ペットのための良い動物病院の選び方。追記『愛犬との別れの日は突然やってきた・・・』

動物病院の診察室

私の愛犬は、病院で診てもらうことすら間に合いませんでした。

でも親友のワンちゃんだけは、なんとか間にあって欲しいと思いました。>>犬が倒れた!痙攣と小刻みに激しい息。頭が真っ白に。【体験談】

そのときの私や友人が感じた、想いを、ペットのための良い動物病院の選び方としてまとめました。

もし病気になった家族のようなペットが、病気になったときの参考になれば幸いです。

ここからは彼女が感じたことを中心に、できるだけ当時のことをそのまま綴りました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

初めての動物病院なら設備で選ぶべき

ペットのためには、出来るだけ大きく設備の整った動物病院を選んでください。

これで決まり!

私が通っている動物病院は、とにかく広くて大きいです。

どれくらい大きいかというと、人間が通う大学病院のようなイメージをしてもらえば分かると思います。

私のわんちゃんが通っていた病院は、街の獣医さんがいるような病院と規模が違います。

正面の自動ドアを進むと、右手に受付があります。受付は機械で行います。

診察券を入れ、パネルで診察か、お薬か、それとも面会なのかをタッチして選択できるようになっています。かなりハイテク!?って思いました。

大きな動物病院

次に順番のカードがでてきて、左右や奥にモニターが設置されていて、そこで呼ばれる順番が表示されます。

市民病院などでも同じようなシステムが導入されていますが、まさか動物病院でこのレベルには驚きです。

受付に3人、会計に2人、病院内の案内やパネル操作の説明をする方が2人。

先生が20人以上も!

どんだけ大きいのって、びっくり。

しかも、いつも同じ先生にペットを診察してもらいたいって人は、指名もできたりします。これはすごいと思うのですが。

正面にある受付から、右手側(猫・その他)と左手側(犬)にVの字には、診察室が各10室ほどあり、診察室の前は広々とした待合室になっているので、相当の規模の大きな動物病院です。

また駐車場は、100台以上の車が止められるようになっています。ペット用品のお店や、ドリンクのみのカフェ、入院施設も敷地内にあります。

これだけ見てると、普通の病院施設しか見えません。それだけペットに対する重要性が増しているんだと思います。

動物病院の面会時間

私が通っていた動物病院は、入院中の面会時間は、13:30~18:30まで。この時間がつらい、もう少し遅くまでやって欲しいと思いました。

それと1つ大きな不満があります。

これは大きな規模だからかもしれませんが、入院中のワンちゃん、ネコちゃんに会いにくる飼い主さんが集中することがあります。

そこで待ち時間を少なくするために、お見舞い時間は約15分程度と、たいへん短くなっています。

困った女性

その理由としては、ペットを家族と考えている人達のために、ICU入院しているペットや他の入院中の子たちの事を考えて、時間制限が短くなっているのだと思いますので、仕方のないことだとは理解しています。

でも正直、入院した日は心配で眠れなかった私にとって、わかってはいるけど15分の面会は短すぎる。愛犬が苦しんでいるのに、一緒にそばにいられるのが、わずか15分だなんて・・・

入院の翌日は、すぐ会いたくて面会時間の13時30分には、病院で受付を終えてすぐ愛犬のもとへ行けるようにしました。

初日は幸いにも、面会に来ている家族の方がほとんどい無かったので、「15分を少し過ぎても大丈夫ですよ!」と先生がおっしゃって下さったので、ちょっとだけ面会時間が延びました。良かった。

病院の設備を確認しておくと

ちょっと具合が悪くなったときこそ、動物病院で受診させて病院の設備を確認しておくと良いですよ。

その点、病院が大きいと設備もしっかりしているので安心。

レントゲンやエコーはもちろん、簡単な血液検査なら、少し(30分くらかな)時間待つだけで結果も出してくれます。

この動物病院は自宅から1時間ほど離れたところですが、私がこの動物病院を選んだのは、会社の4~5人の方からすごく良いと聞いていたからです。

笑顔

口コミ、評判って大事ですからね。

愛犬が嫌がる病院に困った

以前は、何かあった時にすぐに行ける、すぐ近くの動物病院に連れていこうとしたのですが、どうしても嫌がりました。

病院の入り口付近で、ふせ状態でぜんぜん動かない。リードを強く引いても、1歩も病院の中に入ろうとしない愛犬には困りました。

なんとか中に入っても、いつもで隙があれば待合室も逃げ出す気で、診察室ではブルブル震えていました。怖かったんでしょう。気持ちは分かる。

それだけじゃなく厳しい先生で、嫌がって動く愛犬を「ちゃんと押さえてください」とぴしゃりと怒鳴られたことも。

医師

そんなに強く言わなくても・・・あれじゃ愛犬だけじゃなく私も怖くて、結局、それを気に行くのをやめました。ほんと、ワンちゃんじゃなくても怖かった。

それとは対象的に、大きな動物病院の先生たちは、とても愛犬に対して優しくしてくださいます。私たち飼い主の気持ちも、良くわかってくれる素敵な先生がたでした。

あ、そうそう。どれだけ人気の動物病院か分かるエピソードがあります。

狂犬病の注射や予防接種の時期は、めちゃくちゃ混み合ってて、順番の番号札が102か103番の時がありました。みんながその病院を選ぶ理由も分かりました。

入院で分かった 愛犬の入院で心配!これって過保護でしょうか?私の愛犬依存症

追記『愛犬との別れの日は突然やってきた・・・』

最新設備と素敵な先生たちがいても、愛犬の寿命を延ばすことができないこともあります。

先生は一生懸命、治療をしてくださいましたが、入院してからまもなく、ちょうど面会にいった15~20分の間に、愛犬が目の前で急変。この世を去りました。

ほんとうにあっと言う間の出来事で、しばらく何が起こっているのか理解できませんでした。

不思議とドラマの悲しいワンシーンを見ているようで、現実のことだと思えませんでした。

そしてしばらく立ち尽くしているのを後で分かりました。

いまはこのように冷静に思い返せるようになりましたが、あのときは頭の中が真っ白な状態でした。

いま思うと、ワンちゃんは、私が面会に来るのを、きっと待っていてくれたんだと思います。私のうちに来てくれてありがとう。。。。

ペット保険って入った方がいいの?そういう話じゃなかったうちの愛犬。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする