(夏・冬)猫のクーラーの適温は何度?意外と分からない設定温度

このページでは、猫ちゃんのクーラーの適温・設定温度についてお伝えしています。

最近、子猫をもらって飼うことになりました。普段の日中は仕事で出かけるので、猫ちゃんは家でお留守番。

だけど真夏になると室内が40度近くになりそうで、クーラーで冷やさないと熱中症になるかもって心配になっています。冬の場合は暖房の設定温度も注意しましょう。

でも猫ってクーラーを、何度くらいに設定すると適温になるのか、分からずに調べたら見つかったので下記のようにまとめました。 

猫に優しいクーラーの設定温度

エアコンの設定温度

真夏の冷えすぎ注意!

設定温度は、28~29度が一つの目安。毛が長い、短いや年齢、猫の種類にもよるようです。寒冷地で育つ猫ちゃんだと、寒さには強いのですが、暑さには弱いので適温の設定は28度くらいが適温

日本で一般的に飼える猫ちゃんなら28~29度で良いと思います。人間と同じにするなら28度に共通させておくと、温度変化は少なくてすみます。

注意するポイントは、陸上に生活しているほ乳類ですので直接、冷風が体に当たるのはあまり良くありません。最悪、帰宅したら・・・悲劇になると大変。

風向きには注意してくださいね。壁へ向けたりして、直接床に向けないようにするのがポイント。冷え過ぎには注意しましょう。

真冬の設定温度

夏と違って外気温が低下しているので、設定温度は20度設定で十分です。

室温がすでに15度程度あれば、エアコンで暖房する必要はありません。多少の温度差がある方が、猫ちゃんも気温の変化に適応できます。15~20度くらいなら十分に適温。外を走る猫ちゃんもいるくらいですから、あまり過度に温かくする必要はないでしょう。

設定温度に迷ったら(夏)

子猫が寝ている画像

留守にしている間の様子はわからないので、万が一を想定して毛布やタオルに隠れられるようにしておけば、猫ちゃんの方が体温調節をしてくれます。

そういえば冬になると、自宅に帰ってきた車の下にに猫が潜り込んでいますが、あれは車のエンジンなどの熱を利用して温まっています。ご機嫌が悪い場合は、温度が合っていないかもしれませんね。

暑い所が好きな猫ちゃんかもしれません。そういう時のために、留守番の時は猫ちゃんが移動できるようにしておけば、自分で調節してくれるので安心ですよ。

除湿モードよりも、普通に冷房モードの方が電気代は抑えられます。ただし梅雨時期など、湿度が高い時は、ドライの方が猫ちゃんの体にはいいので、その辺りは調整してください。

クーラーの節電

ただ気になるのは電気代。一日中、クーラーを付けっぱなしにすると電気代が気になりますね。まずはフィルターが汚れていると、室内が冷えにくいので、きれいにしましょう。

窓が2重構造になっていなければ、プチプチを貼ると冷気が逃げにくいので有効ですよ。障子や襖にすき間がある場合も、カーテンやプチプチでふさぐと効果的。

冬の場合もプチプチは暖房効果を高めるのでおすすめ。

最近のクーラーは加湿機能も付いて、さらに効率が良くなっているので5年、10年前の機種を使っている方は、一度、消費電力を確認してみると良いですよ。1日、付けているのでその効果がより出てくるから買い換えも検討してみてください。

暑くて体力を消耗しやすい時は、特別なシンプリーキャットフードが良いかもしれません。

参考 シンプリーキャットフード

参考 猫の保険【会社一覧】サクッと分かる特徴まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする