PEラインは感度が悪い?初心者はナイロンが一番感度が高いのでオススメ!

PEの感度は良くない

はじめてPEラインを使ったとき、感度の悪さにがっかりしました。

理性で怒りと止める

「あんた、PEラインは余り伸びないので感度が良いのに、何を言ってるの?」

実はPEラインは、適切に使わないと感度が悪くなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

PEラインの伸びと感度は違う

疑問を感じた女性

一般にはPEラインは伸びが少ないから、感度が良い?

そんな常識がまかり通っています。

実際、伸びが少ないから、感度が伝わりやすい特性は間違いではありません。ところが、伸びが少ないから、感度が良いというのは違います。

PEは糸を張れば感度が良い

PEラインは伸びがほとんどないので、いつもピーンと糸を張っていれば感度は良い。ルアーや投げ釣りしたとき、PEラインをピーンと張れば、手にアタリが伝わります。

しかし・・・糸がたるんでしまうと、アタリが伝わずPEラインの感度の良さは実感できません。

糸電話も糸がたるんでいると、相手に声がしっかり伝わりませんね。

ワームを沈めているとき(フォール)、糸がたるんでいるので魚が食べても、竿まで伝わってこないので合わせることもできません。

ナイロンラインは、それでもある程度はヒットを感じることができます。投げ釣りでキスを釣っていても、アタリを感じます。

陸から数十メートルを投げる程度であれば、ナイロンラインで十分に釣りを楽しむことができます。

困った女性

※注 リールとのロッド(竿)のセットで980円などの激安品では、ラインを変えてもアタリが分かりづらいかもしれません。

また、激安ナイロンラインの中には、かなり質の悪いものがあるので要注意。

せめて、このくらいのラインは使いたい。>> 【釣り入門】ナイロンの安くておすすめライン!

アタリがないのに釣れているとき

たまにアタリがないのに、エサを交換するためにあげたときに、魚が釣れているときがあります。

  • 考えられるのは、別のことをしていて、アタリを見逃した。
  • 居食い。エサをその場で食べて魚が移動しないとき。キスやハゼ、カレイなど。

いくらエサを食べても、そのまま動かなければ、さすがにアタリはない。どんなに高級な竿やリール、ラインを使っても無理です。

初心者はPEよりナイロンラインが使いやすい

格安リールに、元からついている糸はダメダメなことがありますが、ある程度のレベルのナイロンラインと、そこそこのレベルのリールを使えば、トラブルはあまりありません。

糸ヨレは、ダイワやシマノさんの3000円以上のリールを使えば、かなり防ぐことができます。

またヨリモドシをつければ、ヨレも防げます。

スイベル ヨリモドシ

まとめ

PEラインは、ルアー(プラグやスプーン)を糸をたるませずに、巻続けるような釣りでは、PE本来の感度の良さ活かせるのでおすすめ。

投げて置き竿にするようなら、たるませないように、しっかり糸を張らないと意味がありません。

ぶっちゃけた話し、5~20メートル程度なら、ナイロンの伸びも気にならないし、PEでも、フロロカーボンでも、好きなラインで良いと感じています。

これで決まり!

それでも初心者の方は、万能なナイロンラインをオススメします。

目次 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする