場所は非公開だけどマゴチの爆釣ポイントを発見した方法!

マゴチ

「マゴチの釣れるポイント、教えてくれませんか?」

YouTubeの釣り動画を公開されている方のところに、場所のおねだりをされる方が、結構、多くみられますね。

だけど、大抵は『場所は非公開』ですと、返されてしまいますね。

いまどき、場所を書き込むと、「地元のわしたちの場が荒れて困る」と、お叱りを受けてしまうので、教えたくても教えられません。

「じゃ、後でこっそり教えてよ」なんて言っても、やっぱりダメ。

人の教えたら「○○さんから教えてもらったよ」という情報が、一気に広まってしまいます。

だから地道に、自分でポイントは探すしかありません。

ということで、私も探しまわりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

マゴチのエサがいるところがポイント

マゴチを釣るなら、エサが多いところを探します。

これで決まり!

  • エサ:イワシ、ハゼ、キス、メゴチ、ボラの子などの小魚がいるところ。

夏であれば、キス釣りの盛んな場所は、マゴチもいる可能性があります。

おおよそ、釣れそうな場所のアタリをつけたら、釣り具店にいけば、最新情報をゲットできるでしょう。

そこで家族で2斑に別れて釣りを開始。斑といっても、合計2人ですけど・・・

爆釣ポイント発見!

いきなり、爆釣ポイントを発見しました。

マゴチの釣果

私はマゴチ、もう1人がキス。

まずは投げ釣りでキス釣り。一投目からキスが、いきなりヒット!

キスのダブル

しかもダブル。幸先が良いですね。

ただし、釣りに不慣れなため、キスに針を飲み込まれて時間をかなり浪費していますが、私はマゴチを狙うので手助けはしません。

キスが釣れるなら、マゴチが期待できるから!

結論からいうと、キスは入れ食い状態。おそらくベテランなら、3~4時間で、100匹単位で釣れたと思うくらい、魚影の濃さ。

それとマゴチの爆釣の予感がした事件が!

それは・・・キスが何者か(魚)に食われて頭だけに。これは、かなりの数がいるに違いない!

ここだけの話

私の少ない経験からですが、近くに小さな川がある周辺(1km以内)の砂浜は、魚の魚影が多い気がするので、そのアタリを中心にポイントを探します。

爆釣したポイントは、こんな感じのところでした。

マゴチの釣りポイント

川からエサが流れてくるので、それを狙う小魚、それを狙う大きな魚(マゴチ、シーバス、チヌなど)が集まるからだと推測。

マゴチヒット

まずワインド釣法で、釣りを開始。

ワインド釣法とは?

参考 必見!【ワインド釣法】私が参考にしている動画リストまとめ

こんな感じに、ワームを動かす釣り方です。

ワインド釣法

ワインド釣法で何度もアタリがあるのですが、なかなかマゴチが釣れるストレスがたまる。

数十メートル離れたところで、先客が1匹、マゴチをストリンガーにぶら下げていたから、マゴチは確実にいる。

お隣(家族です)はキスを爆釣中。

キス釣り

マゴチは必ずいて、海底を泳いでいるはず。

例えば、こんな感じで海底で泳いでいたのでしょう。

まずい。このままじゃボウズかも。何か、私の工夫が足りないので、魚にアピールできていないので、食わないだけ。

そこでシャクるスピードを変えてみて、1秒1シャクリから、1.5~2秒に1回のシャクリに変更したら、いきなりヒット!

サーフ・砂浜から投げ釣り

「きた!」と、叫んでいましたが、波の音にかき消されてキス班には伝わらず・・・ただこちらを見たとき、しなった竿を見て釣れたのを理解したもよう。

シャクり方も、機械的にリズム良くやって釣れないときは、変速する方が良いかも。

結局、私が9匹、キス釣りの仕掛けに1匹、合計10匹。

アタリはその数倍、バラしも5~6回、相当な魚影がいたのでしょうね。

使った釣り道具(タックル)

シーバスロッドと、千円ちょいのリールでのやり取りは、結構楽しめました。

使った竿 ジャクソン オーシャンゲート JOG-807L

糸はPE0.8号、リーダーはフロロカーボン(シーガー フロロマイスター 2号)、または、ナイロンのようなフロロのようなこのライン(デュエル CN500 3号)。

ルアー類はこちらに、まとめています。

爆釣を確信した出来事

ちなみに私が9匹、キス斑が1匹。キスが釣れたとき、泳がせ釣りのような感じて巻き上げるときに、マゴチがヒットしたようです。

実はこれ2回あって、1回は逃げられ、1回は体が食いちぎられた。

キスが食べられて驚く女性

写真があるけど、刺激的なのでイラストで自主規制

マゴチの活性が高い日か、時間帯(地合い)だったようです。

まあ、こんなことは、1年で、そう何回もあることじゃないでしょうね。運が良かったとしか言いようがない。

おそらくキスが浅場にいたので、それを狙ってマゴチも集まっていたので、ワームへの反応も良かったのだと思われます。

ハゼのいる河口付近にも、マゴチが釣れることがあるので、誰も狙っていないなら、爆釣するかも。

河口のポイント

漁港もポイントです。ワインド釣法、ルアー、泳がせ釣りなどで狙ってみては?

YouTube BottomAttackerChannel yoshiOkさんの動画『夏と言えばデカマゴチ!! ライトタックルで狙う漁港スーパーマゴチゲーム』が参考になります。

マゴチではなく、ヒラメが釣れることもあります。

マゴチがいる砂浜を探しまわったら発見

日本って国土が小さいので、釣りができる砂浜も意外と狭いのが分かりました。

「車にしても自転車、歩きにしても、そんな時間なんてないよ」なって方もいますよね。

でも大丈夫、いまどきGoogleマップや、ストリートビューさえあれば、わざわざ現地に行かなくても、ある程度の場所は絞り込めます。

適当に場所を探してみました。例えばGoogleマップなら、こんな感じ。

ストリートビューだと、もっと拡大して見られます。

そこで発見した場所、調べていたら誰か他の人も狙っている場合が多い。やっぱり、考えることは、みんな同じかな。

ただ地元の人だけしか知らないポイントは、まだまだ見つかります。

あとは、実際に行ってみないと分からない。

疑問を感じた女性

  • 根掛かりが多いのか?
  • 砂地なのか?
  • 水深はどれくらいなのか?
  • 魚影は、濃い、薄い?
  • 何が釣れる?

さらに季節によって、海藻がびっしり生えてきたり、流されてきて釣りにならないことも。

これなんて、季節性があるから、夏は良くても冬はダメってことがあるから、実際に釣りにいくまで分からない。

それらも含めて、ポイントを探すので手間暇かかります。

それをネットで「あんたが釣れたポイント、ケチケチせずに、教えろや!」なんて言われてもね?

関連 釣りのポイントをネットで質問すると叱られる件

答え合わせは、実釣して確かめてください。

基本、砂浜は、生息可能地域であれば、どこにでもキスやマゴチが潜んでいる可能性があります。

魚影の濃さは違うでしょうから、あまり多くの釣り人がやってくると、すぐに資源が枯渇して釣れなくなるかもしれません。

だから内緒にしたいですよね。

関連記事 公開された釣りポイントは釣れなくなる?その原因を考えてみた

地元の人になるくらい通う

1回の釣行だけで、爆釣できる可能性はかなり低いです。

私の場合は、下調べにかなり時間をかけていますが、運が見方してくれないと難しい。空振りの方が多いです。

例えば、ある釣り動画のユーチューバーさんが爆釣した場所に、私や視聴者さんが行ったら、ぜんぜん釣れなかった。

その爆釣したユーチューバーさん本人も、次に行ったときは、「あんまり釣れなかった」というのは、良くある話。

実際、(釣り)ユーチューバーの方も、ボウズ(釣果ゼロ)の日もあると聞きます。動画としては、面白くないのでアップしていないだけ。

爆釣したのには、理由があるハズ。

疑問を感じた女性

  • 潮の流れ
  • 潮位 今回は、中潮で満潮3時間前にポイントに入れました。
  • 季節(釣れる時期)
  • 水温
  • にごり(透明度)
  • エサの状況
  • 釣り方
  • 投げる飛距離

釣り人が殺到して、場荒れしていないか・・・など。

そもそも魚影が薄いと、どんな釣り方をしてもエサを変えても釣れませんからね。

季節的に、魚が岸から数百メートル沖の深場に行ってたら、砂浜からは届かないから釣れません。

これを見極めるために、頻繁に釣り場に足を運んでいると、徐々に分かるようになります。

やっぱり、あきらめずに釣り場に通うのが大事かも。私は釣れなくても、波の音を聴きながらボーッとしているのも好きです。

ちなみに、今回、爆釣した同じ場所でボウズをくらいました。その時の原因を考えてまとめました。>> 苦潮だった?誰も釣れない時の原因はこれかも!

下記の記事も読むと、さらにマゴチ釣りに詳しくなります。

【マゴチ釣りの関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする