猫の痙攣(けいれん)発作|この症状が続いたら命の危険!

まず、落ち着いてください。

通常は数分で痙攣(けいれん)は5分以内で収まります。しばらく様子をみてください。

猫が痙攣

スマホで猫ちゃんを撮影しておく

様子を冷静にスマホで撮影しておくと、治療が必要なときにこの映像を見せれば、獣医さんが治療をする情報になります。

「どうしたの!」

声をかけたり、体をさすったりしても、猫は完全に意識を失っている状態なので、いまはじっと見守ってください。

おおよそ5分以内で、発作は治まります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

発作の時間と回数で危険度が変わる

下記のような症状が発生したら、すぐに獣医さんのところに、猫ちゃんを運んであげてください。

  • 発作が5分以上続く。
  • 1回の発作が5分以内でも、2回以上、痙攣を起こす場合。
  • 意識が戻らない。
  • 体調が戻らず元気がない。

このようなときは、深刻な病気の可能性が大。重責発作と呼ばれ、重篤な状態になることも。すぐに動物病院に運び、適切な治療を受けさせてあげてください。

ペットには救急車はないので、車に注意して、冷静で慎重に、そして交通ルールを守りつつ急いでください。

猫の周りに空間を確保する

体が跳ね上がります。

猫が痙攣を起こすと、体が上に跳ね上がるような症状になる時もあります。このようなとき意識がなくなるので、飼い主の言うことが聞こえません。

そんなときに体を揺すると、条件反射で手を噛まれる危険があります。

通常のじゃれて噛むのとは違い、手加減しないて力任せに噛まれてしまうので、飼い主が思わぬ怪我をする恐れがあります。

発作が治まるまで、手が届くくらには近寄らないのが安全です。

場所の確保

その間、猫が暴れてどこかの角にぶっつけて怪我をしないように、周辺にあるものを移動させてましょう。

スペースを十分に確保してください。

落ち着いても心配なときは、獣医さんに診せてあげてください。

獣医さんに支払う治療費

気が動転している母親

人間のように国民健康保険がありませんので、実費負担になります。

検査は血液検査、MRIをする場合もあります。

さらに薬の代金もかかるので、5万~十数万円になることも。さらに手術になれば数十万円はかかります。

このようなときのためにペット保険にあらかじめ加入しておくと、いざというときに猫ちゃんの治療費で悩まなくて、最高の医療を受けさせてあげられますし、後悔しなくてすみます。

人間の赤ちゃんが痙攣発作を起こした

ママと赤ちゃん

山奥のレストランのお座敷で食事をしていたときのこと。隣に小さな赤ちゃんを連れた若いご夫婦がいらっしゃいました。

急に赤ちゃんが痙攣発作を起こしました。

近くにいた私達は騒然としましたが、お母さんは赤ちゃんを冷静に症状を確認して、救急車を呼んでいました。

旦那さんは焦っていましたが、お母さんは慣れた感じて、どうやら痙攣はこれが初めてではないようです。

こちらが動揺していましたが、おそらくママさんは緊急、応急処置をされていたかも。

もしや看護師さんか保育士さんで、職業上、経験がある方だったのかもしれませんね。とにかく冷静な判断をされていたので、周りのお客さんやお店の人も一安心。

やはり落ち着いて対処されていると周辺の人も、より正確な判断ができるようになります。いざというときこそ、落ち着くのが命を守る近道ですね。そのことを改めて実感しました。

その後、救急車がやってきて近くの病院に搬送されました。そのときには、すでにお母さんはお会計も済ませていた手際の良さに、改めて関心しました。

自分にはとても、あのような冷静沈着な態度はできないだろうと思いました。

まとめ

猫の痙攣発作は、症状が猫ちゃんによって異なります。不自然な動ぎをして、震えているかと思えばはねるような動きをします。

このようなことが続くと命の危険があるので、普段からの体調管理にも十分に注意してあげましょう。

参考 猫のけいれん|子猫が突然に歩けなくなりました【対処法】

ペット保険は、健康なときしか入れないので、心配な方は早めに加入をおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする