脳はだませる!辛い時こそ笑う効果を確認したら分かった!

セミナーの様子

「脳は簡単にだませる!」という話を聞いてきました。

苦しい時や、悲しいときに、それを実践すると効果が分かるらしい。

「だけど、そんなことって」・・・と半信半疑でした。

「だったら自分でもやってみよう!」ということで、早速、実験をスタート。

やり方は簡単です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

私も脳の騙し方をやったら、効果があったよ

笑いながら

笑ってから「あぁ辛いなぁ・・・苦しいなぁ・・・」と、声を出して言ってみる。

次に、暗い顔で同じ言葉を言ってみる。

暗い顔で辛いなと話す

この2つを比べると、笑った方が、だいぶ楽に感じました。

笑ってから言ってみたのですが、あまり辛さを感じなかったというか、まだ口元が笑っていたんですよね。

なんか不思議。

笑うと楽になるメカニズム

脳は、作り笑いと本当の笑いを区別せず、表情筋が笑う動きをしたと察知しただけで、楽しい感情が起きるよう指令を出すそうです。

だから「苦しい時ほど笑おうよ!」は正解なんですね。

口角をあげて、作り笑いをするだけで脳は簡単にだませるのだから。考え方やものごとのとらえ方も同じだそうです。

マイナス思考でとらえるより、ポジティブに考える癖をつけるようにすると、やがて習慣になります。

今までならストレスに感じられるような出来事でも、楽に乗り越えられるようになるそうです。

ハッピー脳のしくみは、意外と単純なんですね。

ポイントは、意識しなくても出来るまでやること。習慣化するまで実践するのが大事です。

毎日の生活に「笑い」を取り入れてみる

笑いが大事だということは、いろんな例でも分かりました。

ところが、人間ってすぐに忘れてしまいます(汗)

私はある日から笑わなくなりました。

そういえば・・・

母がとても親しい親せきの方が病気で2週間泊まりのため、家を開けていました。その時、私は笑っていなかったような気がします。

普段、一緒にいても女同士は、とにかく話すことがたくさんあります。一人で面白いテレビを見ていても、爆笑まではしていないような・・・

だけど1人暮らしのときは、話し相手はいないですよね。そこで毎日の生活に「笑い」を取り入れる方法を伝授します!

笑顔の女性

まず鏡の前の自分にニコニコ笑ってみる。

白雪姫に登場する魔女のように、「私ってキレイでしょ?!」って呪文を唱えながら。って書いていたら想像しただけで笑ってました(笑)

そして、「こうしなさい!」「こんなことしちゃダメ!」という命令?言葉ではなく、「こうするといいね!」という肯定して話すことで、会話が和んで笑顔がうまれるはずですね!

もしお母さんに「いつまでも家でダラダラしていないで、何かしなさい」って言われたらカチンときて反抗しちゃうかもしれませんが。

「一緒に外に出掛けたら、楽しいかもしれないね」とか、

「天気が良いから洗濯したら、早く乾くかもね」って言い方が違うだけで、素直になれるし笑顔になれそうです。

脳はだませるので、辛い時こそ笑ってみましょう。

ちょっとしたことで、心がハッピーになれるので、ぜひ毎日の生活の中に取り入れてみてください。きっと、自分も周りも今までよりも明るくなりますよ。

参考 病気の笑い効果を実証!たった3時間で免疫力がアップした?

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする