桑名水郷花火大会2017を渋滞を避けるなら穴場『なばなの里』で見る!

  • 2017年7月29日は、三重県の桑名水郷花火大会。

渋滞が激しく、いつも苦労しますね。この記事は、園内で追記しています。

そこでゆったりと花火を見るなら、なばなの里の無料駐車場にとめて、ゆっくり園内を楽しんだあと、時間がきたら花火を見物するのが疲れない。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

なばなの里が提案する鑑賞プラン

桑名の花火大会

公式プランを独自に変更

  • 15:00 道路の混雑を避けて早めになばなの里駐車場へ
  • 15:10 べゴニアガーデン(冷房完備)で美しいアンデスの花園を満喫
  • 15:45 日帰り温泉「里の湯」で夜涼みの中、露天風呂でさっぱり!
  • 16:15 長島地のレストランで早めの夕食
  • 17:00 遅くともこの時間までに場所取りを終える。
  • 19:30 里内各所で花火見物!
  • 21:00 売店でおみやげを購入
  • 22:00 閉園後は駐車場で30分ほど待機。

    22:30 東名阪に向けて移動~25分ほどでICまで到着。なばなの里から最初のコンビニの信号まで時間がかかる。それを過ぎれば、多少混雑が減ります。    

7/30(土)なばなの里「桑名水郷花火大会」 大迫力の桑名の花火大会が見れる! [なばなの里]

なばなの里を楽しむための注意点

年々、場所取りの時間が早くなっていくと思います。2016年はまだイスの持ち込みは、係の人からNG言われていませんが、度が過ぎると禁止になるので周りの人に配慮しましょう。

また園内では飲み物を手に持って歩いている人がいるので、ぶつからないように。

私のすぐ近くで飲み物を持って立っている人に、思いっきりぶっつかってその飲み物が近くの浴衣の女性にかかっていました。

ぶっつかった人は、知らんぷりして通り過ぎていきました。こぼした側とかけられた側の気まずい雰囲気が残っていました。

また小さなお子さんもいるので、足元にも注意してください。大けがになる恐れがあります。

レストランで過ごす

笑顔

少し早めに到着したら、まずは腹ごしらえ。

いつもは忙しく食事していますが、この日はゆったりとレストランで食事をします。談笑しながら、時間が過ぎるのを待ちます。

食事も少しずつ注文していくので、意外とたくさん食べてしまいます^^;

ゆっくり食べるとお腹がふくれて、あまり食べられないって言いますけど、雰囲気もあるのかいつも以上にたくさん食べて、後で後悔しちゃいます。でもこの日は特別なんです。

4時半頃には、レストランに来ないと混雑で行列に。5時より焼肉のオーダーバイキングが始まったので、いい匂いがしてきました。

お値段はコースによって変わります。6500円コースは松阪牛でした。これを食べたい!・・・けれど、ちょっと無理…。

ここでゆっくりし過ぎると、屋外では場所取りが始まっています。

6時頃には、良い場所は確保されています。この時期、1000円で入園できてクーポンが1000円付くので、タダみたいなものですからね。

ただちょっとセミがうるさい。花火の音でかき消されて欲しい。

なばなの里の穴場スポット

ランキング1位

大玉は園内のあちこちで見えますが、小玉は場所を選びます。特等席は鏡池!

ただし場所取りが早いので、数時間前には現地に到着しないと良い場所では見られない。

rank2

中華料理の近くでも大玉は十分に見られますが、小玉(低い位置で打ち上げられる花火)は見られないですが、十分に楽しめます。

rank3

なばなの里のメインのレストラン、ビヤガーデンのあるところ。ポイントは、できるだけレストラン付近がおすすめ。


花火大会当日は、なばなの里は、9:00~22:00まで夜間営業を延長しています。

なお駐車場は園内に入る人しか駐車出来ません。係りの人のチェックが入ります。

花火大会が終了すると大渋滞。なばなの里の駐車場から出るだけでも相当かかるので、園内でゆっくりしても帰宅時間はさほど変わらないでしょう。慌てず一休みしましょう。

花火大会終了後、2時間後くらいから渋滞が徐々にスムーズになりますので、それまでは駐車場はどこも大混雑しています。

焦らず安全な場所に停車して、テレビやDVDの鑑賞を楽しみましょう♪

【なばなの里の関連記事】

下記ではレストランのオススメ料理なども紹介しています。

花火大会情報

開催日:2017年7月29日(土)

場所:長良川の中州で、なばなの里のすぐ近くで打ち上げられます。

見所はなんといってもこの地方では最大級の二尺玉。

花火の打ち上げる玉の大きさは約58.5cm、重さは約70kg。これが上空で開くと、直径が480メートルにもなる、巨大な花火が開くので圧巻。

近くでみると、胸にドーンと響くくらいの迫力を楽しめます。

打ち上げ時間

isehanabi

時間:19:30~21:00(変更の場合あり)

打ち上げ数:約10,000発
予想来場者数:19万人

スターマイン、ナイアガラなど定番の花火も。

交通規制 午後6時~22:30分ころまで会場周辺にて。

なばなの里へ提案

花火が良く見られる場所は限られているので、あまり大々的に宣伝しないで欲しい。

もしするなら、会員限定でして欲しい。有料の席を設けて、ゆっくり楽しめる特別コースがあれば素敵です。

結婚間近のカップルや、高齢のご夫婦がゆっくり楽しめる席があれば最高です。体の不自由な方の席もあれば感謝。

それと、もう1つ物足りないのが、屋台。

設置が大変だと思うので、りんごあめ、ポテト、唐揚げくらいは何とかならないかな~

お祭りの雰囲気も味わいたいって思いました。でも、それすると、さらに人が殺到するんでしょうね。

桑名水郷花火大会2017を渋滞を避けるなら穴場『なばなの里』で見る!は、いかがでしたか?

使い地方のこちらの情報もチェックしてみてください

参考 東海地方のイベント一覧

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする