2000円以下のロッド(竿)は使えないのか?

1000円の釣り竿

1000円のロッド(竿)でも釣れる。

そんなことを言えば、数年前まではベテラン釣り師から非難されたかもしれません。

極端な話、1000円の竿と1000円のスピニングリールがセットになった、2000円以下の激安釣りセットでも魚は釣れます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

高いロッドと安いロッドの違いとは?

安いロッドの特徴

  • 見た目が安っぽい。
  • 個体差が大きい。
  • 通販での扱いも梱包や現品の検品も適当・・・のような気がする。
  • 強度が低い割に重い。(材質の問題もある)。
  • ガイドが悪い。安いロッドは、アタリが悪いとすぐにガイド(竿についた糸が通るところ)が割れ、欠けや取れてしまうなど、故障しやすい。

高級なロッド

  • 高いロッドはガイドも高品質で硬度も高いので、寿命が長く使えます。
  • 高いものは軽量で、疲れにくい。
  • 細部まできっちり作ってある。

予算には上限があるけど、楽しめる♪

でもお財布事情を考えると、初めて釣りをするファミリーがいきなり数万~10万円のロッドに手を出せるのかというと、なかなか難しいですよね。

それと、最近はベテランも安いタックル(竿、リール)を使います。

母の日は財布

高いロッドは良いのは当たり前ですが、上級者の方はわざわざ安いものを使ってチャレンジ、遊び感覚でそのような竿で釣りを楽しまれています。

ただしあくまでもネタとして。← ネタにしても釣れるので試したくなりませんか?

安い竿は、強度が弱く力任せに引き上げられないので、釣り上げるまでに時間がかかることもしばしば。それを楽しめる方向き。

腕があるから釣れる?

安いロッドでも軽々と釣っているベテランは、腕があるからだと感じています。

釣り方を見ていると、ライン(糸)に神経を集中させていて、ちょっとした変化も見逃しません。ロッドに負担をかけないよう、タモを使って引き上げてもいます。

これで決まり!

そのため、ナイロンを使わずにPEラインやフロロカーボンを使って釣り方を工夫されています。>> PEラインで飛距離アップ!

『安い竿でも釣れる』けれど、初心者が簡単に釣れるわけでもありません。やはり工夫は常に必要です。でも、だからこそ釣りって面白い♪

ベテランの真似をして釣ってみるのもありじゃないかと。やってみないと、コツも身につきませんから。

それに2000円以下の激安ロッドでも、釣れるというのが分かっているので、週末に出かけて釣って確かめてみるのも楽しい。

Turing Monkey(ツリモン) 鱒レンジャー改 SP40

Turing Monkey(ツリモン) 鱒レンジャー改 SP40

  • 全長:1.2m
  • 継数:1本
  •  標準自重:100g
  • 適合ライン:2~4LB
  • 適合ルアー:1~7g
  • コンパクトで、狭いところで投げやすい。

かなり柔らかいロッドで、適合ルアが1gからいけるのでサブに1本という選択肢も。何にしても価格が安いので手軽に試せます。

この竿で30cmの魚を、ぐいっと引き上げるのは避けてくださいね。

これでサビキで小物釣りすると、かなり楽しめますがクロダイやシーバスを釣っている人も。

参考鱒レンジャー改 SP40を楽天市場で詳細を見る。


1.5mと長めのタイプ

全長1.5mの 鱒レンジャー改 SP50もあります。 


せっかく激安のロッドなので、リールもそれに合わせるとバランスがとれそう。

激安リールプロマリン(PRO MARINE) リール TRS20 トレンドスピンIIを楽天市場で詳細を見る。

リールだけは、少し良い物をということなら、3000円以下で買える!初心者におすすめスピニングリール!があります。

まとめ

安いロッドでも、大事に使えば大物も釣り上げられます。

ベテランの方がネタに使っていますが、柔らかい竿なので小物でも引きが楽しめるので、ファミリーで釣りをすると、子供さんが喜びます。

サビキでもウキをつければ、遠くも狙えるので使い勝手は良いです。

こちらも読まれています。

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする