【緊急対策】高校で進路を決められない人の恐ろしい未来を回避する方法!

進路は留学します。

私は高校生になっても、自分が何をしたいのかを決められていませんでした。

夢物語のような将来を描いたことは何度もありますが、現実とのギャップが大きすぎてあきらめていました。

もしあのとき、あることを知っていれば、進路を明確に決められたと思います。

この記事では、そのあることについて詳しくまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

進路を決定できない人の未来

仕事に失敗

進路を、いつまでも決定できない人の未来は、あまり良い未来にはなりません。

※注 進路が遅れても大丈夫な例外については、最後に記載しています。

まずは、決定が遅くなると、人生がこの先、どうなるのかを、いくつか例をあげます。

世界を目指すなら早い方が良い

目指す職業によっては、大人になってからでは遅いケースがあります。

例えば医師やパイロット、オリンピック選手などは、かなり早い段階から勉強して準備しないと厳しい。

もちろん分野にもよりますが、最近では卓球やフィギュアスケート、テニス、将棋の棋士などは、子供の頃からやっておかないと、世界のトップに登り詰めるのが難しいとされています。

公務員でさえも、年齢制限が緩和されてはいますが、やはり早い決断の方が有利であるのは間違いありません。

もし、後から目指したいと思っても、短期間でレベルを上げなければならないので、相当な苦しみを味わうはずです。

一流になるには最低、1万時間かかる

一般敵に言われているのが、ある分野で一流になるのには、費やす時間は1万時間は必要だと言われています。

言い換えれば、それだけの時間を使えば、かなり自分のレベルを上げて夢に近づけられるともいえます。

1万時間で、あるレベルに達するとすると、もしあなたが野球のピッチヤーでプロ入りを3年でなりたいと仮定します。

3年で1万時間も練習しようと思ったら、休みなく毎日9時間以上も練習しなければなりません。

毎日9時間、計算上ですが、極端に練習をすると肩を壊して故障してしまいます。

失敗する可能性が高いですよね。

でももし、子供の頃から練習をしていれば?

10年で1万時間なら1日3時間弱なので、かなり楽に上達出来ますよね。3時間だったら、実現の可能性が見えてきませんか?

繰り返しになりますが、決断が遅くて有利になることは、人生でほとんどありません。

「あの時、やっておけばよかった」。

「あの時、チャレンジすればよかった」。

こんな後悔を口にするようになります。

成功100%なんてあり得ないので、失敗してもやるだけの気持ちが必要にはなります。でも、その前に進路を決められない原因を理解しておけば、決められる人になります。

進路を決められない原因と対策

そもそも進路を決められる人と、決められない人の違いとは?

それは頭の中に、選択肢の基準が(ある、ない)の違いです。この判断基準がない人は、どんなことでも決められない人です。

【事例】決められない人

ファミレスで注文をするとき、なかなか決められない人っていますよね。

メニュー表

「何をそんなに迷ってるの?」と、言いたくなる人がいます。

待っているこっちとしては、混み合っているのに、「早く決めないと後回しになるよ」と言いたくなります。

「まだ!?」

待っている方は、イライラしてきます。

では、すぐ注文できる人と、できない人の違いは?

「・・・・・」

ズバリ判断基準がないから!

食事の判断基準の一例

  • お腹がぺこぺこなので、早く調理されて出てくるものを選ぶ。
  • 辛いものを食べたいから、その中から選ぶ。
  • フライものが食べたいから、エビフライ定食にする。
  • 肉が食べたい。
  • 野菜の多いものが食べたい。

無意識のうちに、頭の中に判断基準が備わっている人は、メニュー表を見ればすぐに決められます。

例えば前日、脂っこいものを食べて胃がもたれている人は、あっさりしたものを選ぶでしょう。

がっつり食べたい人は、ステーキやチーズ入りのハンバーグを選びます。

ハンバーグ定食

判断基準を持っていれば、メニューをみてもすぐに決められます。

進路も同じで、自分の中に判断基準を持たないまま生活していると、高校生になっても決められない。

まさに私がそれでした。

実はそういう思考の人は、大人になっても決断できない人になります。

大人になっても決められない人

「ママ、今度の夏休み、どこに行く?」と聞かれても答えられない。

困った女性

基準があれば、選択肢が狭まるので決めやすい。

家族で旅行に行くとき、リゾートを満喫したいのか、自然を楽しみないのかによって、行き先がある程度、ピックアップできます。

一方、会社では・・・

やはり仕事でも基準を持っていないと、決められない。

仕事中の風景

コスト重視なのか、効率重視なのか、リサーチの結果を基準にするのか、それらがないと先送りのままです。

どんなことでも基準って、とても大事。

私もこの基準を意識していなかったため、高校生の頃に進路に迷いました。

そして私は、そこである基準を決めました。

進路の判断基準の例を紹介

進路の基準は、人の数だけあると思いますので、ここでは一例としてみてください。

  • 社会的な安定性(公務員などが該当)
  • 大企業、中小企業。
  • 会社のブランド(今時、大手でも倒産するので、どうなるかは分からない)。
  • 休日の日数重視
  • 社会貢献がしたい。
  • 給与が多いところ。
  • 自宅からの距離。近い、遠い(県外)
  • 転勤あり、なしで判断。(小企業は転勤がないケースが多い)。
  • 自分の希望にあった企業に自分が入れるのか、それも天秤にかけて考えます。

最低限、このような判断基準はあると思います。それも考えていないようだと、早急に考えましょう。

まずやるべき事は、人の意見ではなく、自分で基準を書きだすこと。人の意見が先だと、後々、後悔することに。

ランチのメニューよりも複雑にはなりますが、基準を元に考えれば答えの方向性は明確になります。

最終的に二者択一くらいになると、決断する必要がありますが、そこまで絞ればあとは粘って考えてください。

0か、1かの検討になるので、結論は出せます。

先送りするなら大学が選択肢(良くあるパターン)になりますが、多くの人が進学する現状では、一流大学と言われるところでないと、就職ではあまり大きなメリットにはなりません。

まとめ

進路に迷ったら、判断基準を早急に考えましょう。

ここで手を抜くと、将来、後悔する日、何もかも嫌になります。

もし、そのときが来たら、こちらの映画や本を読んでみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする