粉寒天と棒寒天(角寒天)の違いと使い方のポイント

どっちが良い?

スーパーで寒天を買おうとしたら、店頭に粉寒天と棒寒天(角寒天)の2種類が置いていました。

これって、どちらを食べるのが良いのでしょうか?

調べていると、ちょっと意外なことが分かりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

棒の寒天を粉にしたのではない

疑問を感じた女性

粉の寒天は、棒状の角寒天を粉にしただけだと思っていませんか?

実は違うようなのです。

詳しい製法は分かりませんが、カタログであることが分かります。

種類 同じ分量の水に使うときの必要量(g)
粉末寒天 4g 
角寒天1本 約8g

この数値をどう思われますか?

粉寒天だったら4gでいいのに、棒寒天だと粉の倍の量が必要になります。つまり同じではないことが分かります。

これは作り方に秘密があります。

寒天の原料のテングサやオゴノリなどの紅藻類という種類の海藻を使います。

寒天の原料

天草(天草)

これをきれいに洗って乾燥させます。昔ながらの作り方だと天日干しですが、いまは工場で乾燥させます。乾燥すると棒寒天のようなベージュ色のちょっと薄い色になりなります。

次にお湯の中に乾燥した海藻を入れて煮ると、寒天の成分がお湯に溶け出します。

煮る

これを冷やせば、生の寒天の完成です。

私達が手に入るのは、この生の寒天を、一度、乾燥させたものです。寒天は99%が水分なので、これをまた乾燥させると棒寒天になります。

棒寒天(角寒天)

粉寒天は、煮詰めるまでは同じですが、ここで不純物を除去して寒天として固まる成分を精製したものです。だからその分、水を固めるのに棒寒天よりも半分で十分なわけです。

お砂糖でいえば、粉寒天は白砂糖。棒寒天は黒砂糖です。ミネラルなど微量の栄養素は棒寒天に多く含まれています。

手間を惜しまず作れる方は、棒寒天がオススメです。以前は角寒天を使った時期もありましたが、面倒なことは避けたいので、現在は粉末寒天を使っています。

かんてんクック

商品の量と食物繊維の量は違う

100gの粉寒天を購入しても、そのまま食物繊維の重さではありません。

こちらはかんてんぱぱの伊那食品工業(株)の商品パッケージに記載されている栄養成分表です。

寒天の成分表

これで決まり!

これを見ると100g当たり79.9gとなっています。

おおよそ×0.8が食物繊維と考えられますね。

だから2gでゼリーを作ると、全部食べると食物繊維が1.6g摂取できます。

便秘改善やダイエットの効果をあげるために、もっと効率よく取りたければ、寒天ぱぱの商品で「ぱぱ寒天ゼリーA」というのがあります。

1個180gの中に食物繊維が6gも含まれているので、少量で多く摂取できるのでおすすめです。

寒天ぱぱの工場見学に行ってきました。

参考 かんてんぱぱ(工場見学)とグルメと見所まとめ!

寒天と便秘については、下記も参考にどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする