それ危険!泳がせ釣りの注意点を知らないと後悔するよ!

堤防で泳がせ釣り

堤防で、泳がせ釣りをしている人を見かけます。

それ見て、「何て危険なことをしているんだろう」と思ってしまいます。

その人は、本気では泳がせ釣りをする気がないとしか思えない。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

泳がせ釣りの注意点

竿の置き方が怖すぎる!

泳がせ釣りをすると、大きな魚を狙えるチャンスが増えます。

青イソメ(ゴカイ)で釣れる魚は、セイゴクラス。大きいシーバスは、滅多に釣れないですが、アジを泳がせた釣りでは、60~70cmクラスでも釣れる可能性が高くなります。

それなのに小物釣りをしているみたいに、竿を無造作に置いていませんか?

竿は固定するか、ドラグを調整する

3.6mくらいの竿とリールなんて、せいぜい数百グラム。

もし、大型のシーバスが釣れたら、そんな竿、一気に海に引っ張られてしまいます。

気が動転している母親

エサ釣りでも、竿が海や川を引っ張られているのを見た事があります。もし、それを見たことがあるなら、怖くて竿を堤防に寝かせて置くのことはできません。

海に落ちたロッド

投げ釣りで置き竿にしたまま、車の中で仮眠するなんて釣れないからと考えているんでしょうけど・・・。

起きたら竿が水面を泳ぎ回っていたら、どんな気分がするでしょうね。そもそも、そこにあるハズの竿が中ったら、盗まれたと思うかもしれませんね。(盗難はあるようです)。

何ヶ月分も貯めたお小遣いで買った竿とリールが、沖に向かって行くところを見たら・・・

対策

これで決まり!

だから、必ず竿を置き竿にするなら、ひもで固定するか、ドラグを極力ゆるめます。

  • 車の近くなら、竿と車をひもでつなぐ。
  • 堤防なら、水くみバケツと竿をひもで結ぶ。

最低限、これくらいしておかないと、竿の近くにいても間に合わない。

竿を何本か出していて、ひもで縛ると足にひっかかって危険な場合は、リールのドラグをできるだけ緩めます。

リールのドラグ

手でちょっと引っ張ると糸が簡単にでるくらい緩めます。もちろん緩めすぎると、糸を巻いているスプールが外れてしまうので、そのあたりは調整してくださいね。

スプール

スプール

これでも危ないことがあるので、あまり竿から離れないことです。

どちらもできないなら、泳がせ釣りはやめておいた方が安心。竿が海に消えるとショックですから。

竿先に鈴を付けるのも良いのですが、車で寝ていたら手遅れになるので、十分に注意しましょう。

釣り人が多い時

泳がせ釣りは魚を泳がせるので、魚が元気だと何十メートルも移動します。

もし周りに釣り人が多いと、魚が隣の人の仕掛けに絡まるので注意。

そんなときは、移動を制限させます。

オモリで魚の動きを制限

具体的には、オモリを重くして泳ぎ回れないようにします。

小型のアジなら8号もあれば、投げた周りを糸の長さだけしか移動できないので、隣の釣り人と接触することもありません。

初めての方は、オモリで制限をさせた方が安心。

まとめ

泳がせ釣りは、初心者でも大物が釣れるので、ぜひチャレンジしてください。

これで決まり!

「まさか、こんな場所で釣れるなんて!」という可能性があります。

四国、九州地方、和歌山や三重県の潮回りの良い所では、クエなどの高級魚も釣れる可能性がありますが・・・

その他の地域でもシーバスやマゴチ、ヒラメなどが狙えるのでチャレンジしてみてください。また予想外の魚も釣れるかも。

下記の記事を読めば、釣りに更に詳しくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする