サビキ釣りで釣果がないときの一工夫、あのアイテムを使うと便利!

サビキ釣りなのに、ぜんぜん釣れない

お隣さんがバンバン入れ食いなのに、こっちはアタリすらないとイライラしてきます。

サビキ釣りで、周りが釣れているのに自分だけが釣れないのはショック。

そんなとき、私はあることをしたら一気にアタリが増えて釣果につながりました。ほんのちょっとした工夫で釣れます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

サビキにエサをつける工夫

もしコマセにアミエビを使っているなら、まだ溶けていない部分を何かの容器に入れて、自然解凍させます。

海水でとかしてはダメ。自然解凍でゆっくりコマセをとかします。エビの形を保ったままになるので、サビキにアミエビをつけやすくなります。

アミエビを針1つずつにつけていくと、いままでアタリがなかったのがウソのように釣れます。

ゴカイ(イソメ)よりもエビの方が釣れます。魚はエビの方が好きなのでしょうね。魚の種類にもよると思いますが、アジやサヨリはエビの方が食いが良い。

赤いバケツ(スピードバケツ)でサビキにエサをつける

釣り具店にいくと、バケツコーナー辺りに販売されています。バケツに中にアミエビを入れてとかします。

スピードバケツ

下図のところに、とけたアミエビを山盛りに入れます。

アミエビを入れる

山盛りにしたアミエビのところに、サビキを通すと針にエサがつくので、1針ずつ付けるよりも時間が短縮できるので、スピードバケツって名付けたんでしょうね。

スピードバケツとサビキ

こちらの『南紀和歌山釣太郎 』さんの動画が分かりやすいので参考にしてください。

吸い込みバケツも組みあわせる

サビキのカゴにエサを入れるのに便利な吸い込みバケツも使うと便利。

バケツのくぼみに、サビキのカゴを入れるとエビが、ふわっと入るので海中でばらけやすいので便利。

吸い込みバケツ

こちらも『南紀和歌山釣太郎 』さんの動画で、ポイントをきっちり説明されていた、とても分かりやすい。

アミエビの他にも、こんな工夫をすると釣果アップにつながります。

魚のサイズに合わせたサビキ

サビキは魚の大きさに合わせて、針のサイズを変えるのが大切です。小さな豆あじは、針も最小のものを使うのがコツ。

私がいつもやる方法は、稚鮎(小あゆ)の極小サイズの針を使います。さすがにあのサイズだと、小さなイワシも釣れるので、坊主は防げます。

ただ1つ問題があって、少し型の良いサイズが釣れると、1回で仕掛けがグチャグチャのなること。そこで仕掛けを半分にして使うと、ダメージも1/2。ここでも一工夫です。

何かトラブルが発生したり、うまく釣れないときに、「どうすれば釣れるかな!?」と考えるのも、また楽しいものですね。

イチオシのサビキはこれ!

初めての防波堤などで釣りをしたとき、食いが悪いときは必ず使うのがこのサビキ。

イチオシ

がまかつのサビキ

ハゲ皮で3号、これは良く釣れます。ピンクスキンなどのサビキも人気ですが、それが釣れないとき、がまかつのサビキは釣れます。

少々、高いですが釣果ゼロだけは避けたいときには使ってください。

正直、これでも釣れないときは、その日の釣り自体をあきらめます。それくらい頼りになります。

針がかりが悪いときは、これでかなり釣れます>>トリックサビキ

釣りのコツや道具選びなどを、下記にまとめました。よかったら参考にしてください。

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする