長野さくらんぼ狩り【飯田】2018年厳選!立ち寄りスポット

毎年、この季節はさくらんぼ狩りに家族で出かけます。

昨年は、6月18日(2017年) 長野県飯田市にある田口農園(ドライブイン酒蔵さんの紹介)に、さくらんぼ狩りに行ってきました。

以前、東海地方のぐっさん家という番組で、ぐっさんが訪れたところを観光巡りをしながら、さくらんぼ狩りを楽しまれていたのを参考に、観光も兼ねて出かけました。

信州はこれから良いですね!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ドライブイン酒蔵さんとさくらんぼ狩り

ドライブイン酒蔵

ドライブイン酒蔵さんのところで、その日のさくらんぼ狩りの場所を教えて頂きました。

ここはお酒や長野のお土産屋さんです。当日は、団体さんの昼食の予約がバス2~3台分くらい入っていたように思います。団体予約のみですが、400名くらいまでは食事できます。

おそらく飯田市のさくらんぼ農園と提携されていて、ここから今旬の農園を紹介して頂くような流れになっています。

ホテル阿智川さんとも連携されているようなので、信頼できるところでしょう。今回は、このドライブイン酒蔵さんに依頼することにしました。(今年で2回目!)

あらかじめ電話で予約を入れていたので、スムーズに紹介していただけました。人気なので、当日いきなり行くよりも、あらかじめ予約された方が無難です。

ドライブイン酒蔵の入り口を、入ってすぐ左側が受け付け場所。

今回、紹介されたのは田口農園さん。

飯田市のさくらんぼ(6月11日 田口農園さんにて 筆者撮影)

名前をつげると場所を教えられて、あとはナビを頼りにいきましたが、それほど複雑な道ではありませんが、場所はのぼりを頼りにいく感じです。

今回は、歩道橋のすぐ手前を右折して、山道を登ると数分で目的地に到着したので、迷うことなくスムーズにいく事ができました。

ドライブイン酒蔵さんの場所

ナビ設定の参考 〒395-0151 長野県飯田市北方813−1

電話番号 0265-25-8865
FAX番号 0265-25-8799
最寄りのインター 中央道・飯田インターから車30秒

さくらんぼ狩りの様子

田口農園さんのこちらのハウスは、今年さくらんぼ狩りの初日が6月11日、つまり当日だったのと、朝一番の予約だったことから、1番になりました。

さくらんぼ狩りのハウス

まだ時間前というのと、今シーズンの初日だったので、準備で忙しそうにされていました。

時間前だったのに「ハウス内のイスにどうぞ」と丁寧に案内されました。

「かわいい~」

ハウスの入り口で、うさぎさんのお出迎えもありました。

うさぎ

さっそくハウスに入ると、いくつかの品種があり、色つやが木によって異なります。赤みが強い品種や淡いピンク色のさくらんぼの木などがあります。

さくらんぼの様子

写真では分かりづらいですが、普通のサクランボ狩りの木より、一段低い木になっていて、早い時期なら下の方なら小さなお子さんでも、十分に手が届くところに鈴なりです。

サクランボが鈴なり

足元にはシートが、あちこちに敷かれていて種はカップに入れるようになっています。

ハウス内の様子

ちょっと変わった真っ黒なサクランボがありました。

アメリカンチェリーではなく日本の品種です。見た目は黒いですが、甘味は他のさくらんぼに負けないです。

黒いさくらんぼ

今年は雨が少ないので、糖度が高く甘味が強い印象です。

ちなみにさくらんぼ狩りでよく見かける佐藤錦は、色が淡いですが甘味が強いです。

印象としては、まっ赤なさくらんぼは、色に反して余りより酸味が少し強く感じます。甘いか、適度な酸味か、好みで選んで食べられるのも、さくらんぼ狩りのメリットですね。

こちらの田口農園さんのさくらんぼは、大きな果実で大満足でした。

なお、予約や農園の場所は、ドライブイン酒蔵さんにお問い合わせください。

>> ドライブイン酒蔵

あ、こちらでもお土産ものを数点、購入しました。写真忘れた。

飯田周辺の観光地

お菓子の里 飯田城と、水引工芸館せきじま、少し離れていますが、かんてんパパに行ってきました。

さくらんぼ狩りに行かれたら、せっかくなので立ち寄ってみてください。

お菓子の里 飯田城

お菓子の里飯田城も、ぐっさんが来られています。こちらも昨年に引き続き2回目。

お菓子の里 飯田城

店内は撮影しませんでしたが、入ると赤飯まんじゅうの試食をすすめられました。

印象ががらっと変わりました。これならお土産に良いかも。やっぱり試食って良いですね♪

赤飯まんじゅうの試食が美味しかったので、購入♪

電子レンジで800W15秒で、出来たてほかほか。

見た目があまり好きそうなまんじゅうではありませんでしたが、一口食べると「美味しい!」。

店内にて珈琲も頂きました。ちょっと苦かったけど、美味しい。

珈琲

今回は、機械トラブルで量がこぼれそうなくらいコーヒーが入りました(汗)

今回のお目当ては、アップルパイ「並木物語」。

地元で採れる新鮮なりんごを使った一品。

並木物語

少し冷蔵庫で冷やしてから美味しく頂きました♪

つやつやして美味しいそう~

並木物語(アップルパイ)

たっぷりリンゴが入ってます♪

カットした並木物語

さくらんぼ狩りの帰りに、立ち寄ってみてはいかがですか?

お菓子の里 飯田城の場所

ナビ設定の参考 〒395-0152 長野県飯田市育良町3丁目1−12

年中無休
TEL 0265-22-8877
FAX 0265-22-8855

水引工芸館せきじま

「水引工芸館せきじま」さんも、ぐっさんが出かけた所です。

水引工芸館せきじま

水引は祝儀袋の鶴などの飾りことです。

水引とご祝儀袋

材料は紙で作られています。

店内には、この水引を作りながら面白く解説してくれるコーナーがあり、「水引工芸館せきじま」の人気の1つ。

さらに店内を奥に入ると、水引を使った美術品の展示が無料で見られます。

水引で作られたお花や金色の五重塔は圧巻。宝船や甲冑までも、水引で見事に再現されているを拝見したら、「すごい!」というほかありません。

まさか、ここまでの作品を作れるとは予想していませんでした。

最後に水引を使った数々のお土産ものが販売されています。販売というよりも、一つ一つが作品なので展示といった方が良いかもしれません。

こちらはお土産に購入したものです。由来などは、現地で説明を聞かれると楽しいですよ。

水引のおみやげ

5円玉の方を財布に入れていたら、1年後、ちょっとだけ運気がアップした感じが。

水引工芸館せきじまの場所

ナビ設定の参考 〒395-0156 長野県飯田市中村1138−2

お菓子の里 飯田城と水引工芸館せきじまのルート

3km 車で約6~8分の距離。

いずれも飯田インターから近くなので、さくらんぼ狩りの帰りに立ち寄るのがベスト。

このあと、少し離れたところに移動しました。

場所はかんてんぱぱに向かいました。

詳細 かんてんぱぱ(工場見学)とグルメと見所まとめ!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする