泳がせ釣りのエサはこれ!マゴチを例に紹介します!

アジの泳がせ釣り

「泳がせ釣りのエサは、何を使えば良い?」

泳がせ釣りは、初心者でも大物が釣れるので、人気が高い釣り方です。釣り方は簡単で、エサとなる魚に針をつけて、あとは投げて待つだけ。

たったこれだけで、30~60cm級のマゴチやヒラメ、シーバスなどの大型の魚を狙えます。

とこがエサが問題。

私がやっている方法を、下記にまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

泳がせ釣りのエサ

泳がせ釣りのエサは、第一番はアジ。

これで決まり!

私がヒラメを釣る時に使ったエサは、現地でサビキで釣ったアジ。

サイズは10cmくらいでしたが、ヒラメが食らいつきました。

なぜアジがエサに良いかというと、現地調達しやすいから。

ただ問題は・・・アジは回遊魚。

参考 アジの泳がせ釣りの仕掛けなら、初心者も大物が釣れる!

港や堤防に群れが回ってこないと、釣れないことも多い。そんな時は、別の小魚を使えばOK。

例えば・・・

釣れた小魚をエサに!

現地の釣り場で、釣れた魚をエサにするのが一番!

港で釣り

やはり、その海の大型の魚は、何を食べているのかというと、その海を泳いでいる小魚。

だから現地で釣って、それをエサにするのが一番釣れる。いつも食べている魚なら、警戒心も低くて、釣れやすい。

そこで私が泳がせ釣りをするとき、サビキ釣り。それで釣れないときは、投げ釣りでエサを確保します。

キスの投げ釣り仕掛けの比較

まずは針6~7号くらいの市販の仕掛けに、イソメ(ゴカイ)などをつけて、投げ釣りをします。

参考 初めてのキス釣り!針の大きさ(サイズ・号数)はこれ!

ハゼ・キスもエサ

キス釣り私が好んでエサに使いたいのは、ハゼやキス。

余ったら、持ち帰って天ぷらにすると美味しいですからね!

エサがたくさん釣れたら、バケツやクーラーボックスにブクブクを入れて、5匹程度を活かしておきます。

何十匹もいたら、ブクブクでも酸欠になるので、それ以上の魚は持ち帰り用として、クーラーボックスに入れて冷やしましょう。

参考記事 釣り用【電池式のエアーポンプ】選び方とおすすめ!

エサの付け方

元気な魚を背中や目の上(頭・鼻の付近)につけて、泳がせればOK。

アジの泳がせ釣り【針の場所】

食いが悪い場合は、頭と背中に針を2つ掛けます。

こちらはキスを泳がせた場合。背中部分にがかじられることがあるので、そこにも針をつけると、掛かる確率が上がりますが、魚が弱るのが早くなるかもしれません。

キスを泳がせ

キスの場合、背中に針をつける場合、口にしっかり針を掛ければ、ちょっとだけひっかかっているだけでOK。あまり深く食い込ませると、ダメージが大きく早く息絶えてしまうかも。

これでマゴチが、食らいついてきます!

天然の泳がせ釣りの実釣

8月にキスとマゴチ釣りに行ったとき、投げ釣りでキスを釣っていたら、キス独特のあの強い引きがあって巻き上げていたら、ググーッと仕掛けが持っていかれ、びっくり。

急に軽くなって、リールを巻いていくと、頭だけを残したキスがいました。

キスが食べられて驚く女性

実際にかじられた写真を撮影しましたが、一応、自主規制でイラストにしました。

キスが掛かった仕掛けを巻き上げているとき、マゴチの前を通過したのでエサだと思って食いついてきたのでした。

実はこの後、キスが釣れて、また巻き上げていたら、さっきと同じような強烈な引きを感じました。

キスを食べるマゴチ

これって、天然、自然にできたキスを泳がせた釣りですね。今度は、しっかりと頭まで食いついたようで、40cm弱のマゴチが釣れました。

投げ釣りでマゴチが釣れました。

感覚的には、この投げ釣り仕掛けで釣れるのは、このサイズが限界かもしれません。ハリス(現状は1号)を太くしないとバレそう。

ハゼもキスも釣れない時

エサとなるハゼやキスもいないとき、現地で釣れる魚を使います。

ゼンメ(すぐに息絶えるけど)、サッパ、コノシロ、ベラ、ボラ(試したことはない)など。

根魚は、根に潜られる可能性があるので、私はやったことがありません。


何にも釣れない

困った女性

逆にエサとして使えそうな、適当な小魚も釣れないような海なら、それを食べる大きな魚の魚影も薄いので、あまり釣れないでしょう。

食物連鎖の底辺の魚がいないのであれば、私だったら場所移動します。

私がマゴチを爆釣したポイントは、キスも爆釣していたので、小魚(ベイト)が豊富だから、大型の魚も期待できます。

参考 場所は非公開だけどマゴチの爆釣ポイントを発見した方法!

まとめ

泳がせ釣りは、竿をしっかり固定しておくのがおすすめ。

大物が本当にかかると、竿が海に引き込まれます。ドラグを緩めて釣れたら糸が自由にでるくらいにするのが安心。

ただし人が多いところでは、糸がでてしまい隣の仕掛けにからまる(おまつり)ので、注意が必要です。

エサの魚を釣るところから楽しいので、泳がせ釣り、挑戦してみてください。

【マゴチ釣りの関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする