目標のない運動は長続きしない。

まずは少しずつ、下半身に筋肉をつけるように工夫しましょう。例えば変形自転車など、遊びながら運動を自然にさせるのがおすすめです。(たんぱく質を摂らないと筋肉がつきません。)

いきなりジョギングなどは、内蔵脂肪で運動は体に負担がかかります。大人の場合は、走っている最中に心筋梗塞で倒れて、そのまま・・・のこともあるので、運動は歩きから始めるのが体への負担を最小限にできます。

この場合でも足に痛みがでてきたら、すぐにやめて様子をみましょう。

食事制限と運動をしないでダイエット

私がいろんな書籍などで調べて、もっとも安全に体重を減らすには、メタボで横に太るのを抑制するために、上に伸ばす方法に着目しました。

幸い、子供は身長が伸びる頃です。上に伸びれば、横に広がりにくくなります。背が高ければ、将来の結婚やスポーツをやりたくなったときも有利に働くことは間違いありません。

というのも、メタボになるのは、脂肪細胞に脂肪を蓄えるだけなので、エネルギーを消費しませんが、背が上に伸びるときには細胞分裂が活発になり、そのときに大量のエネルギーを使います。

これは思春期の頃にできる、新陳代謝を高めて太りにくくする方法です。

「そんな、子供の背を伸ばすなんて、できっこない!」と、言われるかもしれませんが、二十歳未満であれば、十分に可能性はあると思います。

参考 子供の身長を伸ばす方法

上記で紹介している方法は、大人でもダイエット目的に使えるのではないかと注目しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする