第68回さっぽろ雪まつり2017日程【女性】必須アイテムと寒さ対策ほか

さっぽろ雪まつり

今年もさっぽろ雪まつりのシーズンがやってきました。

(2017年)例年、札幌は厳しい寒さですが、今年は暖冬と大雪が繰り返される年で、一時雪不足で祭りが開催されるか不安になりましたが、今度は降りすぎました。

せっかくの楽しいイベントですが、現地でのトラブルも発生していますので、チェックポイントをまとめました。

  • 会場の確認と日程
  • 開催される時間と場所
  • 周辺の観光地

などの情報も掲載しています。

女性が注意するポイントやぜひ持って行きたい必須アイテムと、寒さ対策などについても紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

昼に会場を訪れる方の注意点

札幌は寒いのですが、真冬の大きな盲点が太陽の光です。真夏ほどではありませんが、意外とお肌にダメージを与えるので、しっかりとした対策が必要になります。

紫外線

夜はかなり冷え込みますので、体調がすぐれない方がいらっしゃる場合は、夜ではなく昼の温かい時間帯に行かれると思います。

昼間は肌トラブルに注意

太陽

ここで大きなトラブルになります。北海道は日中の気温は低いですが、晴れた日は紫外線は予想以上に皮膚に降り注ぎます。

スキーをされる方も、ゴーグルの後が真っ白でパンダのような顔をされているのを見たことがあると思います。寒くても雪の影響は侮れません。

特に東京などの都市部とは違い、積雪が多いと地表面から雪に反射して日焼けするので、顔などの露出しているところは、日焼け止めを塗ることをオススメします。

乾燥肌

「雪があるから、湿度が高いでしょう?」
「え、なに言ってるの!乾燥しているに決まってるじゃない!」

湿度

2015年の2月の札幌は、最小湿度が28%。

予想以上に乾燥していますね。そこら中に雪があるから湿度が高いイメージで、油断していると顔がつっぱって「おかしいな~」となります。

必ず乾燥対策はしっかりしておかないと、家に帰宅したら2~3才、老けているかも。

雪に注意

北海道以外からお越しで、特に雪になれていない方は、路面の凍結に注意してください。大抵は除雪されていますが、天候によってはどんどん降り積もり、大変滑りやすくなります。

足元に不安がある方は、滑り止めの用意も必要です。

雪でも靴が滑らないアイテム

使い慣れた靴にセットして、路面で尻もちをつかないようにするための滑り止めアイテム。すべって手を骨折する事故もあるので、心配な方は用意しておくと安心出来ます。

完全防水の靴

寒い時は完全に凍結していていいのですが、温かい日は雪で靴がびちょびちょに濡れてしまうので、完全防水の靴を持って行くと対応できます。

もちろん晴れた日や雪道でも活用できるので、滑り止めと合わせて持っていくのがおすすめ。

冷え症のための防寒対策

札幌市の2月の2015の気温 最低気温-10℃ 平均気温マイナス1度前後

私は布団の中でも、足元が冷たく冷え症です。そのため屋外でも、できるだけ防寒対策をして、寒くて楽しめないようにしたいので、徹底して寒さ対策をしています。

札幌雪まつりでも応用できる寒さ対策は下記まで。

参考 外の防寒対策!手や足の冷え解消でぽかぽかに!【女性向け】

雪祭りの会場と日程・時間

yukimaturi2

札幌雪まつり2017は会場が3つに別れていて、日程が変更になったり異なるので注意が必要です。

会場名 開催期間
大通会場 2月6日(月)~2月12日(日)
すすきの会場 2月6日(月)~2月12日(日)
つどーむ会場 2月1日(水)~2月12日(日)

会場名 場所 時間
大通会場 大通公園 西1丁目~西12丁目  24時間いつでもOK。
ライトアップは22時まで 
すすきの会場 南4条通から南7条通までの西4丁目線(駅前通)市道 24時間いつでもOK。
ライトアップは23時まで
※最終日は22:00まで
 つどーむ会場   札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム 
札幌市東区栄町885番地1
9:00~17:00  

大通会場 雪祭り周辺の地図

yukimaturi4

アクセス

 最寄りの公共交通機関の利用が基本です。

さっぽろ雪まつり公式サイト 会場までの行き方

おおよその地図ですが、人の流れに沿えば迷うことはないでしょう。ただし交通規制が行われているのと、渋滞が予想されるので車(レンタカー)で近くまで行かれるのは避けた方が良いでしょう。

※会場には用意された駐車場はありません。

会場の2~3駅手前で近くの駐車場に停めて、地下鉄などに乗り換えるのが便利。

駐車場マップ

少し離れた所でも、人気のお祭りなので時間帯によっては大変混雑しているので、お車の場合は時間にゆとりをもって早めにお出かけください。

下記の地図の中心付近が雪祭り会場になりますが、近くに止めるのは厳しいでしょう。

札幌らしいグルメ&お土産

札幌に来たら、ぜひ立ち寄って欲しいところが『二条市場』『札幌市中央卸売市場 場外市場』。間違いなく失敗しないグルメスポット!

今にも動き出しそうな魚、新鮮な海産物が集まる場所。せっかくのグルメ市場なので、蟹のお土産はここが一番だと思います。

海鮮丼やお寿司なども味わえるので、グルメ旅には加えて欲しいところ。さっぽろテレビ塔が、すぐ近くに見える距離にあるのも人気の秘密。

これを書いているだけでお腹が空いてきました^^;

海鮮丼 たらば蟹

ナビ 札幌市中央区南3条東1丁目 ← スマホの地図にセットすれば、二条市場に行けます。

六花亭【福住店】マルセイバターサンド

札幌で買えるお土産はたくさんありますが、六花亭 マルセイバターサンドも選択肢に入れてみてください。

私が大好きで、物産展があるといつも買ってきますが、福住店は朝イチで立ち寄りました。写真を探したのですが、撮影してませんでした^^;

福住店

ナビ 北海道札幌市豊平区福住2条5丁目1

(さっぽろ雪まつりの会場から8km 徒歩は無理。車か電車での移動)

電話番号 011-853-6666
営業時間 9:00~19:00

五勝手屋羊羹

札幌のお土産ではないのですが、北海道に友達が行ったらマルセイバターサンドと一緒にこのようかんを買ってきてもらいます。

五勝手屋羊羹 youkan2

五勝手屋羊羹(ようかん)は、五勝手屋本舗さんが販売しているようかん。

youkan3 youkan4

このようかんの特徴は、筒状の箱にようかんが入っていて、少しずつ下から指で押し出しながら、糸でようかんを切って食べるところ。

youkan5

ようかんは好き嫌いがありますが、これをお土産にいただくと、いつも北海道を思いだします。糸で切る楽しみがあります。この遊び心?が分かる方は、お土産屋さんで探してみてください。

※注 取り扱いは少なくて、友達になかなか見つからないと愚痴られました^^;

1度は立ち寄りたい【サッポロビール博物館】

さっぽろビール博物館
(筆者撮影:10月中旬頃)

サッポロビール博物館でいろいろグルメを頂きました♪
下記の写真は、全て同じ日ですので、かなり食べたような・・・。

ジンギスカン 焼きジンギスカン

私は少し苦手だったのですが、雰囲気に酔ったのかジンギスカンを焼いて、美味しく頂きました。

スープ 海鮮丼

その後、ちょっとお口直しにアイスも・・・

アイス アイス

悲報 休館日 2016年2月12日(金)~2016年4月中旬

季節は秋頃で紅葉がきれいでした。

ナビ 北海道札幌市東区北7条東9-1-1
サッポロガーデンパーク内

白い恋人パーク

白い恋人パークに立ち寄りました。

白い恋人パーク 白い恋人パーク2
(筆者撮影:10月中旬頃)

ちょっと重厚感のある建物がお出迎え。かと思えば、美味しそうなりんごが鈴なり。

リンゴの木

カフェのような場所もあり、ゆっくり見て回るだけでも心が落ち着きました。肝心の白い恋人パークの中はネタバレになるので、写真は非公開です。・・・と言いますか、写真撮影してません・・・。

1時間くらい時間をとって、ゆっくり見て回りました。たしか中でスイーツを頂いた記憶があるのですが、その時の写真が見つかりませんでした。記憶違いかもしれませんが・・・。

ナビ 北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36

こちらも雪まつり会場から8km弱あるのでレンタカーか電車でないと無理です。

まとめ

帰宅してから肌にシミができていたり、がっかりしないように紫外線対策はしっかり準備してから出かけてください。乾燥対策もお忘れ無く。

rousoku

札幌の雪祭りは、今後、国内だけではなく海外の方も多く訪れる観光名所の1つになると思います。(すでにたくさん来られていますが・・・。)

小樽、函館とともに、札幌も楽しんで欲しい。ガイドブックの観光地も良いのですが、まだまだ隠れたところがあります。

クリオネも見たんですが、その場所がどこだったか記憶が・・・白い恋人のところだったか不明。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする