大人ニキビの原因でわかる!洗顔では治らない理由とは?

大人ニキビが治った

 大人ニキビの原因ではっきりわかるのが、洗顔をしただけではニキビが治らないケースが多い。

その理由ですが、大人のニキビの場合の原因が洗顔不足だけではないからです。もっとも大事なのは、自分にあった肌ケアにあると分かります。

それでは、大人と子供では何が違うのか、そのその辺りを対比させてみていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

思春期のニキビができる原因

ニキビのイラスト

「ニキビってどうして出来るのかな?」

ふとした疑問がでてきました。調べていくとあることが分かりました。

ニキビというのはニキビ菌が皮脂などを食べて増殖して、毛穴などで増殖することによって皮膚が炎症を起こす皮膚病です。つまり思春期は、ニキビが誰でも出来やすいのです。

大人と違い思春期の子供さんは成長期。この時期はまだ、皮脂腺と呼ばれる毛穴から皮脂を分泌させる機能が発達途中で、うまく皮脂を毛穴から出すことができません。

その影響で分泌量が多いおでこなどを中心に皮脂が蓄積しニキビが出来やすい。毛穴から脂(あぶら)が出やすくテカテカになってしまいます。

毛穴に詰まった皮脂が主な原因ですから洗顔をすれば、かなり予防ができるのが思春期のニキビの特長と言えるでしょう。洗顔しても皮脂の分泌は思春期の間は活発なので、しっかりと洗顔をする必要があります。

大人ニキビの原因とは?

大人ニキビの原因は次の様なものが該当します。

  • ホルモンバランス
  • 乾燥肌
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 偏食
  • 紫外線
  • 自律神経の大きな変動

「該当するものが多そう・・・」

大人になると、皮脂の分泌自体は低下します。ベトベトするよりも乾燥してカサカサしてくる度合いの方が高いでしょう。ここが思春期と大きく異なるポイント。

毛穴に皮脂が大量に詰まっているわけではないので、洗顔をしすぎると大人の肌は傷んでしまいます。するとシミやしわのリスクを高めることになるからです。

大人のニキビは洗顔だけしても治らないというのはそういう意味合いからです。

女性は生理(月経)など女性ホルモン卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモンなどの影響がありますが、このバランスの変化で皮脂が増加してニキビが出来やすくなります。

ニキビ顔

このように原因がたくさんあるので、皮膚科で治療をしても治りにくいのはこの為です。殺菌するクリームを塗って一時的に改善したとしても、原因が除去できてないとニキビが繰り返し何度でもできるのが特長。

 それぞれの項目を1つずつ改善するのは、簡単なようでかなり難しいでしょう。とくにストレスや自律神経は関連していて、現代のストレス社会を反映しているともいえます。

食事も偏食しないで、バランスの良い食事をできれば一番なのは、誰もが理解しています。しかし、それが出来ずに困っています。 

そこで手軽なニキビケア商品が人気です。ニキビケアについてはニキビとダイエットの深い関係を参照してください。

ニキビケアについて

綺麗な女性の肌

大人ニキビ用の化粧品の種類はたくさんありますが、肌質によって効果があったり、肌を傷めてしまったりします。

相性が大きいので、まずはパッチテストなどで確かめて2ヶ月くらいは、しっかりと塗って確認するのが大切。

高価だからと、規定量よりも少ないと効果がでないので、しっかりと使いましょう。選定はテレビCMや雑誌広告だけで判断をしないで、自分の肌に合うかどうか試して判断しましょう。

もちろん化粧品を使う前の洗顔は必須です。自分にあうものを探すのに、いくつか乗り換えるのも1つの手段として有効だと考えます。

ニキビケアで成功するカギは、自分にとって真の原因を見つけて、早めに改善するのがポイントだと考えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする