サントリー天然水 南アルプス白州工場に見学したら、あることにびっくり!

サントリー 白州

「なに、これ!?」

まさか、こんなことになってるなんて・・・

最初に製造ラインを見た、正直な感想がこれです。

山梨県の南アルプス、白州にあるサントリーの天然水を作っている工場に、興味津々で楽しみにしながら見学しました。

ここは過去にウイスキーの製造で訪れているのですが、今回は初めての天然水の見学。

工場内は写真撮影ができないので、園内の雰囲気を画像で伝えつつ、工場内は私の感想で補足します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

サントリー天然水の工場見学でビックリ!

無人。

まず工場内に入ってびっくりしたのは、人がまったくいない!

白州工場の入り口

白州工場の入り口

これまでも様々なところに工場見学しましたが、サントリーの天然水を作る工場ほど、全く人がいないのは初めて。

大抵は、誰か人がいて監視していたり、人の動きを感じていました。

ところがサントリーは、全く違いました!

人の気配が全くない!

当然、みんなも同じような疑問に感じたハズ。するとすかさず、見学者を誘導して各所で解説してくれる女性が、人がいない理由をゆっくりと解説してくれました。

要約すると、

人がいない理由は、天然水を製造する工程でゴミや昆虫、虫などの侵入を無くすため。

製造工程に人間が入ると、体についた塵などが飲み物に入る可能性があるから、人の出入りを制限しているとのこと。

機械のメンテナンスなどでしか、人が入ることはないとのことでした。すごい。

「他の工場でも同じじゃないの?」

そんなことはありません。

例えばキリンビールやアサヒビールのオリオンビール工場では、人はすぐに見つけられるくらいいました。「さすがサントリー!?」と言ったところ。

これからはサントリーブランドの天然水が、さらに透き通って美味しく感じると思う。

天然水は川からくんでいるんじゃない!

「天然水って、水なのになんで高いんだよ」って思いませんか?

なんとなく天然水って「川からくんでいるんじゃないの?」という方もいると思います。

だから「2リットルで150円とか、高くない?」と。

ところがサントリーの白州工場は、南アルプスの山々に降った雪や雨水が、岩石の中を通過して濾過され、ミネラル分が溶け込んだ水を地下からくみ上げているのでした。

地下水

「川からくんでなかった!」

それだけじゃないんです。いま私たちが飲んでいるサントリーの天然水は、数十年も前のものだって!

ちなみにこれらは、見学したらクイズ形式で出題されるので、正確な数値はぜひ参加して聞いてみてください♪

今日降った雨が、木々から地上に落ちると、それが厚い岩盤を通って自然にろ過され、地下水として溜まるまで数十年。それを工場でくみ上げて、天然水として販売。

「誰だよ、川から汲んでいるんだろうって思ってた人?」

私だよ。

地下の洞窟みたいなところを流れている小川のようなところから、水を汲んでいると思っていました。

予約しないと見学できません

予約しないと、お断りされます。

昔はどうだか知りませんが、現在、工場見学ブームなので、まず飛び入り参加はできません。必ず予約をしてから出かけてください。

他の工場見学でも同じなのですが、ツアーの団体さんの予約が一杯で個人での参加も予約しないと工場に入れません。

団体客

最近のいちご狩りでも予約なしで、当日の申込はお断りっていうところが多いですしね。

で、どれくらいの人気かというと、私が行ったサントリーの白州天然水工場は、だいたい10分か15分おきくらいに見学コースがある人気ぶり。

1回につき30名くらいだったかな。

ディズニーランドじゃないけどテーマパークにしても、人が多いと期待がふくらみますよね。

工場への移動はバス

集合場所から工場への移動はバス。

人が多いのと、過密な見学スケジュールなので、集まってバスで工場の入り口まで送迎してくれます。

小鳥やお花が、車体に描かれているのも素敵♪

バスで移動

もちろん運賃は無料です。

白州工場は、山々に囲まれた静かなところにあるので、バスから見える景色は緑が多く、この日はつづじがキレイに咲いていたので、とても癒されました。

「そりゃ、こんな綺麗なところで作られた天然水なら、おいしいに決まっている!」

そんな演出もあるのかな~と思いながら、移動すら楽しめました。

サントリーの天然水や関連商品を試飲できる

どちらかが天然水で、もう片方が味がついています。分かるでしょうか?

サントリーの試飲

家族でちょっとしたクイズでも出来ちゃいます♪

このような試飲が目的の人も多いのではないでしょうか?

それとちょっとした、○○が美味しかった。その○○は売店でも買えるの・・・お土産に。

新商品なども簡単に紹介しながら、工場見学では伝えられなかったこともプレゼンしてくれます。

試飲している様子

私たちはそれを聞きながら、天然水などを美味しく頂きました。ちょっとしたおつまみも嬉しいところ。

移動もあるので、小さい乳幼児のお子さんよりは、小学生に入ったくらいの年齢の方がより楽しめるでしょう。

工場限定商品

こちらでは工場限定の商品も販売されていて、それをお目当てに参加される方も。

サントリーと言えば?

そうです○○スキー。市場では販売中止になっているようなものが、お一人様1本限りとかで、入手できることも。

サントリーのタル

私が行ったときは、少ないながらも買えたようです。

それと、メッチャ高価な何十年ものが、有料で少量を飲むこともできます。これは嬉しい。なかなか何十万円もするあれは買えないけど、1杯かもしれないけれど有料での飲めるのは素敵です。

飲み比べてみてはいかがでしょうか?

未成年者や車を運転する方は、飲酒できません。また宗教上、禁止されている方、特定の病気で医師から止められている方も飲めません。ちなみに私も飲めません(汗)

編集後記

ぶちゃけ、サントリー天然水 南アルプス白州工場の工場見学は、景色を楽しみながら良い空気も吸いながら最高でしたね。

ただ、もう少し工場を見たいな~という感じで、少し物足りない。何と比べたのかというと、もう1つのウイ○○ー見学を見たから。

大人だけだったらそちらもオススメします。見応えありますよ。

いずれにしても高原なので、春は新緑、夏は涼しく、秋は紅葉が楽しめそう。それぞれの行楽シーズンに行ってみてはいかがでしょうか。

予約・詳細や行き方、場所などはサントリーの公式サイトまで。

周辺の観光も楽しんできました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする