魚嫌いの子供が好きになった!驚くべき調理法にちょっとびっくり!

サンマ 焼き魚

「子供が魚嫌いで困っています」という方がいますが、そんな悩み、どうってことないです。

「あ、そうなの。私も嫌いだったけど」。

ところが大人になって、あることを覚えてからは魚料理全般が好きになりました。魚嫌いでも食べれる料理です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

子供の魚嫌いの理由

そもそも子供が魚を嫌いになる理由の多くはこれ。

魚の骨が刺さりそうだから。

痛そう。だから1本ずつ取らないと食べられない。でもそれって時間がかかり、めんどくさい。

だったら食べない。

私の場合、骨さえキレイ(完璧)にとってくれたら、しぶしぶ食べます。

でもさすがに大人ってなって、それではまずいな~ということで考えていたら、あることにひらめきました。

骨を取っちゃへ!

レシピより調理法!魚を三枚に卸しちゃへ!

三枚に卸した魚

私は新鮮でコリコリしたお刺身は大好き!

でも焼き魚は、骨があるので苦手。どうやって骨をきれいに取って良いのか分からない。

ところが魚釣りをして、自分で魚を卸せるようになってから、

そうだ!魚を三枚に卸せば食べられる!」。

それからというもの、釣ったニジマスも私だけは三枚に卸して焼くスタイルに。魚の克服レシピより、ちょっと料理の方法を変えただけで食べられるようになりました。

「そんなの邪道だ!」と叱られそうですが、食べられないより百万倍良い!

調理の段階で骨を取り除き、万が一のことを考えて毛抜きも動員して、骨を1本残らず取り除くようになったら、子供もばくばく食べるようになりましたよ!

しかも三枚に卸したおかげで、カルシウムまで摂取できるようになりました!

嫌いだった魚の骨を焼いたり揚げて食べる

嬉しい誤算。いままで魚の骨があるから嫌いだったのに、それを食べたいというからびっくり。

実はこれ三枚に卸したあとに残った骨を使った『骨せんべい

骨せんべい

パリッパリッとした、まさしく骨のせんべいに仕上がりました。

実はこれ、自分で釣った魚を焼いて食べさせてくれるお店で、教えてもらった食べ方だったのです。

そこでは焼いて残った骨を、もう1度、炭火でカリッとなるまで焼いて食べるというものでした。それを私は三枚に卸して残った骨を焼くスタイルにしただけ。

油で素揚げで二度揚げすると、パリッ、サックサクで絶品。油が気になるなら、オーブンで220度くらいで、焦げる寸前で止めるのもよし。オススメは揚げ。

気づいたら、焼き魚じゃなく、天ぷらにしちゃいました。右が魚。左側のこんがりしたのは、ちくわ。

魚の天ぷら

それからというもの、三枚に卸した焼き魚や天ぷら、カルシウムたっぷりの骨せんべいは、家族が取り合いになるくらい人気のメニューになりました♪

これで魚嫌いの子供でも、簡単に克服できますよ。

ただ普通の焼き魚と違って、私の料理時間が増えましたが(汗)

魚をさばくと焼き魚も好きになる

自分で魚をさばけるようになってから、私本人も信じられないことに焼き魚が好きになりました。

もちろん三枚に卸していない魚です。

というのもさばくようになってから、どこに骨がどんな感じでついているのかが分かるようになったおかげで、食べ方も分かるようになりました。

それと三枚に卸して骨をチェックしているめんどくささと、焼き魚の骨を取る手間って実際には変わらないから、慣れてしまたっというのが本当のところ。

さすがに小さいお子さんに、魚のさばき方を教えるのは危ないかもしれないけれど、大人になったらやってみて欲しい。

あ、家庭科でやってるか。

日本中で、三枚に卸して焼き魚にすれば良いのに。

ピーマン嫌いの子供

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする