渓流釣りのミャク釣りでニジマスもアマゴも釣れる!管理釣り場の主をゲット!

管理釣り場

お隣さんより多く釣れた!

管理釣り場で初めてニジマス釣りをしたとき、最初は釣れたのですが、その後釣れなくなり苦戦しました。

「放流してもらった魚ほど釣れない」

その一方、お隣さんは、バンバン釣れてる!

「何で?」

そこでお隣さんが、なぜ釣れて私は釣れなかったのか、考えをまとめました。それがミャク釣りと、ある工夫です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

釣り方とポイント

ミャク釣りのポイント

これで決まり!

ミャク釣りは、エサをまるで川で流されてきた自然なエサのように、見せかけることができます。

川の流れのはやい石がゴロゴロした浅い所(瀬)では、玉浮きでさえ使いづらい。そこでウキを外して、糸から手に伝わる感覚だけを頼りにして釣りをします。

この方法は他の魚へも応用できます。

例えばハゼ釣りも足元で釣れるなら、このミャク釣りの方が直接アタリが伝わるので、釣りとしては断然、面白い。

補足:ウキ釣りは、ウキが沈む視覚の楽しみがあります。

もしまだウキなしのミャク釣りをしたことがない方は、ぜひ手に伝わる引きだけで楽しんでください。

仕掛けのポイント

釣り方はウキを外すだけ・・・といえば、それまでですが、問題も発生します。

例えば糸よれ。

延べ竿で道糸とハリスを直結することがあります。大抵の方は竿に糸をぐるぐる巻いているのではないでしょうか?

これでは糸に巻き癖がついてしまいます。

投げ釣りであれば、ヨリモドシ(スイベル)を付けているので、糸のよれを戻せます。しかしこのミャク釣りでは、ヨリモドシが重いとせっかくのアタリが鈍くなります。

そこで糸を巻く場合は、竿に巻くのではなく、糸巻きを使うか釣りをする度に交換します。

極小のヨリモドシ

それでもよれが気になる場合は、極小のヨリモドシを使います。

通常、投げ釣りで使う場合のヨリモドシと比べてみました。

小さいでしょう?

これを使えば影響が少なくなります。無理して使う必要はありません。

風があるとき

  • ミャク釣りの欠点としては、風の影響を受けるとアタリが分かりにくい。
  • また風が強いと狙ったポイントに届かない。

こんなときは、ダイソーでも売っているガン玉を使います。これをつけると、風に流されにくくなるので有利。

ダイソーガン玉セット

あまり重いオモリをつけると、アタリが取りづらくなるので、2Bくらいを基準にして、取り付けましょう。

取り付け方は、一般に針から20cmくらい上につけますが、針につける場合もあります。ポイントや魚によって釣果に影響がでるので、現場で試しましょう。

釣れないときは、色々試すと経験値がアップします。

ミャク釣りは道糸を細くする

アタリをより分かりやすくするためには、道糸を細くします。

道糸を細くすると、風や空気の抵抗を減らせるため、より敏感に魚のアタリを捉えることができます。

渓流釣りでハリスが0.4号なら、道糸は0.8~1号程度の糸を使います。

太さの基準はハリスを基準に道糸を決めます。

ハリスの号数 道糸の号数

ハリスの決め方

魚の大きさ、釣り場の環境、釣る魚種などによって、ハリスの太さを決めます。

例えば20cm以下の小型であれば、ハリスは0.4号で十分。30cmくらいの大型のニジマスも混じっているようであれば、ハリスは0.8号程度は欲しい。

海でも同じ考え方

  • ブラックバス(小型)
  • シーバス(セイゴクラス)
  • メジナ・グレ(こっぱグレと言われる小さい赤ちゃん)
  • メバル
  • キス、ハゼ

道糸はハリスよりも太くして、根掛かりなどから仕掛け(ウキなど)を守るために、太くするようにします。

たまにハゼ釣りをしていると、セイゴ(シーバスの小型)がかかることもあります。

※キスも産卵時期になると、河口や砂浜のかなり浅いところで釣れることがあります。

へち釣り(落とし込み釣り)も同じ発想

渓流釣りでは、ウキを使わず海釣りの『へち釣り(落とし込み釣り)』と同じ考え方です。

エサを自然に落として、魚に食わせる釣り方なので、発想は同じですね!

どうやれば、自然のエサに見せるか?

ミャク釣りでエサを自然に見せるのには、魚がいる場所よりも上流から流すと、魚は自然なエサと勘違いします。

エサを食べないときの一工夫

困った女性

釣れない~。

管理釣り場で魚を放流してもらって30分~1時間くらいで、急に釣れなくなります。そんな時は一工夫すると、お隣さんよりも釣れるようになります♪

工夫のポイント

ミャク釣りで、魚の上流からエサを流してるのに、エサを全然食べようとしないときは、こんな工夫が必要です。

  • 針が出ないようエサで隠す。
  • ハリスを細くする。
  • ハリスを20cm~50cmくらい長めにする。
  • エサを変える。

とくにエサを変えるのは効果が高い。

管理釣り場で買ったイクラは、釣り初めてからしばらくすると、どの魚も徐々に警戒しはじめます。

よく「スレてる」という言い方をしますが、警戒している魚を釣るのは一苦労。

そこで少しでも警戒心を下げるために、針や糸を目立たなくしたり、他の人とは違うエサで釣ります(管理釣り場のルールに従ってくださいね)。


私が効果が高いのは、管理釣り場の足元にある石をひっくり返すと、虫(川虫)がでてきますが、それを使うと食いが良くなります。

その川にいる天然の虫こそ、もっとも魚が警戒心が低いものです。それでも釣れないときは、魚が相当に警戒しているので、なかなか釣れません。

それともう1点、注意点があります。魚が人間の姿を見ると警戒心が強くなるので、できるだけ魚に見つからないように注意して釣りをしましょう。

初心者の人は、川からのぞき込んだり、大声をあげたりしますが、それでは魚はどんどん警戒します。

釣りは魚との知恵比べなので、負けないようにしましょう。← だからこそ、釣りって面白い!

ここで紹介した方法を実践すると、管理釣り場でなかなか釣り上げられない、主のような大きなニジマスやアマゴ、イワナなどがかかることがあります。

あれ、釣れると感動ものです。

下記の目次では、釣りの基本的な情報をまとめています。

トップ 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする