もうダメかも!鉢植えレモンの葉っぱが黄色になり枯れてきた!

レモンの葉が黄色

「え、何、これ・・・」

旅行から帰ってきたら、レモンの葉が黄色くなり、枯れてきた。

中には落ちた葉も。

落ちたレモンの葉っぱ

そこで、これまで育ててきた経験も交えて、原因を考えてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

レモンの葉が落ちる原因はこれだ!

レモンの葉が黄色くなる原因を、書きだしました。

困った女性

  • 気温が低い。
  • 根腐れ。
  • 水分不足。
  • 病気

大抵は、この4つのいずれかに当てはまります。

低温に弱いレモンの木

レモンは、温暖な地方で生育する果物。寒いのは苦手。

寒い女性

これは低温で葉が黄色くなったケースの写真です。

レモンの葉が黄色

鉢植え、庭に地植えしたとき、共通して問題になるのは、レモンは寒さに弱いこと。

気温が5度以下は危険。霜が降りると、まず助かりません。全ての葉が落ち、枯れる危険性が高まります。

鉢植えの場合は、寒い時期は室内の陽当たりが良い、温かい場所で大切に育ててください。

人間と同じで、急激な温度の変化も苦手。

窓際に鉢を置く場合は、温度が低くなりがちなので、プチプチを窓になるはどして、窓からの冷気を遮断しましょう。

根腐れ

鉢植えの場合は、買ってきたままの鉢を使うのは1年が限度、2年目は一回り大きな鉢に植え替えましょう。

植え替える土は、基本は同じ。こちらも参考に。

ポイントは、水はけが良いと根腐れしにくい。鹿沼土を使う場合は、粒子の大きめのものを混ぜて、用土に空気が含まれるようにしてください。

庭で植えた場合は、土や根の張りを確認します。根を傷付けないように注意しながら、用土を少し入れ替えます。

この場合、全面的に交換するのではなく1/4くらい交換して様子をみましょう。

ただ、根腐れで葉が枯れるケースは、それほど多くはないと感じています。

水分不足

今回、母は留守番で旅行に出かけたので、水やりは母がやってくれています。

レモンの実

ところが・・・時期は6月の梅雨とはいえ、晴天が続き連日、30度を超える暑い日。

窓際にレモンの鉢を置いていたのですが、窓の怠って高温になって葉が焼けたのが原因。

ただし、水やりをしっかりしていれば、葉から水分を蒸発させて気化熱で温度を下げて、レモン自ら、葉やけから守るのですが・・・

今回の葉の現状は、こんな感じ。

気が動転している母親

レモンの黄色くなった葉

これは病気ではなく、暑さと水不足で葉が枯れたものです。

つまり水やりも忘れてしまっていました(涙)

「だから、言ったじゃん!」

「鉢に植えたレモンは、暑い日は毎日、水やりをしなきゃ枯れるのは当たり前!」

と、言いたかったのですが、言ってもムダなので、ぐっとこらえました。

ホントは一緒に旅行に連れて行きたかったけど、合計30km以上も歩くので、倒れられても困るので辞めました。結果的には暑かったで、レモンの被害ですんで良かった。

と、思うことにしました。

水不足が続くと、新芽も落ちて生育もそこでストップするので、絶対に水は切らさないこと!

ダメージの大きなレモンの木

ちなみに母は、根腐れするから水やりは毎日、やらない主義の人で、言っても喧嘩になるだけで、ぜんぜん治りません。

でもね。植物って急激な水分変化がなければ、水耕栽培でも良く育つのですが。

参考シャコバサボテンを水耕栽培で育ててみた結果【1年後】

参考 室内でミニトマトが鈴なり|トマトのグリーンカーテンを水耕栽培 

レモンの病気で葉が黄色くなった?

レモンの葉が病気で落ちるときの葉の状態は、

  • まだらに色が変色する。
  • 一部が斑点状に枯れる。
  • 葉がしみのように黒い斑点がある。

我が家のレモンの木は、まだ目に見えるような病気の経験は幸いありません。

病気や害虫対策は、植物で共通点もあるので、こちらも参考に。

まとめ

原因はこれ!

暑い時期のレモンの葉が黄色くなり、落ちてしまう原因で考えられるのは、水やり不足。

庭で植えた場合でも、土の状態が悪く乾燥しやすい土地なら、水不足になる可能性はあります。

とくに4月頃に植えたばかりなら、根がまだ深く張っていなくて、水を地下から吸い上げられなくて、葉が枯れた可能性があります。

できるだけ朝、水やりをしましょう。ただし夕方に水やりすると、土の温度が下がるので、できれば避けてください。(湯はダメですよ)。

ただし、葉がしおれているときは別ですよ。

レモンの関連記事:レモンの木を鉢植えで1年育てたら、とんでもないことが分かった!

家庭菜園や水耕栽培はこちらに記事をまとめています。

参考 「 家庭菜園・園芸 」一覧

参考 「 水耕栽培 」一覧

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする