はじめての苔の育て方|室内で栽培するための用品や方法まとめ!

テラリウム入門

苔(コケ)の入門編です!

テラリウムは、苔をキレイに魅せるもので、いま若い女性の間でも人気になっています。

私が初めの時に、いろいろ調べたことをまとめました。

100均(ダイソーやセリア)の用品や、家に手近にあるものを使って、苔の栽培(苔 テラリウム)をする方法です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

必要な用品と栽培方法

私はダイソーを主に使っています。

準備するものは、組み合わせがいくつかあるので、入手しやすいものでOK。

用意するリスト

  • ハイドロボール 大
  • ハイドロボール 小(ダイソー)または、バーキュライト

バーキュライト

上記のものが入手できなければ、下記の物でもOKです。

  • 赤玉土、鹿沼土(なければ、ホームセンターで小袋にて)

鹿沼土

  • または、おさかな飼育らくらくソイル (ダイソー)
  • 観葉植物の土、またはケト土という苔に良い土が、園芸店などに売っています。

培養土

  • 採取した苔(コケ)

これがないと始まらない。

  • ジャムなどの透明なガラスの容器(外から観察しやすく、光りも入りやすいため)

熱帯魚用の小さめの水槽があれば、大きめの苔テラリウムが作れます。

注意

観葉植物の土を使うときは、かならずフタ付の容器にしましょう。空けたままだと、コバエなどが発生します。

苔の植え方

苔は、湿気を好みますが、水に浸かるのは良くありません。

  1. そこで一番下には、粒の大きいハイドロボール大や、赤玉土や鹿沼土を入れます。
  2. その上にハイドロボール小やバーキュライトを入れます。
  3. その上に、観葉植物の土を薄く入れます。
  4. 苔を配置。
  5. 最後に霧吹きで、乾燥しないようにたっぷり与えたら完成。

苔テラリウム

手抜きするなら、ハイドロボール大と観葉植物の土だけでもOKです。

参考になる関連動画も、良かったらどうぞ。

ユーチューバーの『jun bio channel』さんの動画です。

簡単に作れる苔インテリア!【苔テラリウム】

肥料は必要なし

コケは根がない

苔は根がありません。そのため肥料を与えても、ほとんど吸収しません。

肥料はやらない

しかし、肥料を与えると枯れたり、弱ってしまうことがあるので、ミネラル分や少量の栄養を吸収する機能はあるようです。

特に注意したいのが、有機肥料を与えてしまった場合。

コバエなどが集まったり、肥料が腐ったり、カビが生えてしまうこともあるので注意してください。

土の臭いが気になる

「土の臭いが苦手」

加湿器が臭い

そんな方もいらっしゃると思います。そういう場合は、観葉植物の土に、活性炭(細かくした炭)を混ぜて、臭いを吸着させると、臭いが緩和されます。

それでも気になる方は、ダイソーなどで売られているソイル『おさかな飼育らくらくソイル』という土がおすすめ。

こちらも手抜きして、ハイドロボール大と観葉植物の土の代わりに、ソイルを入れると簡単です。

水やり

表面が乾いてきたら、霧吹きでシュッとやればOK。

フタをすると、乾燥を防ぐことができますが、加湿すぎるとカビの原因になるので、真夏は1日、1回、冬は2~3日に1回くらい換気をすると良いでしょう。

光について

基本は、苔が生えていた環境に近づけるのがベストですが、家の北側の窓でも十分に育ちます。

だたし真冬は、夜から朝にかけて寒くなるので10度以上の場所が良いです。移動できないときは、窓にプチプチをしたり、ペアガラスにすると温度の低下を防げます。

参考 部屋の湿気対策をお金もかけて徹底したらカビも消えた!

参考 キッチンの床と足元が寒い!暖房器具と断熱でポカポカに!

南側の窓際で、直射日光が上がると苔が葉やけ、枯れてしまうこともあります。直射日光は避けた方が無難。

熱帯魚用の水槽にLED照明を使うと、オシャレに飾れます。この辺りは慣れたら、いろいろ工夫してみてください。

まとめ

苔は水と二酸化炭素と光さえれば、光合成をして栄養を作れる植物。

手軽にできますし、身近なところに苔は生えていますので、苔テラリウムは植物の栽培の入門に最適です。

ぜひ石やフィギュアなど、飾りも入れてアレンジしてみては?

【室内でできた!園芸・水耕栽培の関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする