子供の身長を伸ばす方法|背は遺伝ではなくコレで決まる!

家族

「子供の身長は遺伝以外で伸ばせます!」そんな情報を目にして調べました。

最初は周りのお子さんと比べて低く、「うちの子大丈夫かな?」と心配になってきました。

私も身長は高い方ではないので夫婦そろって心配になりました。背が低いメリットは、子供の服が長く着られることは、経済的には良いのかもしれませんが、少しも嬉しくありません。

困った女性

これから成長期になっても低身長のままだと、好きなスポーツも厳しくなります。スポーツ系のクラブ活動では、デメリットしかありませんから。

これも両親の私たちの遺伝が原因なのかと、少しあきらめかけていました。

でも、何とかしてあげたくて、色んな情報を集めて試したら、結果的にうちの子供の身長が伸びました。

偶然、良いことが重なっただけかもしれませんが、当時、調べたことをまとめました。

身長は両親の遺伝子で決まらない 

夫婦の身長差

遺伝で身長はある程度は決まるのはその通りですが、100%の条件ではないことが分かりました。

周りの友人を見回しても、両親は背が低いのに子供は背が高いケースもよくあると思います。バレーの選手でも親も高いとは限りませんよね。

嬉しかったのが、日本人は戦後、身長が伸びていることです。

これは戦後の短期間で遺伝子が変化したとは考えられず、別の要因で日本人の平均身長が伸びたと考えられるからです。

子供の身長は親の遺伝子だけでは決まらない

睡眠不足だから背が伸びない?

都市伝説です。22時に寝る

人間も植物も夜の間に、ホルモンの影響で大きく伸びることが分かっています。

日中は活動するためにエネルギーを使うので、細胞分裂などには栄養が回らないからだと考えられます。

夜になると活動量が低下するので、エネルギーが余っています。それを成長のために使われます。子供の場合は、背を伸ばす方向に向かいます。

身長差

大人の場合は背は伸びませんが、痛んだお肌の修復などに向けられています。女性の方は知っていると思いますが、これがお肌のターンオーバーと呼ばれるものです。

寝ている間に身長が伸びる

起きているとその間は活動するために栄養が使われるので、身長は伸びにくくなると考えられます。

ただし、近年、スマホやゲーム機などがでて朝まで遊んだりしていますので、若い方の睡眠不足は深刻なのですが、身長は低くなっていません。

疑問を感じた女性

睡眠不足が背の低さに直接、大きな関係はないのがわかります。私の友達なんて、夜更かしばっかりしてましたけど、身長が標準より15cmも高いんですよ。

ただ面白いことがあって、平日、睡眠不足が続いていたので、休日にばったり倒れたように夜の10時頃に寝てしまい、なんと起きたのが翌日の夜。

「あれ、まだ夜!?」って、あんた24時間も寝てたんだよって、あとでみんなで大笑い。

睡眠も身長に大きな影響を与えないとすると、運動不足が原因で背は伸びないのでしょうか?

運動すると背は伸びる?

ボールを持った少年

バレーボールやバスケットボールを子供にさせると、背が伸びると言われています。

「背が高い人がやるから、高くて辺り前でしょう?」という考え方もありますね。

そうそう、計算式が知りたい方はこちら>> 子供の身長が伸びる予測の身長の計算式

さっき睡眠のところで寝不足の友達の話をしましたが、帰宅部だったけど身長が高くなったので、運動をしなくても身長は伸びるので、大きな影響はないように思えます。

逆に過酷な運動をし過ぎて、成長を阻害する可能性を指摘する人もいるくらいです。たとえば剣道や足を使うスポーツ。

膝に過度の力がかかると、身長の伸びを止めるなんて人もいうのですが、体に負担をかけ過ぎるのは良くなさそうです。

それじゃ一体、身長が低い一番大きな原因はどこにあるのでしょう?

それについて悩んで調べるとあることが、確信に変わりました。

大切なのは骨の栄養素だった!

身長を大きく左右するのは、背を伸ばすための栄養だった!

考えてみれば、当たり前と言えば当たり前でした。

そこで本当に食事が関係しているのか調べました。

現在は飽食の時代で、太るくらい食事をたっぷり食べられますが、例えば江戸時代までは食べるのも大変なくらい飢饉がありました。

そんな頃の日本人の身長は、どれくらいか過去の日本人の身長を調べたデータがあります。それによると、日本人の身長は何度か高くなったり低くなったりしています。

日本人の身長の推移

(引用:図録▽日本人の平均身長・平均体重の推移

古墳時代に1度背が高くなったのに、鎌倉時代から明治時代までは身長が低く推移しています。その後、その後また背が伸びています。

縄文から古墳時代までは、農業が進歩して生産性があがり、一人当たりの食料が増加したのがポイント。

ところがそこから江戸時代までは、都市化がすすみ人口も増加したのですが、農業の生産性が追いつかず、天候の影響を大きくうけてしまい栄養失調で、多くの命を失うような時代。

これをみると、食料が大きなポイントだと分かります。

やはり身長は、睡眠でも運動でも、遺伝子でもなく、もっとも影響が考えられるのが栄養だという確信に変わりました。

これで決まり!

つまり身長を伸ばすポイントは、栄養です!

牛乳を飲むだけでは身長は高くならない?

あれ、ちょっとまってくださいね!

昔から背を高くするには「牛乳をたくさん飲みなさい!」と言われてきた記憶があります。そう言われて飲んでもさほど大きくならなかったような・・・

では牛乳に含まれるカルシウムは、何をしてくれるのか?

カルシウムは背を高くするためではなく、骨を強くするためのものだったのです。

牛乳はカルシウム摂取をするのに良いとされていますが、牛乳を飲むだけでは背を高くすることはできない

たしかに牛乳を飲むと、骨がスカスカになる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は防げても、身長は縦には伸びないってことですね。骨は太くなるかもしれませんが。

欧米化して肉を食べるようになったら身長が伸びた!

戦後、食が欧米化し日本人の体格が大きくなったのもご存知のことと思います。

その理由が穀物や魚中心の食生活から、ハンバーグなどお肉に含まれるたんぱく質中心の食事への変化があげあられます。

和食矢印ハンバーグ定食

子供の低身長を高くするには、栄養素が不足していることは、これまで調べたことで分かりました。

とくに成長期に体の発育のために必要なのは、お肉などで得られるたんぱく質や栄養素です。

健康志向で野菜を多く食べる傾向にあり、お子さんにも食べなさいと言われていますが、菜食主義では背は高くなりません。

体の成長に伴って、供給される栄養素を十分に摂取することが、背を伸ばす有効な方法

背を伸ばす食品からの栄養とサプリの相乗効果

「じゃ、お肉をたくさん食べれば背が伸びる?」

「ちょっと待って下さい。単純な発想は危険です!」

お肉はたしかに『たんぱく質』が多く摂れるのですが、それだけを食べると脂質が多くカロリーオーバーになります。子供のメタボはかわいそう。

しかもお肉の成分が、全て背を伸ばすのに必要な栄養素でもないから、ムダがどうしても多くなります。健康面でも心配です。

赤みばかりでは嫌になりますし。鶏肉だけを食べても栄養が偏ります。

栄養のバランス

そこで注目されたのが、特に体を作る栄養素の1つ、アルギニンというアミノ酸

身長を確実に伸ばすメカニズムは完全には解明されていませんが、その中でもとくに有力な成分だと推測されています。

アルギニンが子供の身長を伸ばす大きな要素。

このアルギニンは食事でも摂取できるのですが、必要量を摂取するためには、肉や豆類、クルミなどを大量に食べなければならず、食べ過ぎによる肥満が心配されています。相撲取りにさせるなら別ですが・・・

必要な栄養は食事から得られますが、遺伝子のマイナスマイナスの影響をカバーして、身長を伸ばすためには、アルギニンを含む栄養サプリを摂取するのが有効です。

子供だからこそサプリが必要なんです

「子供にサプリ?」

最初はあれ、大丈夫なの?って心配になりましたが、有効性も理解しています。

ビタミンCのサプリがありますが、錠剤に含まれる栄養を摂るのに、レモンだったら何個も食べないといけませんので。

お豆腐や納豆もそんなに多く食べられませんし、でも食べないとアルギニンは多く摂取できません。病気

また肉ばかり食べさせると小児癌など、別の病気が心配になりますからね。

そこでいつものバランスの良い食事に、欲しい成分のアルギニンだけを、必要な量だけ飲むのが効率が良いですね。

もしかしたら、親に似て遺伝子的には身長はあまり伸びなかったのかもしれません。

しかも食事も小食だったので、食べもだけでは十分な栄養素が足りていなかったと考ました。それを栄養補助として『食事+ちょっとだけサプリ』と考えればそれも良いかなと思い直しました。

小さい頃は背が低く心配していましたが、平均よりも上の背丈になりました。

食事も注意したのでどこまで効果があったのか、栄養はどこまで影響したのかわかりませんが、栄養素はたしかに改善されたと思います。

もし今から試してみるなら、私はこの中から選びます。私が注目した成分や、飲みやすさを分かりやすくランキング形式でまとめてみました。

アルギニンが摂取できるDr.Senobiru【1位】

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

成長期の子供の背が低いのは、成長に必要なアルギニンが十分に合成できていないからかもしれません。

たくさん飲めば良いというものではありません。1日の必要量はある程度の目安があります。

それが1日5000mg

健康食品の中でも最も高配合されているアルギニンがたっぷりのDr.Senobiruが、飲みやすい。これだけの量が入っているのはこれだけです。

また他の成分も含み、バランス良く配合されています。

Dr.Senobiruとアルギニン

カルシウムグミ【2位】

背が伸びても骨がスカスカだと骨折しやすくなるので、骨を強くするカルシウムは多めに摂る必要があります。

そこで選んだのがカルシウムグミ。カルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルを摂るためのもの。

カルシウムは背が伸びるときの形成に必要ですし、ビタミンDはカルシウムの吸収を促進させるもので、とてもバランスが良いと感じています。

問題は味。普通のサプリって薬っぽくて、子供が嫌がって飲まないと意味がないのですが、その点、グミでお菓子の感覚で食べられるので、続けやすいのはさすがだと思います。

その他にもビタミンDやコラーゲンも入っています。味はヨーグルト味で、好んで口に入れやすくなりますね。

アルギニンとセットで飲むと、お互いを助け合うので良いですよ。

モンドセレクション5年連続最高金賞受賞!子供の成長にカルシウムグミ

アスミール 【3位】

アスミールは栄養補助の飲料で、1日の主要な栄養素の約8割を摂取できるのが一番のポイント。

身長を伸ばすというよりも、体の栄養バランスを考えられた栄養補給を考えているお子さんにぴたりです。

食事が偏食で、これからの成長期に不安を抱え心配されている方に開発された栄養飲料です。手軽に飲めるので、たくさん野菜を食べなくてイライラしているお母さんに指示されています。

アスミールも単独で飲むのではなく、アルギニンが摂取できるDr.Senobiruに、補助する目的のカルシウムグミと同様に組みあわせると良いでしょう。

アスミール

まとめ

バランスの良い食事に、アルギニンやカルシウムを多めに摂取すると、栄養のバランスがさらに良くなります。

子供の背がなかなか伸びず、友達よりも低身長で心配な方は、背を伸ばすためにお子さんの栄養面に力を入れるのが効果的です。

アルギニンがたっぷりなので選びました。

Dr.Senobiru

それにプラスして、カルシウムグミやアスミールを必要に合わせて組み合わせるのが良いと感じています。

食事だけで栄養のバランスを取るのは難しいので、こういうサプリを上手く活用するのがカギ。

3つを1週間ずつ交換して飲むと、1つだけに集中しないので、栄養のバランスがさらに良くなりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする