ママの時短メイク|カサカサ乾燥した日のスキンケア3選!

朝のメイク

子育て世代のママは、朝はわずかな時間も貴重ですね。

「あ、遅刻!」

子供を保育園や幼稚園に預けて、その足ですぐに出勤。しかも今日は早く行かなくちゃいけないときに限って、子供がぐずってよく眠れず、気がついたらもう時間が迫ってる。

そんなとき、男性ならすぐに支度できますが、女性の場合はメイクに時間がかかります。そこで最近はメイクの時短がクローズアップされています。

そんな時短スキンケアの例を3つ厳選して紹介します。

忙しい時のスキンケア3選

忙しい日々の中でもこの3つは、特に忙しい時間だと思います。

  • 忙しい朝のスキンケア
  • お風呂上がりの即効スキンケア
  • 疲れた日の時短スキンケア

この3つの時間さえクリアできれば、お肌に大きなダメージを与えることなくケアできるでしょう。

忙しい朝のスキンケア

洗顔と美容液

うちでも、もっとも修羅場は朝イチ。ここを乗り切らないと、その日が始まらないですからね。運悪く、自分も疲れがたまってわずか15分寝坊しただけでも、かなり時間がなくなります。

そんな時にまず削るのは食事の時間。食事は冷凍食品をうまく加工して、できあい感を出さない様にしたり、前日の夜に朝食の準備をすることもやっています。そして、その時間を確保してメイクに使う様にしています。

洗顔 → 化粧水 → 美容液・・・乾燥しやすい部分 → 乳液

メイクは基本、ナチュラルを心がけています。乾燥した日は、晴れた日が多いのでUVクリームを使うので、ナチュラルメイクでも安心。

乳液も時間もないので、乾燥しやすいポイントだけにしています。これだけでも時短が数十秒。

お風呂で即効スキンケア

子供とお風呂

お子さんとお風呂に入っると落ち着かないですね。メイクもいつ落とすかで悩みどころですね。

  1. クレンジングを落としてお風呂に入る。
  2. お風呂で落とせるタイプなら、お風呂で落とせば手間が省けます。

そこでおすすめは、水で洗い流せるタイプが時短スキンケアの必須アイテム。

忙しいママだからこそ、お風呂に入って同時にできるアイテムを使うのが楽できます。しかもこの洗い落とすタイプはオイルタイプと違って、肌への負担がぐっと減らせるので、敏感肌の方にも最適。

クレンジングを落とす温度は、熱すぎず冷たすぎない程度のぬるま湯が基本です。

いつ洗顔する?

問題はクレンジングを落としたら、洗顔をいつすればいいのか?です。お風呂から出る直前に洗顔するのが、乾燥を防ぐ意味ではいいタイミングだと思います。

もちろん、小さなお子さんと一緒に入っていると、そう計算通りにはいかないものですね。うちの子みたいに急にぼせてしまったり・・・

私は大丈夫でした。

一般的に浴室は湿度が90%以上、100%に近くすぐには蒸発しません。湿度計を設置すると分かりますが、カビが生えやすいくらいの湿度ですからね。実際に両方を試してみたのですが、あまり差が無いように思います。

シャワーと湯気

おそらく浴室が寒くなるくらい、勢いよく換気しているところでは、すぐにお肌が乾燥するかもしれませんが、普通のユニットバスでシャワーを使っていると、湯気が立ちこめているので、あまり過度に心配しなくても私は大丈夫だと感じています。

実際に自分のお肌に聞いてくださいね。

もっと気になるのは、浴室から出た後です。お子さんの体を拭いたりしていると、顔の肌の潤いがどんどん低下して、服を着た頃にはすでにカサカサになっている場合もあります。こちらの方が問題。

脱衣所

どうしてもお風呂上がりは、子供と一緒に入ると自分は後回しになってしまいます。その短時間の間にも、顔から水分が蒸発しているので、パサツキ感がでてしまいます。

それを嫌って脱衣所に加湿器を設置する方もいますが、私はそこまではしていません。子供ができるだけ自分で服を着られるようにさせて、自分のスキンケアの時間を作るようにしています。

子供は手をかければいつまでも甘えてばかりで自立できないので、子供が自分で出来る様に助けています。

お風呂から出た後、かさついているようなら、肌がまた温まって毛穴が開いている間に、化粧水で水分を補給して美容液をコットンに染みこませてお肌に優しく染みこませます。数分くらいで十分に浸透していく感じです。

この数分だけはママから、女性のケアの時間を使って欲しいと思います。このわずかな時間の肌ケアが、数年先のお肌の劣化を予防します。

疲れた日の時短スキンケア

疲れた女性

「やばい。」

ちょっと横になったつもりが朝になってしまう。そんな経験はないでしょうか? 特に週末は疲れが蓄積していて、明日はみんな休みだからと、油断もあるのでかもしれないのですが、メイクが適当になりがち。

そんなときは、ささっとできるスキンケアがおすすめ。手を抜くより断然、こちらの方がおすすめ。

朝や風呂上がりなども、どうしても時間があまりかけられない場合には、オールインワンジェルだったら、素早くできます。

化粧水・美容液・乳液・パック・クリームが1つのアイテムでできる。

1工程でできるので、これ以上の時短はできないという感じ。

いくら疲れたときでも、1アイテムだけを使うこのわずかな時間だけはせめて確保して欲しいと思います。探したら良さそうな物を見つけました。

いつまでもきれいなママでいるための大切なスキンケアですから、時短スキンケアをするのにも、自分の肌にあったものを使いたいですね。朝の忙しい時間にも活躍してくれます。

シャワーで肌にダメージ?

以前、友人からお風呂で洗顔するときに、シャワーを顔に当てると肌が傷むと聞いてびっくり。

「なんで、そうなるの?」結構食い下がりました。

シャワーの流速よりも、洗顔で手が顔に触れる力の方がなんとなく影響が大きいと感じていたからです。

洗顔

ニキビ予防にもシャワー洗顔が良いと聞いたことがあったので、シャワーくらいで肌の細胞が痛むようなら、外出先で強風にあたっただけでも顔の皮膚がめくれるんじゃないの?なんてことを言い合ったものです。

実際に試してみたら

実際にシャワーで洗っていますが、そんなに影響は感じません。むしろ毛穴が開いて汚れが取れる感じがしています。私も肌が弱くて敏感肌だけど。

様々な情報があるけど、実際に自分で試して効果を確かめて、その実感だけを頼りにしています。人によってはシャワーがダメかもしれないけど、うちのシャワーの流速(流量)では影響なしという判断をしました。ちなみに節水ヘッドで、比較的やわからな感じです。

それぞれの肌の具合やシャワーヘッドも個人差があるので、なんともいえませんが自分の肌に聞いて確かめてみましょう。

ボディも乾燥対策

顔はオールインワンジェルを使うと時短になりますが、乾燥対策はボディも欠かせません。特に私のように乾燥肌の方は、体の保湿ケアを怠ると、あちこち『かゆみ』を伴います。

最低でもボディーローションや乳液を塗って防ぎたいものです。もしどうしても時間を省きたいときは、ボディソープで保湿タイプを選ぶことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする