結婚適齢期を女性が平均を調べたら結婚できない件

結婚

結婚適齢期で女性の平均は27歳、男性は30歳くらいが一つの指標だとか。

「でも、それがどうしたの?」という感じ。

北海道と東京、沖縄では違うだろうし、日本と世界の国々でも違う。

そもそも戦国時代とか、江戸時代、昭和でも結婚する年齢は違う。世界のある国では9歳から結婚できるみたいですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

結婚適齢期はないよ!くだらないデータなんて捨てちゃえ!

自分が結婚したいと思ったときが、結婚適齢期。

よくメディアで報じられている結婚適齢期って、単なる統計から導き出した、だたの平均じゃないの。

困った女性

そんなので私の人生を決められたくない

そもそも結婚は相手が会って初めてできるもの。良い人がいて、周りが固まってきたら結婚できるので、そうじゃないなら意味がない。

それに彼がプロポーズしないとね。あ、いまは女性から告白するパターンも多くなってるみたい。どっちでも良いけど、男性からの方がかっこいい。

遅い結婚を想像してみた

若い頃に早めに苦労してしまおう!

顔にしわ、

「お母さんっておばあちゃん?」

私が小学校の頃、すっごい若いお母さんがいたんですが、すごく素敵でしたね。

保育園とかでも、おばあちゃんは言い過ぎだけど、年齢が上のお母さんもいるよ。二人目で、上と下で期間が空いていると、かなり年齢が上になるからね。

例えば結婚が30歳として、初めてのお子さんの出産が32歳だとして、二人目は36歳とか。

保育園ではママの年は40代。う~ん。

困った女性

一方、私の友達のお母さんは18才で出産してる。めっちゃ早いけど、保育園にいくとお姉ちゃんみたいな感じだよね。

とてもお母さんじゃない。それだけ周りのママとの年齢差があるから。

「おまえんちのママ、めっちゃキレだね」って言われると嬉しいでしょう?

それに40才になったころには、子どもの面倒はほぼ終わるから、残りの人生を悠々自適に遅れる。

笑顔

若い頃は大変だけど、後のことを考えるとめっちゃ楽。

男性の場合、40代で結婚すると、想像するだけでもキツイ。小学生になる頃には、もうおじいちゃんじゃん。なんか・・・ね。若作り、頑張ってもらわないと。

いまどき、リストラでそのくらいの年代が一番危険。いまじゃ、若い頃の方が仕事にありつける確率が高いので、決して経済的にも安泰じゃないですからね。

失敗が怖いから迷っている

最近は、何でも答えを知りたい人が多いよね。ネットで検索すれば、ある程度の答えが書いてあるから。

でも結婚は違う。

気が動転している母親

結婚って、失敗すると離婚になるからリスクを怖がっているけど、全知全能じゃないから、ハズレる場合もあるよ。

友達関係でも同じだけど、あ~この人、深く付き合うとめんどさくいな~って感じることありませんか?

そもそも全く赤の他人の場合、深く知るには実際に一緒に住んでみて、観察しないと分からない。表面上は、誰だって取り繕えるし、短時間、短期間なら演技もできる。

その典型が結婚詐欺師でしょう?

あれ・・・ね。

結婚しなきゃ分からないこともあるよ。きっと。

結婚前も後も全く変わりなく紳士的な男性と、激変する人。

結婚前はうっとりするような女性だったけれど、結婚後は頻繁に監視する女性に変わった・・・など。

結婚してから変わる人って、結婚してみないと分からないよね。

喧嘩

で、激変して良い方がに変わればいけど、失敗する人って何度も悪い方に変わるパートナーに当たる人もいるけど、それはその人の責任じゃないと思う。

見る目とかって批判的なことをいう人がいるけど、人生、巡りあえる人って多くても10人とかでしょう?

たまたま悪い人に当たるのって、あるよ。そりゃ

100人、1000人って付き合えれば、見る目の養えるかもしれないし、良い人に当たるでしょうけど。

だから数回、失敗したくらい、アタリがたまたま悪かっただけと、思うのが良いよね。自分を責めちゃいけないし、私の友達だったら「どんまい。次、いこうね!」っていうよ。

だって私の周りでもお互い、2回目で、すごく幸せな人っているから。

迷う人は行動できない人

そもそも結婚適齢期を調べているのは、自分が遅いのか、もう結婚しなくちゃいけないのか?

迷っているからなんですよね。そのきっかけが、友達の結婚だったり、親に言われたりするからなんだけど。

これで決まり!

そんなの迷っても変わらないし、そんな心配するなら、出会いの回数、チャンスを増やした方が良いよ。

どうせ人間なんて、そんな人のことなんて、深く付き合わないと分からないから。人って見極めるのは、すごく難しいよね。

ちょっと見ただけでは全く分からない。

例えば、合コンですごく無口な男性がいたとして、見た目にもパッとしない感じ。

だ~せ~って人。

ぜんぜんタイプじゃないし、眼中になかったけど、たまたまみんなで飲みに行って、体調が悪くなったとき一番心配してくれて、近くにある救急の場所まで探してくれたり。

お店の人に、薬がないかこっそり聞いてくれたり。

普段はパッとしないけど、いざというときの行動力がある人とか。そういう内面って普段は全く見えないし、超能力でも無い限り見透かせない。

だから怖がっていると、対人関係もつかめないから、経験値(経験って肉体関係の事じゃないよ。)も上がらないよ。

異性とのコミュニケーション関係能力とでも言えば良いのかな。そんな感じ。

まとめ

い人との出会いは、誰だって避けられない。

だから学者先生や、訳の分からないところで調べた、統計の数値なんてどうでも良い。先生だって、失敗している人っているよ。

政治家だって、有名な女優さんだって、大企業の社長さんだって、ベンチャー企業のいけいけ創業者だって、失敗するって。

だから出会いのチャンスを増やして、いろんな人との関わりを持ってみましょう。

それしか、自分にぴったりな良い人には出会わないよ。

これも読まれているよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする