長島スパーランド 花火 2016【最新】 混雑状況と日程・開始時間を一発チェック!

長島花火
(2015年8月1日筆者撮影)

長島スパーランドの今年始めての夏の花火大会を、実際に見物に行ってきました♪

初日ということもあり、かなりの人出や渋滞になるのは予想していましたが。。。

実際には意外な結果が待っていました。この記事では、日程や駐車場の混雑状況、アクセス方法などをまとめています。(延長が決定しました♪)

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

混雑状況

これで決まり!

駐車場は園内はプールのお客さんで日中はかなり混んでいますが、さすがに13000台も駐車スペースがあるので、止められないということはまずありません。

混雑する時間は、プールで楽しむ午後4時頃になると、帰宅する人で混雑が始まります。

花火が午後8:30に終わると、駐車場は混雑しますが大渋滞というほどではなく、約10分くらいで園内を出られます。

車

私は初日の8月1日にでかけましたが、東名阪自動車道まで多少の混雑はありましたが、ストレスが溜まるほどではありませんでした。長島のすぐ近くのICに乗る車で少し混雑する程度でした。

初日は混むと考えて入園者が少なかった可能性あり。通常の休日は花火開始の前後1~2時間は渋滞が続く可能性も。

時間とガソリンにゆとりをもっておでかけください。というのも大渋滞だったらガス欠になるところでした(^^;)

ETCのおかげで、かなり渋滞も緩和されつつある状況です。10分程度のゆとりがあれば大丈夫でしょう。

ただし気温があまり上がらず過ごしやすい日の週末は、でかける人が多くなるので混雑は増えるかも。(プールのお客さんは減るかな。)

日程・場所・時間 【花火カレンダー】

長島スパーランドの花火大会【開催日】予定日

2016年 長島 花火

追加決定!

9月10日(土)

9月17日(土)

こちらもあります!

開業記念「大花火」(予定)

11/5(土)

・悪天候時は11/12(土)に順延予定

※開業記念大花火は18時~(予定)

8月の土・日とお盆の時期に開催されます。

9月の第一土曜日と日曜日も例年、花火が打ち上げられています。8月に雨が多くて開催が中止される回数が多いと、9月入って延長されることも。

打ち上げ時間

isehanabi

時間:20:00~20:30(変更の場合あり)

30分間ですが、コンパクトにまとまっていて、観客を飽きさせないような打ち上げ構成になっています。ぶっちゃけ長島の花火を間近で見られるなら、何万発も必要ないという感想です。

打ち上げ数:約1,500発(毎回)
大玉やスターマイン花火、キャラクターの花火など。

参加費用:長島スパーランドの入場券のみ必要
園内徒歩

順路が分かりやすく表示されています。看板さえ見逃さなければ迷うことはありません。

angasima-hanabitatekan

狙い目

花火大会当日は、特別に22時まで営業しているので涼しくなった遊園地と両方楽しめまます。特に花火が打ち上げられているときは、観覧車以外は、人が少なくなるので狙い目。

ennai-garagara

通常の花火大会は、近くでみる場合は席料に数千円徴収されますが、長島スパーランドなら入場料のみで間近で見られます。足場も良いので、高齢者の方や小さなお子さん連れにぴったり。

3分のダイジェスト版

7分半のダイジェスト版

花火のココがポイント!

hanabikaijyou01

会場内では、花火の種類や名称などがわかりやすく解説されますので、初めての方でも十分に楽しめます。ただし日本語のみ。 

ポイント

会場はなぜか向かって右側に集中しますが、まだガラガラだった左側の前列付近に迷わず座りました。なぜか左側はかなり余裕がありました。

浴衣の女性

とはいえ、指定された見物場所なら、最初の仕掛け花火以外は後ろでも十分に楽しめるくらい至近距離です。ビデオ撮影だったら、少し後ろの方が全体像が撮影できるので向いています。風向きによっては、煙などが前の方にくるので後ろの方が良いかも。

園内の良く見える位置には、花火直前になると次第に人が集まるのですぐに分かります。

移動時間

湯あみの島から開場までは16~17分くらいかかります。意外と時間がかかるので早めに開場に足を運びましょう。

会場は18:30に開場しますが、19:00までに入れば、まだ前の方で座れました。

花火開始直前の様子
(打ち上げ直前の満員になった様子・個人が特定されないように画像処理しています。

屋台情報

屋台はありませんが、打ち上げ花火会場では、やきそば、フランクフルト、かき氷、肉巻、ポテトフライ・・・などありますので、待ち時間の間にビールで一杯楽しめます。

浴衣の女性

花火を一目見ようと、浴衣姿で花火見物を見られる若い女性の姿も、あちこちにいらっしゃいます。

日中は暑いですが、夜の打ち上げ時間帯であれば浴衣でも過ごせます。余程の酷暑日でもなければ、ゆかた姿も素敵です。

★敷物(レジャーシート)などは忘れずに。万が一忘れても芝生なのでそのまま座れます。また150円で販売もされています。4人の方は2つは欲しい。

交通規制

日本一のジェットコースターの数があるのがナガシマスパーランド。

新たに新設された関係なのか、駐車場の入り口が昨年とは変わっています。時間帯によって変わっている可能性もあるので、かかりの誘導に従えば迷うことはないでしょう。

  • 遠方からお越しの方へ

駐車場が混雑しますので、ゆとりをもって早めに到着されることをおすすめします。

時間が遅いとかなり遠くしか駐車場が空いていないので、夏場はかなり暑くなるので水分補給などは欠かさないでください。

注意事項

花火大会当日は、特別に22時まで営業していますが花火が中止になるような悪天候の場合は営業時間が短縮されます。

飲み物・食べ物の持ち込みは禁止されています。テントやイス、テーブルなどもNG。自撮り棒、セルカ棒なども使用できません。

こちらもおすすめ

時間があえば、観覧車からの花火も素敵。時間のタイミングが難しいですが。
スチールドラゴン寄りで花火を見るのがおすすめ。

園内に食事をする場所があります。小さなお子さんなら、キッズレストランがおすすめ。入園の際に案内図をもらってください。

浴衣

浴衣で花火を楽しむとお祭り気分も加わりますね。当日は浴衣で出かけると、お祭り気分を味わえますが、遠方から交通機関を使って来る場合は、どこかで着替えるのがベスト。

プールで泳いで、そのまま浴衣に着替えるのもありじゃないかな。

でも浴衣ってあんまり使わないですね。そこで最近では買わずにレンタルも人気です。

>>浴衣 レンタルを楽天市場で詳細を見る。<<

送料無料の返却プランが多いので、とても便利。一式セットになっていると楽で良いですよ。

参考 浴衣で下着が透けない日本製!インナー対策で決まり!

注意事項

最短ルートでも、数キロは歩くことになると思います。はき慣れた靴で出かけた方が無難。

水分補給は必須!

水筒などは持ち込み出来ませんが、あちこちに自動販売機があるので、小銭や千円札を持って行かれるといいでしょう。

三脚などは人混みでは危険で使用できないと考えてください。写真撮影はフラッシュが光らないようにしましょう。

まとめ

花火を見るなら花火会場が一番!

乗り物に乗るなら、6時過ぎ~花火が始まるころが狙い目です。料金も安くなるも嬉しい。

湯あみの島でご両親にゆっくり温泉に入ってもらい、子供達は遊園地、ご夫婦で花火見物というプランもいいかも。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする