企業クレームを投稿する場合の注意点【不二家・ペヤング・スパ王】

クレームで怒り

最近、群馬県伊勢崎市のまるか食品株式会社のペヤングや日清のスマ王、さらにケーキで有名な不二家でケーキにカビ?があったとして投稿された画像を見る機会が増加したと思います。

虫やゴキブリ、カビ等のクレーム対象となる画像を一旦公開すると、拡散するのは止められませんので、余計に注意が必要になります。というのも、このようなクレームを告げる暗黙のルールが存在します。

まずは相手に状況を詳しく報告して、対応を待つ。
状況説明を受けて、しかるべき対処を企業側がした場合、それ以上は問わないが普通だと思われます。
そこで対処をしてくれない場合は、しかるべき対処をします。

就職が困難になる場合も想定すべき

食品の問題は、最初に保健所への通報と企業へするのは合理的だと思います。

しかし、この段階でTwitter(ツイッター)やフェイスブックで画像を掲載して拡散した場合、仮に自分のなんらかのミスだった場合、それで回収して損害を企業側に与えた場合、「ごめんなさい」で許されるはずもなく、一生かかっても払いきれない、とんでもない額を請求される危険性があります。

例えば真夏にパンを車に放置して、腐った場合など。明らかに自己責任ですね。それを企業やメディアへ拡散すると・・・あり得ないことが起こります。

明らかに自分のミスではないと確認しても、やはり企業からの連絡を待ってからが安心だと思います。もし、その通報者が大学生で、これから就職される場合だったら、人物が特定されてしまうと就職が難しくなる危険があります。

企業は人間性を見ている

人柄

企業へ就職して内部のトラブルを気軽にツイッターなどでつぶやかれたりする恐れがあるからです。企業は、成績だけを見ているのではなく、その人個人の人間性を見ているからです。

能力云々は鍛えれば、徐々に上げることができますが、人間性を変えるのは容易ではありません。それを人事は見ているからです。クレームの処理の仕方も企業は注目して学生を見ているでしょう。

購入したものが不良だった。⇒ つぶやく ⇒ 拡散 ⇒ 企業が大損害 ・・・このような人を採用するのは避けたい。

就職後 ⇒ 企業の内部情報をつぶやく ⇒ 拡散 ⇒ 企業が大損害 ・・・これは防ぎたい。

また拡散した人も、企業側は注意して見られている可能性があります。そのようなリスクがあるので、慎重に取り扱う必要を指摘されています。クレームに限らず、情報の取扱が軽い人とみなされる危険があるからです。

採用時に、人事部がそれらをチェックしていない企業は、かなり危機管理ができていないと言えるかもしれません。それを怠ると、コンビニでの信じられない画像を広めてしまうのですが、実際には面接でそれらを見破るのは困難でしょう。

今後は就職時に、人間性を問われる項目がさらに増加すると思われますが、景気が回復していくと人材不足になり、その辺りのチェックはどうしても甘くなってしまいます。

まず不具合などがあれは、こちらも参考にしてください。⇒ 消費者庁ホームページ

私もクレームしたくないですが

ちなみに私はこれまで、飲食店で虫入りのスープがでてきて、交換してもらったらまた虫が入っていました。しかも3人で行って、すべてに虫入り。これってワザとしているとしか思えませんでした。お代は払いましたが、二度とその店には行きませんでした。

旅行に行って買ったお菓子が傷んでいたので、送付したらお詫びのお手紙と交換品が届きました。

つい最近は・・・

家電もたまにトラブルにあいますが、そこは大人の対応をしていますが・・・たまにはつぶやいてもみたくはなります。

不二家さんやペヤング、スパ王等以外にも、相当なクレーム、異物混入がありますが、その殆どは先ほどの関係機関や保健所などで対処されていると思われます。実は食って安全に保つのは相当難しいというのが良く分かります。

適切にトラブルを処理したのに、思う様に回答が得られない場合は、その経緯も詳しく添えた上でネット上で公開すれば、有益な情報として扱われ不利益を被ることが、最小限度に抑えられるかもしれません。それと掲示版に書き込みした場合、個人がいつでも特定できると考えておいた方が安全です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告