目覚めが悪い・だるさを感じた時にやるべき3つの事のあれ!

体がだるい

目覚めが悪く、起きてからしばらくは体のだるさを感じていました。

家族からはは夜が遅いので「疲れがたまっているよ」と言われました。そこでしばらく夜の10時には寝るようにしました。

最初は寝られなかったのですが、徐々に早めに休めるようになりました。ところが目覚めが悪いのは変わらず。

そんなとき、あることをしたら体もスッキリするようになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

目覚めの悪さはこれが原因だったよ【対策付】

夜遅くて疲れがたまっていると思って、早めに寝るようにしましたが、ぜんぜん改善されずにいました。

そんなとき、あるテレビ番組で睡眠サイクルについて解説されていました。

人は睡眠サイクルがあって、レム睡眠とノンレム睡眠があると。これはすでに情報としては知っていたのですが、「それがどうよ」って感じでした。

ところが体のだるさと関係が深かったのです。

体のサイクルに合わせてタイマーセットしてる?

体の睡眠サイクルは約1.5時間で変わります。

レム・ノンレム睡眠

寝床に入って眠りに落ちて数十分すると、もっとも眠りが深くなります。その後、1.5時間毎に眠りが浅くなります。(個人差があります)。

もし眠りについて40~50分してから誰かに起こされたら、深い眠りなので脳が寝た状態なので、無理に起こすと体もだるくお子さんだったら、不機嫌になる状態です。

このサイクルからずれて起床していると、最悪の目覚めになります。

  • 1.5時間後、3時間後、4.5時間後、6時間後、7.5時間後くらいに浅い眠りになります。

このパターンで起きるとすっきり起きられます。もっとも3時間睡眠では、疲れが完全に取りきれずに頭はすっきりしていても、体がだるい可能性があります。

深い眠り

私は普段は睡眠時間が5時間くらいなので、毎日、深い眠りのときにわざわざ、無理して起きていることになります。

起きるなら睡眠時間は、6時間くらいがちょうど良い感じですね。

笑顔

これなら目覚めが悪いのは当たり前ですよね。無理に起きても体のだるさは消えません。まあ、普段は睡眠不足なのでダメダメでした。

休日にたっぷり寝て疲れを取っている感じでした。

すっきり起きるなら、このサイクルに合わせてタイマーをセットすべきだと分かりました。

起床時間から逆算して寝る

レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)の理論さえ分かれば、あとはそれを利用すればOK。

6時間後にすっきり起きられるので、朝5時に毎朝起きるので、そこから逆算すれば夜の11時に毎日、寝ればちょうどすっきり起きられるはず。

そこで早速、夜の11時は寝るようにしました。

とこが・・・しばらくはだるいまま。

困った女性

「おかしい・・・」

で、考えてみたのですが、ベッドに入ってもすぐに眠れるわけではないので、きっと6時間はねていないな~と。

それともう1つ大事なのは、あくまでも睡眠サイクルは平均であって、人によって誤差もあるし、おそらくその日の体調にもよると思うんですよね。

そこで22時30分頃には横になるようにしました。

その結果・・・やっぱりダメ。

なんで!?

体を寝る状態に

計算通りに体って働かないですね!

ほぼ睡眠サイクル通りにはなっているはず。少し余裕もみました。

計算通りに寝られるようになるのに、1週間くらいは体が慣れるのに時間もかかりました。

でも、ダメ。

まだ足り無いものがありました。それは体が寝る状態になっていなかったこと。

寝る2時間前からの準備が必要だった!

やっと朝の目覚めの悪さとお別れして、体のだるさからも開放される日がやってきました。

私がやったこと。

  • 寝る2時間前に、夏は39度、冬は40度のお湯に10分ほど湯船に浸かった。
  • 寝る30分前に部屋の照明を暗くする。
  • 寝る前に本を読む。

この3つを行いつつ、寝る6時間30分前に寝たら、朝のめざめがすっきりして、起きられるようになりました。

最近、夜の9時、10時頃には眠くなって寝てしまうので、朝は4時頃に起きてしまいます。

朝はいろいろ効率が上がる!

目覚めが悪いと感じたら、ぜひ睡眠サイクルを考えて試してみてくださいね。

でもどうしても、夜が遅くなってしまい、朝、起きられないときもあります。

強制的に起きるならこれ>> これしかない!タイマー付きコンセントのおすすめNo1

下記を読むと、さらに朝起きに強くなります!

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする