マゴチのエサは現地調達の方が釣れる!?

餌を現地調達

マゴチがいつも食べているエサは、その海にいる生き物たち。

食いが悪い時などでも、違和感なく食べてくれるので釣りやすい。

そんなエサは、どうやって入手すれば良いのか?

簡単です。現地の海で調達すれば良いだけ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

投げ釣りでエサを確保

現地調達が良いと感じたのは、キス釣りをしていたとき。

いつものように投げ釣りをしていたら、アタリがあって巻いていました。

すると強烈な引きがって、びっくり。

釣り上げてみると・・・

わらしべ長者

キスが頭だけになっていた!

衝撃的な写真になるので、イラストにて。

キスが食べられて驚く女性

石ゴカイを針につけて、投げるとキスがかかります。

巻いていると、ちょうどマゴチの前をキスが通過。マゴチからしたら、美味しそうなエサが通ったので、食いつく。

それで強烈な引きを感じたわけです。

これじゃ、釣れない!

キスを食べるマゴチ

頭まで丸呑みされず、胴体だけ食いちぎられてしまったわけ。

まだ食べられたキス、しばらく生きていました。

実は、数投していたら、また強烈な引き。

ついにマゴチが釣れました。

投げ釣りで釣れたマゴチ

これぞ、現地調達の完全な泳がせ釣り!

こういうのをヒントに、泳がせ釣りを考案されたのかもしれませんね。

投げ釣りで分かったマゴチのエサ

現地調達(投げ釣り)して分かった、マゴチのエサはキス。

キス釣り

キスも入れ食い状態で、一緒に釣りをしている相方(同行者)がワインド釣法で爆釣

マゴチの釣果

おそらくキスの魚影が相当に濃いので、それを食べにマゴチも集まってきたのでしょうね。そりゃ釣れるわ。

このことから、投げ釣りで何か魚がたくさん入れ食いになるような海(ポイント)なら、マゴチも釣れる可能性が高いと考えられます。

もっとも河川の汽水域近くでハゼが釣れていても、さすがにマゴチはそこまで上がってこないので、釣れないでしょうね。

河口付近なら、マゴチのいる可能性は高いので、ハゼを釣ってエサに釣れば、マゴチがヒットしてもおかしくありません。

現地調達をする意味

マゴチのエサとなる魚が多く釣れれば、泳がせ釣りで釣れる可能性が高い。

笑顔で指さし これ

もし、投げ釣りしても全く何も釣れないような状況(釣り場)なら、マゴチもいないか、魚影が極端に少ない可能性が高いので、めったに釣れないでしょうね。

初めてのポイントなら、そのようにしてチェックできるので、現地調達の意味があります。

もっともキスやハゼの活性が低いだけで、実際には海底にたくさんいるかもしれませんが・・・

だから、チャレンジする価値はあると思います。

初めての釣りポイントでの私のやり方

初めていくポイントは、私は様子を見るために、このように探ります。

  1. 投げ釣りをする。
  2. 釣れたら、釣ったエサで泳がせ釣りをする。
  3. 投げて待っている間に、ワインド、ジギングでマゴチを狙う。

泳がせ釣りって、待つ時間が長いので、その間にワインドやジグで釣るようにします。マゴチではなくても、シタビラメ、ヒラメ、シーバスなども釣れる可能性があるからです。

またワームを変えれば、チヌも狙えます。

もし複数人でいく場合には、分担してそれぞれ釣り方を変えて、もっとも釣れる方法を探ると釣果アップになるので、相談しましょう。

1つの方法だけで釣りをするより、ボウズを回避でき爆釣になることも。

まとめ

エサを現地調達という発想は、マゴチに限らずチヌなどでも同じ。

チヌが良く食べているカニや、堤防の壁にくっついているイガイ(カラス貝)を使うと、警戒心の強いハズなのに、ぱくっと食いつきます。(反射的に・・・ですが)。

ワインド、ルアー(ジグ)などで釣れないとき、ぜひ現地調達のエサで試してみてください。

【マゴチ釣りの関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする