天ぷら最高!サツマイモの水耕栽培がヤバかったよ!

サツマイモの芽

焼き芋が大好きなので、できるだけ安く売っているときは、サツマイモは箱買い。

ところが、どうしても何本かは芽がでてしまう。

そこで水耕栽培をやってみることに。

「アホか、サツマイモなんて、水耕栽培で出来るわけないだろ!」

「まあまあ、やってみたら、新しい発見があるかもしれませんよ」という軽いノリで始めたら、大変なことになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

サツマイモの水耕栽培の結果

これを始めたのが秋。

根はわずか2日後には出始め、4日もするとかなり伸びました。

葉は暗い箱に入っていたときは赤かったのですが、2日で緑になりました。

やばかった!

その後、真冬でもグングン伸びて、ミニトマトと同じように天井近くまで成長してまいました。

この写真は天井まで届いたので、折り返したところです。

サツマイモの水耕栽培

本当はもっと枝わかれしていたのですが、暗くなったので1本だけにしました。もちろん、取り除いた葉っぱは美味しく頂きましたよ。

芋はできる?

水耕栽培なので根にさつまいもができることはなく、赤い根が広がっていくだけでした。

もしかしたら、肥料を控えたらサツマイモができたかもしれませんが、それよりも室内栽培はヤバイ。

一部屋、潰すつもりで栽培する勇気も場所もないので、あえなく断念。

でも、せっかくなので、料理して食べることに。

天ぷらは美味しかった

昔はさつまいもは、葉っぱも茎も食べたそうです。

サツマイモの葉っぱ

葉はおひたし、茎は乾燥して料理に使ったようですが・・・

だけど、サツマイモの葉っぱは、しその葉に似てる!

だったら天ぷらにしたら、食べられそう。どうやら毒なんかもないようだし。

ということで、さっそく天ぷらにして食べることにしました。

笑顔で指さし これ

味の方は・・・クセがなくシソのような香りもなく、たんぱくな味?

カリッとした食感を楽しむのが良いです。どこかの旅館で、山菜の天ぷらだと言って出したら、たぶん「美味しい」ということでしょう。

かき揚げに彩りとして混ぜるのもありかも。

我が家では、葉の先端を少し切るとシソの葉みたいに見えるので、天ぷらにしたら「やっぱりシソの天ぷらは美味しいよね」と。

人間って、いい加減ですね(笑)たぶん、私も同じことを言うかも。

参考 シソを水耕栽培で室内で秋でも無限に増やす方法!

あ、サツマイモの天ぷらの写真、撮影するの忘れた(汗)

サツマイモの苗ができる

あくまでもスペースがあればという前提です。

かなり茎が室内に伸びるので上手くやれば、5月頃に、苗として家庭菜園レベルなら使えそう。

私も以前、家庭菜園で50坪ほどのスペースを借りて、その一部でサツマイモを育てていたのですが、少しの苗で良いので利用できれば助かります。

何度もいうようですが、それなりに場所を取るので、室内で水耕栽培するときは、横に広げずに縦に育つようにしないと、窓が暗くなります。

トマトカーテン

窓がこんなことに。(ミニトマト栽培の例)

真夏なら良いのですが、冬は寒くなります。

ただサツマイモは、寒さに弱いのでペアガラスでないと、ひょっとしたら枯れるかも。まあ霜があたらなければ、案外に強い植物です。

畑でさつまいもを収穫した後、茎や葉を埋めたのですが、目が出て伸び始めました。霜が降りる12月までは、枯れずに成長を続けたので強い植物です。

ひょっとすると、露地栽培でもビニールのトンネルさえかければ、翌年まで越冬できるかもしれません。やる意味はないですが・・・

まとめ

サツマイモも葉っぱを食べるなら、十分に育てられる。

葉物の野菜は、水耕栽培で手軽にできます。

水耕栽培の野菜

シソ、チンゲンサイ、ほうれんそう、パセリ、チマサンチュ、ベビーリーフ、サラダ菜、しゅんぎく、イタリアンパセリ、葉ネギ、葉大根など、たくさんの野菜が自宅の窓際で育てられます。

ペットボトルや、ドリンクのビンで育てた事例を下記にまとめています。

参考 水耕栽培の事例とやり方

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする