ルバーブでジャムの作り方|作って分かった味と香り

リバーブ

山梨県にある道の駅で見つけたルバーブ。聞くところによると、ジャムにして食べると美味しいらしい。

見た目は『ふき』の茎のようにも見えます。茎が赤いルバーブを使うと赤いジャム。緑の軸のものを使うと、りんごジャムのような色になります。

冷蔵庫で保管していたルバーブをさっそく洗って、ジャム作りにチャレンジしてみたいと思います。

ルバーブジャムが好きな方は、気分を害するかもしれないので読まないでください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ルバーブジャムの作り方レシピ

まずは材料などをまとめました。

レシピ 

  • ルバーブ
  • グラニュー糖

ルバーブと砂糖(グラニュー糖)の比率。5:2

ルバーブ グラニュー糖
100g 40g
300g 120g
500g 200g

  • 霧吹き(水を少々)
  • 0.5~3cmに切る。(細かくみじん切りにカットした方が食べやすい)。

リバーブ310g

今回、入手したリバーブは310g。

砂糖125g

グラニュー糖との比率は5:2。

310g×2÷5=124g

なぜか計りが124gにできず125gに。そろそろ寿命かな。まあ、それは置いといて、さっそく調理を始めます。

軽く洗ったリバーブをカットします。調理ばさみでもできますが、私は包丁でカットしました。

リバーブを切る

後で分かったのですが2~3cmでは大きいので、繊維が気になりました。0.5cm~1cmにカットした方が、食べやすいと感じました。お好みで調整してください。

カットができたら、お鍋に入れてグラニュー糖を入れます。

ruba-bu-nabe-astou

良くまぶします。ここでしばらく(2時間くらい)放置しておくと良いのですが、時間がなければすぐに加熱してもOKです。

ruba-bu-astou-maze

そのまま中火で加熱すると、水分がでない間に焦げ付く恐れがあります。鍋の周りについた砂糖を落とすつもりで霧吹きすると、早く砂糖も溶けて加熱しやすくなります。

困った女性

私はハーブ系の香りは苦手なので、ちょっと辛いかも。煮詰まっていない間に、生のルバーブをかじってみましたが不味い。

不安が・・・

ruba-bu-mizu-maze

霧吹きすると、熱が伝わりやすくなり、すぐに水分が出てきます。

加熱するほど、匂いが酸っぱい感じになります。山菜のイタドリに似た感じ。分かるかな!?煮ている間は、換気扇をしっかり回さないと、あの匂いは苦手です(汗)

煮詰まってきたら弱火に。

ruba-bu-niru

かなり煮詰まってきました。恐る恐るかじってみると、砂糖とルバーブで味は良い感じ。ただ、やっぱり匂いが気になる。

冷めると良いのかな。心配になってきました。

20分くらいで、ルバーブの繊維が柔らかくなります。とろみがでてきたら完成。

ruba-bu-niru-end

煮沸消毒したビンに入れます。アルコール消毒すると、更に良いかも。私はフタを消毒しました。

ruba-bu-jam

繊維が見えますね!
体に良さそうなジャムって・・・

ruba-bu-jam-kakudai

ルバームジャムを食べる

食後に作ったので一晩、冷蔵庫で寝かせました。← 冷えると匂いが薄くなるんじゃないかという想いと、夕食後でお腹いっぱいだから。

いよいよ実食です。

匂いは冷えると弱くなるのか、あまり気にならなくなりました。

軽く食パンを焼いて、試食サイズにしてみました。食パンにルバームジャムをぬってたべました。

ルバーブジャムと食パン

繊維が多いので、甘いジャムで食物繊維も取れる。ヨーロッパでは良く食べられるそうですが、次回は・・・いまのところリピートはなしかも。

まずくはないのですが、どうしても匂いが気になります。好きな人もいるんだろうな...

後日、食べ比べてみました。

tabekurabe-jyam(私が美味しいと感じた順序は、りんごジャム、バター、ルバームジャム)。

見た目は赤いリバーブを使うと、いちごジャムのような色になります。← 見た目が赤くなると美味しそうかも。

赤目の着色するのに、大人の飲み物、赤○インを使うと良いらしい。しかし見た目は置いといて、前回作ったリンゴジャムの方が私は好きです。

妊婦さんは子宮の収縮作用があるので、食べないようにとのことです。

料理・手作りシリーズはこちら

参考 料理コーナー

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする