妊娠中に風邪をひいたら?薬以外で治す方法と予防のポイント!

妊娠してから風邪をひくと大変。妊娠中は市販薬は飲めない。

「どれなら飲んでも良いの?」

残念ですが、どの薬のパッケージにも、妊婦さんは控えるような記載がありました。

体がだるくなってきました。そんなときにできる対処法とは?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

妊娠初期とそれ以降で風邪の対処は違う

妊婦と子供

妊娠初期、例えば1週目は仮に風邪をひいても、風邪薬を飲んでしまうと思います。

いまのところ、初期であれば胎児への影響はないとされています。もちろん後から、あのとき妊娠していたんだと分かるくらい初期ですからね。

しかし妊娠中は、市販薬を飲むと胎児に奇形や重大な障害が発生するおそれがあるので、禁止されていると考えた方が良いでしょう。

「でも、どうして妊婦用の薬って開発されないの?」

製薬会社にも事情がある

薬と体温計

どの製薬会社も責任問題に発展して、訴訟でもされたら困るので飲ませられないでしょう。

それは別に製薬会社の怠慢ではなく、臨床試験ができないからです。薬を開発して体に影響があるのか、最終的には人でテストをしてデータを取ります。

でも胎児への影響があるかを試験するのは、倫理上の問題もあるでしょう。それにテストを受けたいお母さんがいるとも思えません。私はとても無理。

ですから市販薬がどういう影響があるかを、製薬会社が人間で確かめることができません。難しい問題ですね。

「それなら、病院なら薬はもらえるのでしょうか?」

病院で薬を処方してもらえなかった!

「市販薬はダメだろうけど、病院だったら薬をもらえるでしょう?」と、私はそう考えていました。

病院で妊婦に影響がない薬を処方してもらえるかもしれませんが、私の時には妊娠の恐れがあると伝えると、「それでは薬は出せません」と言われました。

旦那の方がつらそうでした。

症状にもよるでしょうが、病院でも薬がもらえない場合があることだけは知っておいてください。

考えてみれば、病院で処方される薬だって市販薬と同じで妊婦で試験はできませんからね。

ただし医師が薬の成分を確認して、胎児に影響がないと判断した場合には処方してもらえるかもしれません。

それでも風邪をひいたら病院へ

医師

体が辛いときは、まずは病院で診察を受けて医師の判断に従いましょう。妊娠に関連する情報で命に関わるものは、ネット上の情報を鵜呑みにすると危険。

一人で悩んでいる間に、どんどん悪化してしまう方が危険です。とくに妊娠中は免疫力が低下しやすくなります。

それにもし何か急変したときでも、一度先生に診てもらっていれば心強いです。

また家族に後から「だからさっさと病院にいっとけば、こんなに悪くならなくてすんだのに」と、責められることもありませんから。これが一番大きいかも^^;

風邪を治す特効薬?

質のよい睡眠は風邪の特効薬かもしれません。

病院にいって薬を処方してもらえたとしても、睡眠はとても大事です。

病院に行けない野生の動物は、みんな病気になるとじっとして動きません。寝ながら自分の免疫力を高めて治しています。

妊婦と赤ちゃん

大事なのは早く疲れをとること。寝ると日頃の疲れも癒せます。自分の為だけに休むのではなく、お腹の赤ちゃんのためです。

それに風邪は今回は治っても、また次もひいてしまいます。体の疲れから、二度三度と体調が悪化することもあるので、予防も心がけてください。

7時間以上の質の高い睡眠が大切です。少しでも風邪っぽいと感じたら、旦那には申し分けないですが、赤ちゃんのためにも早めに寝るようにしましょう。

予防対策は厳重に!

私の場合、咳が辛くてもダメかと思ったくらいです。それで、「もう絶対に風邪はひかない!」と決めて、家族にも家の中にウイルスを持ち込ませないよう徹底しました。

チェック

  • 玄関には手を消毒するアイテムを置きました。
  • 空気清浄機や加湿器も設置。
  • インフルエンザが流行する前に、マスクは家族に着用させます。
  • 手洗い、うがいは当然です!これは基本。

インフルエンザの予防接種だけでは不十分。あれは、感染を予防するのではなく感染しても軽くすむようにするだけ。

外でうつされないのが最も大切ですから。

買い物は、私も行くときもありますが、簡単なものは主人に買ってきてもらいます。また重い物はネット通販を活用しているので助かっています。

ぜひ、この機会に徹底的に予防にも力を入れてください。元気な赤ちゃんが生まれてくると良いですね!

かなり喉の痛みが緩和されて楽になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする