整理整頓できない!汚い部屋が大変身した意外な方法にびっくり!

汚い部屋

幼なじみの友達は部屋が汚くて、急に遊びにいくと足の踏み場もありません。

部屋に入ると、まず物を壁の角に積まないと座る場所もありません。

そんな彼女が結婚しても、やっぱり汚い。さすがに旦那がいるんだから、綺麗になるハズだと思ったのですが、散らかり具合がハンパない。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

引越慣れで断捨離に成功

友達の旦那さんが結婚してすぐ、2~3年の周期で転勤するようになりました。

地方の企業なので、さすがに東京と福岡とか遠方への転勤はないのですが、隣接する県への移動。そのたびに引っ越しが始まりました。

「引っ越しは嫌だな」と友人も愚痴をこぼしていました。

そりゃ、一々、お皿を詰めたりってめんどくさいですよね。

断捨離で整理整頓が身についた

引っ越しを3回もすると、断捨離できるように。

先日、またこちらに転勤で戻ってきたので、そろそろ落ち着いた頃だと思って、久々に遊びにいってびっくり。

整理された部屋

「なにこの部屋、モデルルームじゃん!」

ムダな物が全くない感じ。食器棚のお皿の数も、以前と比べると激減。普段使うものだけを持っている感じ。

昔なら、親戚が来たり友達がたくさんきて、そこそこ皿も必要だったとしても、いまどき家族の分があれば十分ですからね。

どこかの大富豪ならパティーでもするのでしょうけど、一般家庭なら許されますから。

洋服も厳選できた

引っ越し経験がないと、クローゼット(押し入れ)の中には、使ったこともないようなお客様用の布団があったり、いつ着たか記憶もない服が入っているはず。

たまに見つけて、いろいろ思い出すと結局は捨てられずに、また何年間も保管することになります。

引越の荷物

でも2~3年ペースで引っ越しをするようになると、2度目、3度目のときに「もう使わないから捨てよう」「また運ぶのが面倒だし」といって、処分するようになります。

その結果、引っ越しの数だけ荷物が最適化されていく、必要なものだけを引っ越しで持っていくようになるので、新しい新居の片付けも楽々。

「引っ越しして2日くらいで、元通りになるよ」

「マジで!?それ、凄すぎ!」

そんな習慣がついちゃうと普段の生活でも、小さい洋服タンスに服が入らなくなったら捨てちゃう。

整理のコツは、どんどん捨てる!

最近使ってないなぁ~と思った物もどんどん捨てちゃう。だから遊びに行っても、いつもアッサリしてて綺麗なんですよね。

引越で断捨離を身につけた、幼なじみには頭が下がります。人間って、必要に迫られると変わるものですね。

ちなみに私は、こんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』で、部屋をスッキリ片付けられるように実践中。

時間がかかりそうですが、『ときめき』の判断基準は私にピッタリ合ってる。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする