寿命が伸びる!セリアのLEDミニランタンを改造して抵抗器を取り付けた!

セリアで可愛いLEDミニランタンを買ってきました。

seria-LEDLANTERN

最近は、超明るいLEDライトがお好みのようで、この商品も明るい。さっそく、いつものように分解。必ずチェックするのは、抵抗の数値。

100均のLEDライトって、抵抗器が適当に付けられているので、すぐにLEDが焼けて寿命が来ちゃうんですよね。

今回の改造は抵抗の交換をしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

パワーミニランタンに抵抗を並列につけた

分解すると、また5.1Ω 1%(緑・茶・黒・銀・茶)の抵抗は、少なく危険な5.1Ω(オーム)。

100均は5.1Ωが好きですね~。セリアのLEDミニパワーランタンも同じでした。ただし今回の商品に使われていたのは5%ではなく1%の高精度の抵抗でした。

この抵抗値だと電流が過大に流れ、真夏の暑い日は危険なくらい温度が上昇します。そこで電流を制限して、安全な電流を流すように改造します。

新品の乾電池1.6V×3本=4.8V

電流は230~350mA(おそらく275mA付近)の範囲のどこかにあると予想しています。このLEdライトは単四3本なので、この電流を流していたら、9時間~12時間(カタログ値)で電池がなくなります。

手持ちの電流計が300mAまでしか計れないので、ヒューズをまた切ってしまうと面倒なので直接計るのは辞めました。

前回、改造でセリアのLEDパワーミニランタンで抵抗を20.1Ωとしたのですが、もう少し暗くても寿命を伸ばしたいと考えていました。

そこで今回は手持ちの100Ωを3つ使って、並列にして33.3Ω(制限抵抗)にしました。

まあ、わざわざ並列にしてこんな計算しなくても、33Ωの抵抗を使えば良いだけなのですが、わざわざ注文するのもあれだったので。

取り付け場所は、今付いているところの抵抗を外してハンダ付け。

ついでに点灯テストもやりました。

まぶしいくらい光っています。抵抗はあんな感じでつないでいます。あれで並列。

電流を測定した

光っているのは、中心にあるパワーLEDです。

今回はこのLEDはそのまま使うこととしました。

電球をパワーLEDに交換した事例はこちら>>懐中電灯等の豆電球をledに交換

LEDを点灯させて、電流がどれくらい流れているのかテスターで測定。

電流

42~43mA。

予想では55~60mAくらいだと思ったのですが、パワーLEDのvfという数値が若干、高かったためか、どこかに抵抗が生じているのかも。これは今後の課題。

まあ、どちらにしても低めに抑えて寿命をのばしたかったので、これでOKとします。また注文した抵抗が届いたら変更するかもしれませんが。

42mAでも、私には十分に明るい。これなら58~60時間近くは点灯しているはず。42mA付近で、定電流に改造しちゃおうかな。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする