道の駅で買った激安りんごでジャムを作ってみたら激うまだった!

先日、山梨県の小淵沢にある道の駅で激安のりんごを買ってきたので、りんごジャムを作りました。

これが大成功!

簡単なレシピですが、りんごの旨味がでていて家族からも好評で第一弾は、すぐに売りきれ。

そこでまた作ったので、そのときの写真を交えて我が家の作り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

我が家のりんごジャムレシピ

他のお宅のレシピは知りませんが、うちではこのレシピで作っています。

指を差す女性のイラスト

  • りんご:100g
  • 砂糖:60g

あとは、りんごの重量で砂糖を増やすだけです。

今回使った、りんごの重量はカット済みでりんご450gだったので、こんな感じの計算。

りんご450g÷100g=4.5倍

60(g)×4.5(倍)=270g(砂糖)

実際の作った手順

まずりんごの皮をむいて、小さくカットします。

ringo-cut

ringo-kizamu

カットが終わったら、鍋に入れます。

ringo-nabe

ringo-mizu-sio

次に塩を適当に入れます。この分量でおおよそ大さじ1を入れています。このあと、しばらく放置(好きなテレビを見ていました)。

1時間くらいしたら、ザルにあけて塩水を捨てます。

ringo-zaru

水を切ったら鍋に戻します。

次にお砂糖を計ります。お砂糖を控えめにすると、ジャムとしては美味しくないので、遠慮せずに所定の量を入れましょう。

また砂糖を減らすと、保存性が悪くなり日持ちしません。

ringo-satou-270g

計り終えたら、りんごの入った鍋に入れます。

ringo-satou-ire

砂糖を入れておくと、数時間でりんごから水が染み出てきます。それくらいは放置してください。

ringo-satou-nabe(別の日に撮影した砂糖にまぶしたリンゴ)

2~2.5時間、このまま放置していると、写真では分かりにくいですが、水も入れていないのに、りんごから水分が染み出てきます。

ringo-siru

このまま3時間くらい放置していました。この時間はそんなにシビアではないので適当でOK。その後、思いだして加熱を開始。

ringo-kanetu

焦げ付かないようにかき混ぜつつ、加熱を続けて徐々に水を飛ばします。電気の場合は、ここでタイマーをセットしてワット数を下げて別のことをできます。

粘度が高くなり、徐々に水あめのような感じになります。そろそろ、お好みでりんごを食べやすいように潰します。我が家は、りんごの食感を楽しみたいので、ほどほどに形を残しています。

ringo-tubusu

  • そろそろ煮詰まったら火を止め、レモン汁(またはポッカレモンの汁)を少量入れて混ぜます。← 写真を取り忘れました。

ringo-jyamu-iro(別の日に撮影したリンゴ)

どうぞ

完成!

お疲れさま~

できたら、煮沸消毒したビンに入れて、しばらく冷ましてから冷蔵庫へ。

ringo-bin

ちなみにこのビンは、市販のイチゴジャムの容器を再利用したものです。

ラベルもキレイに落とせます。

味は、アップルパイの具材そのもの。美味しい。

りんごの種類によっては、適度な酸味を楽しめたり、甘さをより引き立たせたり、ご家庭でお好みのりんごジャムにチャレンジしてみてください♪

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする