尿の濁りと白く泡立つ原因は、検査で分かるあの怖い病気?

「なんか、濁ってる・・・」

体の体調に別に変わったことがないのに最近、トイレにいくと尿が白く濁っていることってありませんか?

普段のおしっこは、薄い黄色、レモン色っていう人もいますが、もし泡だっていると、ちょっと注意した方が良いかもしれません。

あの病気かもしれませんよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

肺結核で尿が白く濁る

女医さん

結核菌に感染すると、初期症状として尿が白く濁ります。その後、高熱が出始め、激しい痛みを伴うことがあります。

その他にも様々な病気の可能性があります。ここでざっとあげただけでもこれだけあります。

  • 腎臓結石
  • 尿管結石
  • 前立腺がん
  • 膀胱がん
  • 腎臓がん
  • 腎盂腎炎(じんうじんえん)
  • 急性膀胱炎
  • 尿道炎
  • 性器クラミジア感染症
  • 淋菌感染症

聞き慣れたものから、あまり馴染みのないものまであると思いますが、命に直結する危険な病気もあるので、異常が3日異常続くようなら医療機関で検査を受けるのがよろしいかと。

尿検査でわかること

検査の様子

尿検査は健康診断でも基本中の基本ですね。

ちょっとした風邪でも、必ずといっていいほど尿検査をされます。詳しい病名は省きますが、私達が聞いたことがある数十もの病気を調べることができます。

癌もその1つです。腫瘍マーカーを聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、尿にもそれがあるので、確認することができます。

この尿検査で異常が発見されると、血液検査やレントゲン、CT、MRIなどの高度な検査に以降していきます。

尿は体が異常になったときに、そのシグナルを色や濁り、おりものなどで知らせてくれています。そのわずかなサインを見逃さず、診察を受けると命が助かる可能性がぐっと高まります。

たかが尿の色といわず、怪しいと思ったら医師の判断を仰ぐのが大切です。

内科、泌尿器科で診察を受けましょう。女性特有の症状かもしれませんので、婦人科も検討してみてください。

なお性的な病気の可能性もあるので、パートナーにも異常がないか確認しましょう。

もしかすると、うつされた可能性もあります。あとで取り返しがつかないことにならないようにしましょう。

風邪を引いただけでも尿は濁る

風邪の症状

少し怖くなったかもしれませんが、大抵の尿の濁りはたいしたことがありません。

例えば、ちょっと風邪気味で体調不調になると、尿が白く濁ることがあります。

風邪薬を飲むと、黄色の色が濃くなることがあります。このようにほんの些細なことでも、尿の色に反映されるので、意外と繊細なことが分かると思います。

食事でも濁る

女子の食事会

繊細と言えば、前日に食べた食事によっても、尿が白く濁るケースがあります。

金曜の夜、焼き肉屋の食べ放題で満腹になるまで食べて、飲み続けると肉やおつまみのたんぱく質を取りすぎてしまいます。女子の食事会は・・・

そうなるとシュウ酸カルシウムという成分が、尿の中に結晶化されて濁ります。この場合には大抵は、翌日にはいつもの色に戻るので心配はありません。

問題は、数日経過しても異常が続くケース。食べ過ぎて胃腸など内臓の機能が低下している可能性もあります。食べ過ぎはほどほどに。

もし4~5日しても続くようなら、異常が深刻かもしれません、医療機関で検査してもらいましょう。

疲れた体を癒やして予防するには?

おかゆ

食べ過ぎ、胃腸のもたれ、風邪などで体調がすぐれないときは、食事の量を減らしましょう。

たまにこんな勘違いな人がいます。

「病気のときは、力を付けなくちゃいけないので、たくさん食べろ!」

「残してどうするの? それじゃいつまでも病気が治らないわよ!」

実は病気の時は、あまり食べると治りが遅くなります。

「え~ウソでしょう?」と私も思いました。

ところが食事をすると、食べ物を消化するのにエネルギーをかなり使います。

でも体の体調がすぐれないときには、余分なエネルギーが少ないので分解しきれないことがあります。

食べて消化するにも体力が必要

だからいまの体力で消化できる食事となると、分量を減らしたりお粥にするのは利に叶ったことだったのです。

もし具合が悪いときは、消化の良いものを食べて早く横になって、静かにしている方が早く自然治癒います。

でもその判断基準が分からないので、病院に早めにいって適切な治療を受ける方が家族も安心です。

まとめ

「尿の濁りと白く泡立つ原因は、検査で分かるあの怖い病気?」はいかがでしたか?

たかが尿ですが、油断していると大きな病のサインかもしれないので、いつもと違うと感じたら、他に調子が悪いところがないか、自分でもチェックしてみましょう。

下記も一緒に読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする