ロッド(竿)の硬さと長さを型番から知る方法とは?アルファベットに注目したら分かるよ

リールとロッド

ロッド(竿)の規格。

いろんなメーカーで発売されていますが、商品名に記載されている型番を見ると、そのメーカーでの竿の硬さがわかります。

これで決まり!

竿の硬さと長さまとめ

記号 かたさ
L  (ライト) かなり柔らかい。 
ML(ミディアムライト) 柔らかい。 
M  (ミディアム) まあまあ。 
MH(ミディアムヘビー) 硬い。 
H  (ハードヘビー) かなり硬い。

他のメーカーと比べても異なるので、同じメーカーの竿の同じシリーズで比べてくださいね。

例)

ダイワ(Daiwa) JIG CASTER(ジグキャスター) 96M 

ダイワ(Daiwa) JIG CASTER(ジグキャスター) 96H 96Mより、かなり硬い。

竿の長さが分かる

  • ダイワ ジグキャスター 106H 

Hはハード、つまり硬めの竿だと分かりますね。

106というのは、フィート(ft)で表記しています。106というのは、10.6フィートという意味。

1フィートは30.48cm。
10.6×30.48cm=323.088

ダイワさんのカタログを見ると、106H 10’6”(3.20m)になっています。四捨五入しているようですね。

おおよそ、1フィートは30cmと覚えておけば十分。

ダイワさんのジグキャスターの例

フィート メートル
8.7 2.62 
9.0  2.74 
9.6  2.90 
10.6  3.20 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする