子供が車で乗り物酔いしないための酔い止め!おすすめと対策まとめ

気持ち悪い

「気持ち悪い…」

子供の頃、車酔いで苦しみました。特にバスのあの独特の臭いが苦手でした。また思いだしたら気持ちが悪くなってきました。車酔いで気持ちが悪い

夏休みなどの長期のお休みで、家族旅行を計画している方も多いのではないでしょうか?

そんな時、子供が車で「乗り物酔いしないための酔い止め」、おすすめ商品と「酔わないための対策」についてまとめました。船酔いなどにも使えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

子供におすすめ!酔い止め飲みやすさランキング

子供さんが飲みやすい3つの酔い止めを紹介します。

トラベルミンチュロップ ぶどう味

ランキング1位

子供さんが飲みやすいように作られた、ぶどう味のトラベルミンチュロップ ぶどう味(6錠)[酔い止め 薬]

ドロップのタイプなので、なめて溶かすので飲みやすい

錠剤とか、カプセルは子供は嫌うので、飴などの形に加工されたものが飲ませやすいですね。

予防としてだけではなく、酔ってしまったときでも症状を緩和してくれるもので、第2類医薬品です。

医薬品に関する注意事項は、しっかりと読んで使用しましょう。


【第2類医薬品】薬)大正製薬/センパア Kidsドリンク ぶどう風味
rank2

こちらはドリンクタイプ

飴やドロップが苦手なお子さんにおすすめ。私はドリンクタイプが手っ取り早くて、効果が早いように感じます。

噛んでいる暇があれば、すぐに流し込みたい。でも、一気に飲めないので、少しずつになってしまいますが...

子供用なので、飲みやすい味付けがされています♪


【第2類医薬品】トラベロップQQ サイダー味

こちらはサイダー味。

rank3

子供の好きなドラえもんのパッケージ。

これを見せて飲ませると、興味を持って飲んでくれそうですね。

かんだり、口の中で砕いて溶かして服用します。乗り物酔いにお使い下さい。あの浅田飴が作っているので飲みやいです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【第2類医薬品】トラベロップQQ サイダー味(2錠*4包)
価格:398円(税込、送料別) (2016/8/4時点)

昔と違い、子供用も様々な商品がでてきたので、だいぶ飲ませやすくなりました。

乗り物酔いの対策

楽しい旅行を、酔い止め薬で乗り切るのも良いのですが、本当は酔わない方が良いに決まっています。

そこで乗り物酔いの対策をして、少しでも酔わないように予防しませんか?

酔いを予防するには、以下のポイントに注意しましょう。

1、旅行の1週間くらい前から、早めに寝かせるようにする。

睡眠不足は、車酔いの原因です。

よりありがちなのが、旅行の前日に早く寝かせようとすること。楽しみなのに、前日に急に寝ろと言われても無理。

せめて1週間くらい前から、習慣化させて早く寝るようにしましょう。

2、食事は出発の2時間前には済ませておく。

直前まで起きなければ、消化の良いバナナなどを食べさせる。あまり胃腸に負担がかかる脂っこいものは避けるようにします。

空腹でもお腹一杯でも酔いやすくなります。移動で体が疲れて、消化不良を起こして吐く原因になります。

3、進行方向に座る。

車ではシートベルトを着用するので進行方向に必ず座りますが、電車などの場合は注意しましょう。また後ろ向きに会話をすると、気持ち悪くなるのでやめさせましょう。

4、車の嫌な臭いを消す。

間違っても香りで臭いを消すのは辞めましょう。無臭が大事です。香水なども危険。消臭は無臭が基本です。香り系のものは手全てNGです。

子供が乗る前に、車の窓を全開にして、嫌な臭いを消しましょう。また走行中は外気を取り入れて、新鮮な空気と入れ変わるように工夫してください。

酔わないときから、新鮮な空気を吸うと酔いづらい。

5、服装はリラックスできるものを着用。

旅行に行くのに、いきなり新しい服は避けましょう。靴も同じ。着慣れた服がおすすめ。少し緩めの服装で楽な体勢で乗りましょう。

ただし着慣れていても、子供の成長が早いのできつくなっていれば避けます。

6、スマホやゲームは禁止。

視線が手元に集中すると酔いやすい。カーブなどで体が動くのに、視線が近くのみを移動すると酔います。本やマンガも禁止が基本。

以上の項目を実践して、子供さんの車酔いや乗り物酔いを防いであげてください。

また心配な方は、出発の30分前には酔い止めを飲ませましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする