米油のトコトリエノールで手軽にダイエット効果をアップ

所さんの目がテンで、三重県発祥の米油が紹介。この米油に含まれているトコトリエノールが別名、スーパービタミンEと呼ばれているので、なんだかすごそう。

ダイエットの効果が期待できるというから、いま大注目の成分。さっそくスーパーに行って買ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

米油が売り切れ続出

食用油

近くの業務スーパーに行ってみると、そもそも商品自体が置いていませんでした。そこで地元のスーパーを確認すると、まだ少し在庫がありました。

米油が500gと600g、卓上用の3種類の商品(別会社のもの)あったのですが、600gのお徳用はすでに売りきれ。

店員さんに在庫を聞いてみると、「入荷してもすぐに売りきれてしまいます。」とのこと。平日に入荷するので、私の場合は週末しかいけないので、買うのは厳しそう。

仕方無く500gの方と卓上用の2つを購入。

人体実験!?ダイエット効果を確かめます

買ってすぐにトコトリエノールのダイエット効果を確かめるために、自分で実験を開始しました。

 米油とは?

米油とは、米ぬかに20%ほど含まれている油を絞ったものを米油と言います。その中にスーパービタミンEと呼ばれるトコトリエノールが含まれています。この成分がダイエット効果を高めてくれれます。

では、なぜいま米油なのか?
詳しくみていくことにしましょう。

脂肪が燃えない体

米油は燃えにくい脂肪を燃えやすくする救世主になるかもしれません。

それを紐解く鍵が酸化ストレス。このストレスが増加すると、体についた脂肪を燃えにくくする働きをします。燃焼を邪魔する働きをします。

どういうときに働くかというと、

  • 暴飲暴食
  • ストレス
  • 喫煙
  • 過度な運動

などによって運動しても痩せにくくなる、脂肪を分解しにくくする酸化ストレスが増加するのです。

収入面や将来の生活に不安を感じ、ストレスがたまっているんですよね。やっぱり心も体もストレスってよくありませんね。

この酸化ストレスがダイエットを失敗させる原因の1つ。

思いあたるところはありませんか?

  • 運動しても体重が減らない。
  • 食事制限をしても痩せない。

それは酸化ストレスが原因の可能性があります。

実験開始

私の場合は酸化ストレスが原因ではないかと思い、こんな実験をしました。

食事に使う油を米油にする。
そしてもっと効率的にスーパービタミンEを摂取できるスーパービタミンEのサプリメントも併用して飲むことにしました。

1日の摂取量は15g、大さじ1パイ程度で1日に必要な成分の6~7割が摂れます。

結果はまた紹介しますが、米油はかなり期待しています。従来から使っているサラダオイル等を置き換えるだけなので手軽です。

オリーブオイルも使っていますが、米油は積極的に野菜のサラダや炒め物、天ぷらなどにも活用します。

これで痩せれば苦しい運動をしたわけでもなく、米油とサプリだけを使うだけですから、とても手軽です。

もし痩せずらいと感じたら、酸化ストレスを減らしてみては?

まとめ

米油のトコトリエノールを活用して、ダイエット効果をアップさせるには、米油のカロリーを計算して摂取カロリーはバランスを保つようにします。

脂肪を燃やすのをブロックしなくなっても、全く体を動かさないと脂肪は燃焼しませんので、ある程度は空腹で体を動かすのが、より効果的に脂肪を燃焼させられます。

食後、2時間くらいしてから運動すると、効果が高まります。ぜひ、一度ためしてみてはいかがですか?

その他にもサプリメントがあるので、食用の米油と組みあわせるとさらに効果的かもしれません。

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする