犯罪に?子供に日焼け止めは必要な時代がやってきた!

日焼け止め 子供

「子供に日焼け止めは必要ですか?」

そんな質問をしている時点で、叱られる時代になりつつあります。

昭和の頃は「子供は外で日が暮れるまで走り回って、真っ黒になるのが健康の証しだ!」という時代もありました。

ところが、そんな常識は、いまは全く通用しません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

日焼けは病気というのが今の常識

これで決まり!

まず昭和の頃に植え付けられた常識が、そもそも医学的には間違っています。

日焼けした、真っ黒な子供 = 健康的 ×

日焼けというのは、そもそも病気というのです。

これを初めて聞いたとき「まさか、ウソでしょう?」と聞き返したくらい。

でも、どうやら、本当のようなのです。

日焼けは皮膚の慢性的な炎症

これからは、日焼けは健康的な証明ではなく、皮膚の慢性的な炎症というのが常識です。

「え、証拠ってあるの?」と、聞き返したくもなりますよね。

私が知ったときに調べた情報元は、分からなくなったので、この記事を書いている時点の最新情報を調べたら、やはり見つかりました。

 長年、紫外線を浴びるとシミやシワだけでなく、皮膚がんにつながるなどの影響があると言われている。幼少時から「日焼け対策」を意識させることも重要だ。

■「日焼け」は慢性的な炎症

 夏休みは、子どもがレジャーなどで日焼けをする機会が増えるため注意が必要になる。日焼けの原因である紫外線は年々、増加傾向にある。実は、肌が黒くなっているのは慢性的に炎症を起こしているだけなのだ。

 医師「知らないうちに黒くなっている、それも防御しないと(紫外線が)皮膚の中に入って、皮膚を守る繊維をダメにしてしまうんですね」

引用元:日テレNEW24 2017年7月31日(月)14:25分配信

つまり日焼けは、皮膚が炎症を起こしているので、日焼け止めなどの対策は必要というか、必須だということが分かります。

子供に何の対策もしないで、屋外で遊ばせていると「犯罪は犯罪者だ!」なんて、言われてトラブルになったニュースが流れるかも。

シミだらけの私の体

後悔しても手遅れな私の身体中にできたシミの数々。

日焼けした顔のシミ

子供の頃に、やはり屋外で日焼け止め無しで遊んだ結果、何十年も積もった紫外線の影響が現れています。

  • 腕は数え切れないくらいのホクロとシミ。
  • 顔にも明らかに分かるシミ。
  • 背中にも数え切れないシミ。

紫外線の怖いところは、皮膚の細胞の中の遺伝子を改変されて皮膚癌の原因になること。

さらにシミ、ホクロがどんどん出現してきます。

日焼けをしてから何年、何十年経過してからでも、その影響が現れます。肌へのダメージは蓄積されていくこと。

気が動転している母親

これこそ、もっとも怖いことです。喫煙などと同じで、体へのダメージは累積していくと考えた方が良いです。

たとえ現在は日焼けをしていなくても、子供、大人になってビーチで焼いた日焼けのダメージは、簡単にはリセットできない。

それを、いま自分の体にできたシミで体験しているところです。

そうならないためにも、子供さんの日焼け止めは必要です。累積するダメージを、少しでも防げるのは、私たち両親の責務だと言われています。

まとめ

「●●さんの子、ちょっと日焼けし過ぎじゃない?」

「そうね。管理がなってないですよね!」

これからの時代、子供の日焼けで、親の健康管理力が見透かされるかもしれません。

たかが日焼けというのは昔の話しで、紫外線が増加している時代、対策をしないと皮膚癌などのリスクが高まっています。

【日焼け対策の関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする