強行採決の指南書・やり方が分かった!激しく怒っています!

連日、子供の喧嘩のような強行採決という見出しが、新聞や各メディアにつけられているのをみると気分が悪くなります。

「これで日本、大丈夫なのか?」

強行採決を与党にさせる、指南書、やり方のマニュアルを考えてみた。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

強行採決のやり方を考えてみた

これまでの野党のやり口から、やり方を考えてみた。(過去に野党に転落した政党も参考に)。

これで決まり!

  1. 何でも反対する。中身なんてどうても良い。とにかく反対する。なんでも反対党になる!
  2. 法案の中身には全く触れない。政党自体が、法案の反対・賛成に触れない。
  3. 与党の政治家の発言を取りあげ、蒸し返して審議をさせない戦法。
  4. あらかじめ与党が採決するのを見込んで、前もって『強行採決』のプラカードを用意する。
  5. 本来は賛成なのに、与党を失墜させるために反対する。
  6. 与党の呼びかけは、全て無視するか、拒否する。徹底抗戦。中身なんて、どうでもいい。
  7. 審議には、何があっても、どんな提案を与党がしてきても、内容は関係無し。絶対に野党は拒否すると決める!結論ありき。
  8. 反政府のメディアから情報を収集または提供して、与党の都合の悪いことを発信する。させる。・・・ようにしているかもしれません。← ちょっとグレーなので断定しません。

このようにすれば、与党はこのままでは1つも法案が成立しないので、国民ファーストで法案を採決する。← 小池知事風に表現してみましたが、これは正しいと思います。

何でも反対する

何でも反対する。中身なんてどうても良い。とにかく反対する。なんでも反対党になる!

これ、やられたら、与党はどうしようもありません。

もともと、聞く気なんてさらさらないんですから。あの党とか、その党とか、見ていれば分かる。

だから支持率が低下しているのに、それに気づかないから国民から支持率が増えない。

何でも反対党に価値無し。

審議して、与党の法案の欠点を突いて、自分達の政党の方針や対案を組み入れさせなければ、存在意義もなし。

反対だけしても、法案の中身が与党のそのままなら、一体、野党はその法案について何を国民のためにしたのか、まったく分からない。

法案の中身には全く触れない

法案の中身には全く触れない。政党自体が、法案の反対・賛成に触れない。

ありますよね。これ。

審議を見ていると、○○大臣や○○議員の発言を取りあげて、審議自体は拒否はしていませんが、中身を議論していないので完全100%拒否と同じ。

与党の政治家の発言を取りあげ、蒸し返して審議をさせない戦法も同じ。

疑問を感じた女性

これって、国民はどんな利益が得られるのですか?

国益は増えるのですか?

こんなことをして、どこの国が喜ぶのですか?

もっと、どす黒い、国民の私達の目の届かないところで、裏取引がされているとさえ、思えてきます。いまの混迷をみていると。

TPPとか、損しそうだと気づいた国もあるんじゃないですかね。だかた野党が反対したときって、実は与党の策が良かったということを示しているような気がします。

『強行採決』のプラカード

準備万端、反対プラカードが、いつも準備されているところみると、最初から審議する気がさらさらないのを、自分達が示しているのに気づかない。

「何でも反対、反対党」

hantaideke

う~ん。それって国会前でやっている人たちと、どこが一体違うのですか?

もっと高度なやり取りをして欲しいな。

政治評論家やTPP関連の学者さんなどに、詳しく、分かりやすく解説してもらえると、もっとテレビを見るんだけど、反対プラカードのニュース見せられたら気分が悪いので見なくなる。

あらかじめ与党が採決するのを見込んで、前もってを用意するなんて最低。

賛成なのに反対する政党

政党というか、一個人は賛成なのに党の流れに身を任せて反対する。

そういう前言撤回の先生議員はいらっしゃいますよね。イギリスが大混乱をさせた張本人と言われたあの議員さんとか。ろくなことないですよ。

気が動転している母親

ホントに、このままで日本って大丈夫?

本来は賛成なのに、与党を失墜させるために反対するなんて、子供でもできる。

中身はどうでもいい。反対したい党

TPPを賛成だったハズのあの党も、いまは来年あるかもしれない選挙に向けて反対というか、審議拒否をしている。

国益にかなう政策なら、どこから抵抗されてもやるべき。それが国民の大半が反対してもです。それがプロの政治家。

イギリスは国民投票をして、EU離脱と決めました。過半数が離脱の意思表示をしたので、民主主義は、多数で決定です。

でも、その結果、イギリスに明るい未来ってあります?

あれ、国民が離脱を99%の人が指示したとしても、議会で、議員の先生たちの表に出せない情報とか、国民に理解しがたい未来を予見できたとしたら、それは自身を持ってEU離脱反対を議会で提案して決めるべきです。

そもそもUEって意味を後から調べているなんて、正直、国民も大丈夫なのか?って思いますよね。

あ、TPPって説明できます?・・・・・」

日本人にありがちなのは、「良くわからないから先延ばし」思考。

こんな思考をするから、政治家も同じようにしてしまう。そもそも政治家は、私達、国民の代表者であって、独裁政治家ではありません。

そんな国民の代表者をマスコミがたたく論調って、良く考えると気分が悪い。私達が投票した意志や決断をゴミ同然に捨てられたように感じるから。

報道側って、もしかして反政府ですか?

どこかの国の機関なの?

私は頭が悪いので良く分からないので、なぜ反対するのか、審議内容をもっとかみ砕いて論点をメリット・デメリットに分けて、丁寧に説明・解説して欲しい。そんなテレビってないよね。

中身なんてどうでも良いっていう姿勢に、国民は怒っています!

もっと、正々堂々と対案を出すなり、悪いところを示して与党に修正を求めるべき!

まとめ

  • 結局、野党は何をしたいのか?
  • 国益を考えて、TPPをどうするのか?
  • ハッキリ、政党でとりまとめて、ネットに掲載してください!
  • テレビでも、『強行採決』を見せたいだけでしょう?

小池都知事を批判するメディアが、結局は自分達の劇場を視聴者や購読者に見せたいだけじゃん!

不満、爆発!

ちゃんと国益を考えた議論を国会でして欲しい。

それに与党の一部の人、なんでしょうむない発言ばかりするの?

真面目に取り組む与党や野党の一部の議員さんに対して失礼!

まあ、私が政治家になったら1日でクビになりそうだけど。

いろいろ書いたけど、結局、与党と野党しか国の方針を決められないので、両者とも真剣に内容勝負で深みのある論議をして欲しい。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする