100均のスタンド式ルーペに照明をLEDチップで作ってみたよ

スタンド式ルーペ

100均のスタンド式のルーペは便利。だけど1つ不満がありました。

それは見たいものが影になること。

影で暗い

照明の位置を気にして移動するか、LED照明を持ってきて照らしていました。

でも、めんどくさい。

そこでルーペに自作のLED照明を取り付けることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

LEDチップ(smd)5730を使った照明

照明を取り付けて、照らしてみましたが効果はハッキリとでています。

明るさ比較

LEDは、かなり小さいチップサイズを使いました。

led5730の点灯

取りあえずグルーガンで仮固定しました。

パワーLEDを使おうかとも考えましたが、そこまで明るさは必要ないので、小さなLEDチップの5730(smd)を使いました。表面実装用とも言われます。

下記の写真の左は光る部分(表側)。右は裏側で、ここにプラスとマイナスを接続します。

led-smd-5730

補足

5730(smd)の名前は、LEDのサイズが5.7mm×3.0mmからつけられたもの。

今回のLED(SMD Chip)の仕様はこちら。

  • 電流:150mA
  • 電圧:3.0~3.2V
  • ルーメン:50-55LM(懐中電灯の明るさくらい)。
  • 色:White (白)6000-6500K

流す電流と制限抵抗

LEDチップ(smd)のタイプなので、放熱板がついていません。

つけられないこともないですが、今回は放熱器なしで使います。短時間の点灯なので、放熱板は取り付けません。

これで決まり!

LED5730を2個を並列で使うので、電流は2個で40mA(20mA/個)を想定して、電流を制限する抵抗100Ωをつけました。

抵抗=(電圧5V-LED定格電圧)÷ 流す電流=(5V-3V)÷0.02A(20mA)=100Ω

参考 抵抗なしダメ!ledライトの抵抗を交換・改造するときの計算方法まとめ

これくらい電流を制限すれば、パワーLEDと違って普通のLEDと変わらないので、発熱はほとんど感じませんでした。

LEDチップの極性や回路図

ご自身が使われるLEDチップによって、形状が似ていても極性が異なる場合が考えられます。

必ず購入されるページで、極性や仕様を確認してください。データーシートがあれば完璧。

私がいつも使っているオリジナル表記の回路図はこちらです。

HT7750A-5V-led-5730

乾電池1本で5Vに昇圧しています。

今回使用した回路はこちら。>>乾電池1本でパワーLEDが明るく点灯!HT7750Aの『ある回路』がおすすめ!

別の回路 乾電池1本でLEDが点灯した!昇圧回路の簡単な作り方をまとめたよ【入門編】

LED5730の入手性はあまり良くないかもしれませんが、秋月電子さんなどで、表面実装用も同様に使えるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

20個で200円前後だと思います。

LED5730も明るい

5.7ミリ×3ミリの小さなLEDだったので、仕様は確認していましたが明るさが心配でした。

疑問を感じた女性

おそらく仕様上の最大の電流150mAを流せば、2個使えばパワーLED並みの明るさになりそうですが、発熱が激しくて放熱なしでは寿命が極端に短くなるでしょう。

今回は36mA(測定誤差5%くらいあり)でしたが十分。実は抵抗を増やして電流を12~13mAでも使ってみたのですが、そこそこ補助光として使えそう。

LEDから、見る物までの距離が短いですからね。

放熱対策をきっちり行えば、1~数個で懐中電灯くらいの明るさも実現できるかもしれません。

ただチップが小さいので、スペースがあればパワーLEDの方が製作は簡単です。

まとめ

作って良かった!

ルーペスタンドにLEDをつけたことで、照明の位置を気にせずに、どこでも見られるようになりました。

今回使ったLEDチップ(smd)5730は、小型なので省スペースのところにも使えます。

自作照明を作ったり、100均のLEDライトの改造にも使えそう。いくつかアイデアが浮かんできたので、また製作したい。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする