【泳がせ釣り】エサの付け方は人によって複数のパターンが存在?

港のポイント

活きたアジやイワシを使った泳がせ釣りが、最近、初心者の方にも人気急上昇。

ルアーで釣れない時でも、釣れやすいのでオススメ。

でもエサの付け方をどうすれば良いのか、最初は分からないですよ。そこで私のやり方や、実際の釣り場で見た針のさしかたなども参考に、いくつかのパターンをまとめました。

あ、そうそう。YouTubeで同じように釣られている方を見つけたので、動画を紹介していますので分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

エサの付け方

針を1つと2つのパターンに分けて紹介します。

口に刺す

まずは針1本で、口に針をひっかけるタイプ。口がしっかりしていれば、この方法が使えます。アジの口に針を刺す

背中に針を刺す

口が弱そうな魚は、背中に針をかけます。また針が魚の真ん中くらいなので、マゴチなどは針がかりのチャンスが増えます。

関連記事:マゴチのエサは現地調達の方が釣れる!?

アジの背中に針を刺す

YouTube、DK釣り日記さんの『イワシ釣って泳がせたら高級魚釣れた。』では、マイワシの背掛けで釣られています。

口と背中に針を刺す。

アジのサイズも、大小ありますが、小さいものと、大型は刺す場所を変えます。

小さなアジは、目の付け根の上くらいを刺します。大きなアジは鼻の辺りに針をかけます。

YouTubeの釣りよかでしょうさんの『釣りの中で一番釣れる泳がせ釣りの仕掛けを大公開!!』で、その辺りを解説されていて分かりやすいので参考にしてください。

あまり私はやったことがないのですが、お腹に針を刺す方法もあります。

YouTube、南紀和歌山釣太郎さんの『釣れた小アジを泳がせて堤防から吞ませ釣り(ノーカット版)』で、口とお腹に針を刺されています。

孫針の結び方

針を2つ使う場合、孫張りの結び方を覚えておくと何かと便利。

図解で解説するのが難しいので、何とかならないものかと調べていたら、YouTubeで公開していただいたいる方の動画を発見!

YouTube、みらたき。ch【 釣り & Camp 】さんの『【かんたん】泳がせ釣り仕掛け【孫針の結び方】』

針の向きの疑問

針の向きによって、針がかりが変わる可能性が考えられます。

頭から食べる場合と、尾っぽから食べる場合とで、針の向きが影響するかもしれません。

マゴチが後ろから狙うとき、針が進行方向に向いていると、針がかりが悪くなるかもしれません。

こちらの方は、アジを加えたとき針が刺さりやすいように思えます。もっと深くまで飲み込めば、針の向きは関係ないかもしれませんが、食いが浅いときは釣果に差が生まれるかも。

一方、青物などは頭の方から捕食することが多いと言われていますので、食いが浅いときは、こちらの方がかかりやすいかもしれません。

まあ、丸呑みされたら、どちらでも関係ないと思います。

※補足 青物が必ず頭から食べるとは限りません。前を泳いでいる魚が弱って食べやすそうなら、後ろから食いつくこともあるでしょう。

針がかりの確率をアップさせるために、トリプルフック(針が3つ)を使うケースもあります。

まとめ

泳がせ釣りの餌の付け方については「それじゃダメだぜ!」という人もいますが、釣りって好きに楽しめば良いと私は思っています。

やり方、狙い方は、狙う魚や釣り人によってこだわりがあるので、好きな方法でやってみて釣果に差があるときは、おいおい修正・改善をして必殺パターンを見つけてください。

もし迷ったら、背中にかけてみてください。前からと後ろから食いつかれても、針がかりする確率が増えますから。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする