国分太一すぽるとゴチも降板? レギュラー11本の評判と卒業の理由

卒業と降板

国分太一さんが『すぽると』を卒業するという。一時はレギュラー11本とテレビ局の全局での出演を誇っていた国分太一さん。

中にはゴチも卒業か?あるいは降板かという噂も出るほど。理由も想像の範囲で波紋が広がっています。 その一方で、プライベートでは結婚のおめでたい恋愛エピソードの噂も。

すでに彼女の実家へ挨拶は終わっていて、あとは発表を待つのみとの情報。いつ発表かという時にこの卒業の情報は水を差す形にならなければいいのですが。

すぽると降板は既定路線か 現場では常にピリピリ

すぽるとの卒業に関連して、いろいろ噂の領域ですが、本当はスポーツが好きではないとか、インタビュー先では、スタッフがお膳立てをしないと、自分は全く動かないとか悪い噂が見つかりました。おそらくこういう情報は現場でもピリピリしていたのでは。

降板と共に、別の番組への出演が準備されている可能性はあります。 TOKIOの人気番組『(鉄腕ダッシュ)ザ!鉄腕!DASH!!』でも、最初は農作業が好きではなかったという噂もありました。それは気が付きませんでした。 稲

これに関しては、本当に好きではなかったかもしれません。元々、アイドル、音楽のグループでしたから、それが数字が取れる企画だからと、農作業をしろと言われて、「はいそうですか」と思えるかどうか。

途中からバナナの企画など、積極参加が見られると思います。 自分の仕事に置き換えると良いと思いますが、例えば技術者に、明日から歌手をやれと言われて「はいそうですか」と納得できるでしょうか?

事務作業の人に、明日か漁師をしてもらうからって、なかなか頭では理解できたとしても・・・。

鉄腕ダッシュで、化石などを見つける企画は、生き生きしてされていたように思います。誰も本当の所はわからないので、それこそ国分太一さんにインタビューして聞いて欲しいのですが...。

国分太一さんのスポーツ選手との会話は不得意分野か

0円食堂や男子ごはんは、比較的、評判も良好だと思いますが、0円の評判は芳しくないようです。あくまでもネットで書き込みしている人の意見です。

私は太一さんはザ・シェフの時からの大フアンなので、あまりマイナス面は書きたくないのが本音。 そこでスポーツ選手へインタビューするのは、苦手だからと強引に思うことにしました。

国分さんのファンと分かる人の記事などでは、一皮むけて進化して欲しいという前向きな意見がありましたが私も同感です。もっと様々なところで経験されて失敗もして叩かれて(アドバイス?)、国分太一さんがより向上した姿を見ることができれば嬉しいです。

山口達也さんやリーダーの城島さんも大好きで、松岡さんや長瀬さんは俳優として好きです。ただ、ダッシュ島のお二人も素敵です。

線路のハンマーで手を叩く所は痛そうでひやっとしました。 すぽるとは卒業されるようですが、新たな番組への参加が始まることを期待して、この記事は終わりにしたいと思います。

国分さん、ぜひ次のコーナーを期待しています!!ケンタロウさんも帰ってきて欲しかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

国分太一の反論

国分太一さんの一部のニュースでは、スポーツ選手への取材が悪評でしたが、どうも一方向からの情報だったようです。

実は現場では、それほど国分さんの対応が、単純に悪い訳ではなかったようです。というのも2014年は出演番組数のランキングで1位。 しかも国分さんは、鉄腕ダッシュなどでスタジオ以外への移動もあり、かなり過密スケジュール。

そのため事前の打ち合わせが間に合わず、いきなり本番というのも珍しいことではないようです。逆にそれでも話しをつなげられるのが凄いと思うほど。

ただしスポーツの取材などでは、あらかじめ質問事項や取材相手などを、事前にスタッフと綿密に打ち合わせをしないと、国分太一さんの、対応力を持ってしても不得意な分野かもしれませんね。

現場サイドでは、国分さんは気さくで打ち合わせをしやすいタイプのようで、悪評というのは意図的な悪意を感じました。実際、週刊誌などは相当な誇張や、そう思った程度の空想話とは言いませんが、かなり脚色している部分も考慮する必要があると思います。

やはり仕事の量がオーバー気味なのが、意思疎通につながっているように思います。交通状況や収録の1つの遅れが、次の現場への遅れにつながり、どんどん打ち合わせの時間が無くなる日もあるでしょうね。

芸能の得られる情報で出所や信憑性は、噂話し程度に留めておくのが良さそうだと実感しています。  

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする