沖縄の12月の気温と服装は?

シーサー

沖縄旅行で年末年始は、非常に人気が高い季節。那覇空港から一歩外にでると、南国の風が出迎えてくれます。

近くの道路には、赤いハイビスカスの花も出迎えてくれます。でも油断は禁物。寒い日もあるからです。

この『沖縄の12月の気温と服装は?』では、平年の天候状況などをお伝えします。日中と夜の違いや海の様子などもお伝えしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

気温と服装

21度

沖縄の那覇市は12月の気温について。
最高気温21.度 最低気温16度 平均気温約19度

参考データ
東京の気温は、最高12度 最低3度 平均7度

長袖

日中、温かい日はごくまれに25度近くになることもありますが、基本、短パンや半袖では寒いです。

沖縄の12月の服装

感覚的に12月の沖縄の気候は、5月の頃の陽気で、長袖1枚あれば十分に過ごせる服装で良いです。

注意点

ただし本土まで寒気が降りてくる時や、風が強い日は体感温度が下がります。さすがに手が冷たくて動かないなんてことはありませんが、12月も下旬になると始めての方は予想以上に寒さを感じるかも。。

薄手を1枚

ホテルのビーチを散策するのも、波の音を楽しみながら語り合うのも素敵ですね。ただし雨の日などは、朝は冷たく感じることがあるので、風を通さない薄手のウインドウブレーカーを1枚持って行くと安心です。

レンタカーで移動される場合は、車内は熱くて冷房をかけるのですが、寒い方もいるので出かけるときも、長袖(トレーナーなど)を着用されるのが良いですよ。長袖の下にTシャツを着ていれば調整できます。また日焼けにも注意したいので、薄手の長袖を基本に移動しましょう。

夕方から夜にかけては寒くなるので、厚手でないと肌寒い。服装に迷ったら、目安は5月のゴールデンウィーク頃の服装なら問題ありません。

海の様子

曇りと晴れ

水温は24度くらいですが、年末頃は22度くらいまで下がるので、ダイビングをされる方はご注意ください。

泳げませんが、天気が良い晴天の日は波も穏やかで、青い海が広がります。日差しが強いほど、海の色は濃い青になります。曇りの日は青さが薄く感じます。

ただごく希に低気圧が近づくと、台風並みの日もあり海風も予想以上に寒く感じるでしょう。風が強いと、海中を見られるグラスボートが出られない場合もあります。現地の天気は変わりやすいので、ホテルなどで天気をチェックしてから出かけましょう。

天気に恵まれるといいですね。朝早くビーチをあるくときれいな貝に巡り会えるかも。

イベント

ホテルなどでもイルミネーションや年末年始に花火が打ち上げられたりします。クリスマスイベントなどもたくさんありホテルの飾りはクリスマスバージョン。

イベントがたくさん催されますが、あまりあちこち移動すると渋滞に巻き込まれるので、絞って出かけられるのがおすすめ。特に那覇市の空港付近の市街地に近づくほど、混雑が増します。

高速道路は比較的、スムーズに移動できます。

【沖縄のおすすめホテル】

【沖縄の関連記事】

【ぜひ立ち寄って欲しいところ】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする